クラビットの研究所 | クラミジアから守る抗生物質

クラビット(一般名:レボフロキサシン)は、性病クラミジアの治療に効果的な薬です。ジェネリックなら同じ効果で安いです。

抗生物質のクラビット

抗生物質のクラビット

クラビットというのはクラミジアには対して最も効果的な薬です。クラミジアという事で病院へ行けば必ずと言っていいほど処方される薬です。今や10代後半の女性から急激に感染者が増えているクラミジア。自覚症状がなく、放置している方が大半です。クラミジアは放置していると重大な病気へ進行してしまうためかなり危険です。また、クラミジアは完治しなければ再発してしまう可能性があります。再発した際に、耐性菌が出来てしまうとクラビットの効果が効かなくなる場合があります。そうならぬようにしっかりと細菌を死滅させなければなりません。

クラビットのジェネリックならば1錠100円もしません。そのため、細菌を死滅させるための薬が足りなかった場合の事も予測して通販で購入する場合は予備として少し多めに購入しておくことをおすすめします。通販ならば誰にもバレない、時間も取られない、出費も薬代だけなのでおすすめです。また、通販では検査キットも購入することができるので検査から治療まで全て自宅で行うことが可能です。

※リンク先はクラビットジェネリックです。

クラビットの効果

クラビットの効果

先程も記述した通り、クラビットは性感染症のクラミジアにはとても効果的です。クラミジア以外に効果的な病気を挙げるとしたら、肺炎や胆管炎、また咽頭炎や扁桃炎等の喉の病気にもとても効果を発揮します。基本的には細菌に対して効果を発揮する薬で、ウィルス性のものには効果はありません。クラビットは細菌の増殖抑制には最も効果がある薬とも言われており、抗菌薬としては欠かせない薬となっています。

クラビットの主成分にはレボフロキサシンという成分が含まれています。これは錠剤の飲み薬としてよく処方されますが、現在では注射タイプなどの製造許可が下りるなど、信頼の高い成分として世間に認知されています。眼科などでも使用されており、感染系の治療の際は目薬として処方される事も多々あります。ものもらいの場合は必ずといっていいほどクラビットの目薬タイプが処方されていますので誰でも一度はお世話になったことがあるのではないでしょうか。

クラビットはニューキノロン系の薬と分類されており、数ある抗生物質の中でもかなり効果が強力な薬です。ニューキノロン系の薬の中では一番効果が強力なのではとも言われています。実際のクラビットの効果としては細菌のDNA合成を阻害し、細菌自体を死滅させる効果があります。ジスロマックやクラリスロマイシンは細菌の増殖を止めるもとのでしたが、クラビットの場合は細菌自体を死滅させるほど強力な効果です。

クラミジアへの効果

クラビットは性感染症の中でも一番感染者が多いクラミジアの治療薬としてかなりの頻度で処方されます。クラミジアの原因であるクラミジア トラコマティスは、直径が0.3ミクロンで非常に小さな細菌になります。感染源は主に性行為などで直接接触する事で感染していき、感染すると性器や咽頭に症状が現れます。クラビットの添付文章によると、クラミジア トラコマティスが対応菌種であり、薬理作用としても抗菌作用がある事が記載されている事からクラビットはクラミジアに対して効果がある事が分かります。クラビットはクラミジアに感染した時に病院でも処方されるほど、効果がある薬になります。

性器のクラミジア感染症は抗菌薬(抗生物質や抗生剤)で治療します。抗菌薬による治癒率は、97%~98%と、とても高いので確実に治療ができます。クラミジアの原因である、「クラミジア トルコマティス」を雑菌する事で治療されています。クラビットを服用しても効果がないという話しもありますが、正しく服用すれば、クラビットの効果は十分に期待できます。

性病以外への効果

クラビットはクラミジアや淋病梅毒といった性感染症にはとても効果的ですが、性病以外の感染症へも効果的で良く処方されています。

・咽頭炎や扁桃炎などの喉の病気
・中耳炎や副鼻腔炎などの鼻、耳の病気
・歯周組織炎や歯冠周囲炎などの歯の病気
・胆嚢炎や胆管炎などの胆のうと言われる部分の病気
・感染性腸炎や腸チフスといった腸の病気

