クラビットの研究所 | クラミジアから守る抗生物質

クラビット(一般名:レボフロキサシン)は、性病クラミジアの治療に効果的な抗生物質です。

クラミジアに効果的なクラビット

クラビット

性病クラミジアに対してクラビットは最も効果的な薬です。病院では必ずと言っていいほど処方される薬で、通販を利用すれば誰にもバレず、時間も取られずに購入でき、クラミジアを簡単に治療することができます。

抗生物質のクラビット

抗生物質のクラビット クラビットとは、感染症などに効果的な抗生物質です。
ニューキノロン系の合成抗菌剤で、感染症の治療に幅広く使用されております。
有効成分はレボフロキサシン水和物で、細菌が増えるために必要なタンパク質の核となる核酸を生成させるのを防いで、細菌を死滅させます。
眼科などでも、感染系の治療の際、目薬として処方しており、誰でも一度はお世話になったことがあると思われます。
特に、性感染症のクラミジアには効果的で必ずと言っていいほど処方されます。

この性感染症ですが、日本で一番多い性感染症だという事をご存知でしょうか?
特に若い世代に多く、10代後半から急激に感染者が増えています。
その原因としてあげられるのが、症状が出にくいという事です。
特に女性は全くと言っていいほど、症状がでないことが多いです。
出たとしても、おりものの量が多少増えた程度で、ほとんどの方が気付きません。
気付かないのでそのまま放置し、そしてまた違うパートナーに感染させてしまうという事がしています。

また、クラミジアの治療を自己判断で勝手に中断してしまうと本当は完治しておらず、後から再発してしまうという事態になりかねません。そのような状態で性行為を行ってしまうと知らぬ間にパートナーに感染させてしまいます。クラミジアが再発すると細菌はクラビットに対しての耐性をつけてしまい治せないという状態になることもあります。そのような状態にならないよう完治まではしっかりと服用し続け、最後に検査は受けるようにしましょう。

病院での処方を望む場合、時間が作れない方、病院へ行くのが恥ずかしい方もいらっしゃいます。また費用がかさむ、様子を見なければいけないので処方される薬の量が少し少ないということがあります。
クラビットは処方箋薬なのでもちろんドラッグストアなどには販売されていません。そうなった時に便利なのがインターネットなどで海外からジェネリック薬品を購入する方法です。

海外から購入する際、代行サイトなどを使用するとスムーズに購入できます。
もちろんクラビットのジェネリック薬品もあり、レボフロキサシン水和物が含まれているので効能も同じ、値段も安く購入できますので、手軽に手に入ります。
通販サイトでクラビットを購入する場合、もしもの事を考えて少し多めに買っておくようにしましょう。足りなかったとなると注文してから届くまでに時間がかかるのでその間にクラミジアは進行していく可能性があります。そのため、少し多めに買っておけば何かあっても大丈夫なので安心できます。常に持ち歩いているという方もいるほどなので多めに買っておいて損はないかと思います。

クラビットの効果

クラビットの効果 先程も記述した通り、クラビットは性感染症のクラミジアに特に効果的です。クラミジア以外に効果的なものを上げるのであれば、肺炎や胆管炎、また咽頭炎や扁桃炎等の喉の症状にも効果的です。細菌の増殖抑制には最も効果がある薬と言われており、抗菌薬としては欠かせない薬となっております。クラビットはレボフロキサシンという成分が含まれており、飲み薬としてよく処方されていますが、現在では注射タイプの製造許可が下りるなど、信頼のある成分として、認知されています。

クラビットの副作用

クラビットの副作用 この様にあらやる感染症に有効な薬として認知されているクラビットですが、少なからず副作用というのも存在してしまいます。ですが、基本的には少ないと言われているのであまり心配するほどではないでしょう。
症状としては、下痢、吐き気、または発疹などが現れてしまう事があります。これらの症状が少しの時間で治まるのであれば心配はいりませんが、もし、長く続いてしまう場合は医師への相談が必要になってしまいます。

クラビットの飲み方

クラビットの飲み方 飲み方としましては、1日1回500mgを水、またはぬるま湯で服用するようにしましょう。この際、250mgの場合は2錠飲むようにしましょう。
また、重度の症状だと思われる方の場合は、500mgより多めの700mgを1日1回、それを3日服用するようにしましょう。
ちなみにクラミジアの服用日数は平均にして、約1週間程度と言われています。症状によっては紹介した容量や日数と変わってきてしまうのでかかりつけの医師にご相談の上、服用するようにしましょう。

現在の日本では多くの医師がクラビットを処方しています。その一方で、どんな場面でもクラビットを使用し続けて有効性が低くなるという事もあります。これはクラビットに限らない話になりますが、有効な抗菌薬を使えば使うだけ、効果はどんどん落ちていきます。そのため、使用する際には、クラビットが本当に必要な場面か考え、そして、容量用法を必ず守って服用するようにしましょう。

クラビットのジェネリック

クラビットのジェネリック クラビットの有効成分にはレボフロキサシン水和物というものが使われているニューキノロン系の合成抗菌剤です。その同じ有効成分を使っているクラビットのジェネリック医薬品の中で最も代表的なのが、エルクインいう薬品です。
ジェネリック医薬品となるため新薬クラビットと比べるとかなりの低価格で販売されており、効果もクラビットと同じ有効成分のため大いに期待できます。

クラビットジェネリックの効果

作用副作用 クラビット同様、レボフロキサシン水和物という有効成分を使っているので、ありとあらゆる感染症に効果的です。特にクラミジアの治療には絶大な効果を発揮します。クラミジア以外にも同じ性病の淋病や、インフルエンザ感染の予防など、様々な範囲で効果的とされています。

クラビットジェネリックの副作用

主な副作用として発疹、嘔吐、下痢、不眠など現れることがあります。ですがクラビットは比較的副作用が少ない薬品と言われているため、どれも軽い症状で収まるので心配することはないでしょう。
もし、これらの症状が長く続くようならば医師への相談が必要です。

クラビットジェネリックの服用方法

服用方法 症状によって異なってきてしまいますがクラミジアの場合は合計500mgを1日1回(250mgなら2錠)取るようにし、水もしくはぬるま湯で服用するようにしましょう。服用日数は1週間程度と言われています。

クラビットジェネリックを服用できない方

副作用が少ないといっても以下の方は服用しないようにしましょう。


・妊娠中の方
・小さな子供
・心臓に重い疾患を抱えている方
・60歳以上の方

また、クラビットとロキソニンは飲み合わせが悪いと言われているので併用しないようにしましょう。

クラビットの購入方法

クラビットは通販を利用して購入するのが一番おすすめです。通販のメリットとして
・時間が取られない
・場所を選ばない
・誰にもバレない
・薬代だけなので無駄な出費がない

といったように多くのメリットがあります。
個人輸入サイトを利用する際ですが、決められた量(処方箋薬は1か月分)でしか購入することができないのでそこは注意しましょう。

通販なら誰にもバレない

クラビットを通販で購入する際のメリットとしては上記でも挙げた4つが一番の利点かと思います。特にクラミジアに感染してしまっているという状況で誰にもバレずに治療をしたいという方は多いと思います。実際にクラミジアに感染しましたと人に言うのは恥ずかしくて言えないと思います。病院で診てもらうとなった場合はもしかしたら知り合いにばったり会ってしまう可能性だってあります。ですが、通販を利用すればクラミジアを治療するためにクラビットを購入したと分かるのは自分だけです。配達員ですら箱に商品名が記載されていませんので何が入っているのかわかりません。そのため、通販でクラビットを購入して完治させてしまえば誰にもクラミジアに感染していたなんて知られることはありません。

悪徳通販サイトに注意

悪徳通販サイトに注意 クラビットを含めたクラミジアの治療薬というのは日本のどこを探してもドラッグストアや薬局では購入できません。そのため病院での処方、もしくは個人輸入代行サイトを利用して購入するしかありません。そこで出てくるのがクラビットの偽物を掴まされる可能性があるということです。バイアグラやダイエット薬などはよくニュースにもなるくらい偽物が出回っています。このような現状をみてみると、クラミジア治療薬の抗生物質も絶対に偽物はないとは言い切れません。個人輸入代行サイト自体は違法ではありませんが、明らかに怪しいと分かるサイトでの購入は控えるようにしましょう。
危ないサイトの例を出すならば、日本語が不自由なサイト、電話やメールでの問い合わせる方法がないサイト、クレジットカード払いができないサイト等が危険性の高いサイトです。ちなみに他のサイトと比べて欲しい商品の値段が安すぎるというのも注意が必要です。
それではどんなサイトなら安心して買える?という疑問が湧いてくると思います。悪徳サイトの場合、今では口コミなどで広がり、何年も持たずにすぐサイトが閉鎖してしまいます。そのため、信用性の高いサイトというのは何年も経っています。そのようなサイトは先ほど記述した例とは逆で、日本語を対応しており、電話やメールでの問い合わせも対応しています。かなり安いとは言えないかもしれないですが、比較的安価で新薬やジェネリックを購入することができます。もちろんクレジットカード払いにも対応しています。購入する際にはしっかり信用のあるサイトから購入するようにしましょう。

クラビットの禁忌・注意事項

クラビットの禁忌・注意事項 抗生物質の中でもとても強力な効果を発揮するクラビットですが、重要な禁忌事項もありますので注意しなければいけません。そのため、日本では、医師の処方がないと入手することが困難になっているのです。簡単に禁忌事項や注意事項を紹介していきます。

服用不可能とされている方

服用不可能とされている方 妊娠している可能性のある方や妊婦、また小児などは危険なため服用不可能とされています。ただ、炭疽等の重篤な疾患に限っては、治療上の有益性を考慮すると判断された場合は使用しても構わないとされています。

また、前歴にオフロキサシンに対するアレルギーがある方も服用不可能とされています。

慎重に服用しなければならない方

高度の腎機能障害の方
てんかんなど、けいれん性疾患、その前歴がある方
重い疾患(不整脈や虚血性心疾患等)をお持ちの方
キノロン系の抗菌薬に対するアレルギーの前歴がある方
重症筋無力症をお持ちの方
高齢者の方

上記に当てはまる方は服用する際はかかりつけの医師に相談の上、服用するようにしましょう。

併用に注意

併用に注意 ステロイド薬を併用している方、臓器移植を受けた方などが服用する場合はアキレス腱障害の副作用が出ると指摘もありますので注意しましょう。また、ロキソニン(一般名:ロキソプロフェン)など、陣痛剤との併用の場合ですと、けいれんを起こしやすくなるとも言われています。中でもてんかん等の持病を持っている方や高齢者の方が特に多いと言われています。

その他に、マグネシウムやアルミニウムなどが含まれている胃腸薬とクラビットを併用してしまうと効果が落ちることがあるようです。効果を落とさないように服用してから2時間以上の間隔は少なくともあけるようにしましょう。

この様にクラビットは様々な感染症に効果的で期待できますが、服用不可能な方や注意しなければいけない方等が少なからず存在しています。もし自分が上記であげた中に当てはまるようでしたら、医師に相談の上、クラビットを服用するようにしましょう。

クラビットとジスロマックの比較

クラビットとジスロマックはどちらもクラミジア治療に効果的で、それぞれ特徴があります。 国内で一番多い性感染症、クラミジアに対して効果的な抗生物質クラビット(一般名:レボフロキサシン)は性感染症の治療薬という中では最も代表的で、病院では必ずと言っていいほど処方されます。

もう1つ代表的なものがジスロマック(一般名:アジスロマイシン)です。

こちらはマクロライド系の抗生物質となっており、クラビット同様、感染症の治療薬として処方されることが多く、クラミジア治療に関しては特効薬とも言われています。

どちらもクラミジア等の性感染症はもちろん、中耳炎や扁桃炎等の幅広い症状の治療薬として多く使用されています。

どちらも副作用は少なく効果も期待できるので安心して服用できます。

結局どっちがいいの?と思う方も少なくはないと思います。

それぞれ使用されている有効成分によって使用方法などが違ってくるのでそれぞれの特徴を紹介していきます。

クラビットとジスロマックの服用方法

マクロライド系と言われている新しいタイプの抗生物質になります。

クラビットは1日2錠(500mgなら1錠)を約1週間ほど服用しなければいけません。

それに比べ、ジスロマックは1日1錠、これを3日間(合計1500mgになるように)服用することで効果が1~2週間も持続します。

そのため、薬が苦手な方や、飲み忘れてしまう方などには人気とされています。

服用方法・服用不可能な方

服用不可能な方

クラビットは抗生物質の中でも抗菌作用が強力なため、小児や妊婦の方は危険とされ使用できません。

ジスロマックは比較的副作用が少なく、安全性もしっかり保障されているため小児から大人まで幅広い層が服用できます。

クラビットとジスロマックの価格

価格 クラビットは1錠あたり約400~500円

ジスロマックは1錠あたり約600~800円とされ、クラビットの方が1錠あたり約200~300円ほど安く設定されています。

そのため比較的安価なクラビットの処方を望む方はまだまだいます。

それぞれジェネリック医薬品も存在し、新薬と同様の効果を半分以下の価格で購入することが可能です。

価格を抑えて治療をしたい方はお勧めです。

どちらもクラミジアや淋病等の性感染症には効果的です。それぞれの用量用法を守って服用するようにしましょう。

無自覚な性感染症

クラミジア 性感染症の種類は色々あり、毛ジラミ、カンジタ、ヘルペス、淋病、コンジローマなど他にもたくさんの種類があります。

日本国内で最も感染率が高いのがクラミジアとなっています。

クラミジアとは、従来まで治療にかなりの時間を要し、薬の服用もたくさんしなければならなかった患者さんに対する負担が大きい性感染症でした。
感染力も非常に高く、たった1回の性行為でも感染してしまうほど感染力の強い病気です。
そのため、性に関する知識の薄い若者に感染者が多いです。
特に女性に多く、問題にもなっているセックスの低年齢化や一定の人ではなく不特定の人と性行為を行ってしまう多様化が原因と考えられています。
原因菌はトラコマティスと呼ばれる細菌であり、人間の目で確認することができないほど小さく、0.2~0.3ミクロンほどの大きさで、人の性器やノドに感染します。
粘液の接触により感染し、膣から分泌される液や男性の精液などで感染するので、セックスやオーラルセックスでの感染がほとんどです。
また男女とも無自覚のことが多く、感染を予防することがとても難しい病気でもあります。
感染経路は性行為がほとんどなので、風俗店で仕事をしている女性やそこに通う男性は特に感染率が高くなります。
予防には風俗店の利用を控えたり、セックスの時には必ずコンドームをつけ、特定の人以外とは性行為をすることを控えましょう。

症状は尿道に不快感や痛みまたはかゆみが出たり、おりものの増加や不正出血が挙げられます。
自覚症状が出ないことも多いので、できる限り定期健診などを受けるようにしましょう。
クラミジアの放置は男性不妊や不妊症の原因になることもあるので、きちんと治療を行っていきましょう。