少し挙げるだけでもこれほど幅広く使用されており、飲み薬での治療というのが難しかった難治性の感染症にもとても効果的です。感染する菌や経路はそれぞれ違いますが、全てクラビット1つで完治させることができます。先程ニューキノロン系の薬と記述しましたが、その中でも効果がもっとも強いと言われています。以前までタダビッドというニューキノロン系の薬が感染症に対してよく使用されていましたが、クラビットの登場により処方も移り、国内で一番使用されている感染症への薬の1つとなりました。

クラビットは膀胱炎に効果的

まず膀胱炎というのは大腸菌などの細菌が大腸や膣から侵入してしまい、尿道を通り膀胱に感染を起こしてしまう感染症です。膀胱炎となると排尿の回数が増え、1日に10回以上もトイレに行きたくなるほどです。排尿時や排尿後に尿が白く濁ってしまう、ひどい痛み、血尿が出たりという症状も起こります。

クラビットは細菌による感染症にとても効果的という話を上記でしました。そのため、膀胱炎という病気にクラビットはとても効果的で、膀胱炎という事で病院へ行くとクラビットを処方される確率も高いでしょう。膀胱炎はクラビットなら1週間もかからずに完治させることができます。また、最近は1回の服用だけで完治させるという事もあります。それほど膀胱炎にクラビットというのは効果的なのです。

平均は2日~5日程度の服用で完治することができますが、服用する方の体質や症状によっても変わってきますので注意が必要です。膀胱炎は完治したとしても繰り返し起こってしまう病気です。長い人は15年間繰り返し起こってしまっているという方もいます。それほど近い存在の病気なのです。膀胱炎にならぬようにするのに一番必要なものは生活習慣の改善です。ですが、生活習慣を改善できたからといって必ず膀胱炎にならないとは言い切れません。そんな中でもクラビットは膀胱炎を必ず完治させることが可能です。繰り返す膀胱炎に悩んでいる方はクラビットを常備することをおすすめします。

クラビットの副作用

クラビットの副作用

「クラビットの効果」で説明してきたようにクラビットはあらゆる感染症に効果的な薬として認知されていますが、薬なので少なからず副作用というのも存在しています。ですが、基本的には発症することが少ないと言われているのでそこまで心配する必要もありません。主に報告されている症状としては
不眠
めまい
下痢
吐き気
発疹

などです。

ですが、クラビットを服用した方が皆発症するというわけではありません。もちろん中には副作用が出やすい人、全く出ない人などが存在します。基本的に体質によって左右されます。副作用に限らず、薬の効果自体が効きやすかったり効きにくかったりもあります。また、クラビットを服用することで副作用が発症してしまう確率というのもかなり低いです。

平均0.1%~0.5%程度の頻度でしか現れないと言われているのでそこまで心配する必要はありません。現れたとしても少しの時間で治まるものばかりです。もし上記のような副作用があらわれ、少しの時間でも治まらないようであれば医師への相談が必要となってきます。

クラビットの重篤な副作用

クラビットには体質的に全く合わない、正しい飲み方をしていない、併用禁忌薬と併用してしまったとなると重篤な副作用を招いてしまう危険性がありますので注意しておきましょう。また、必ず自分は服用しても大丈夫か確認をとってからクラビットを服用するようにしてください。クラビットを服用したことで起きてしまう重篤な副作用を紹介します。

ショック ショックが発症することによってじんましんが出たり、顔が赤くなる、かゆみ、動悸、しびれ、息切れなどといった症状があらわれます。
アナフィラキシー様症状 かゆみ、くしゃみがでる、吐き気、嘔吐、呼吸困難、血圧低下、発熱などといった症状があらわれます。
けいれん 吐き気、めまい、ぼんやりする、よろめく、興奮状態になるなどといった症状があらわれます。
中毒性表皮壊死症 皮膚が焼けるような痛みに襲われる、皮膚が赤くなる、発熱、水ぶくれ、口内の荒れなどといった症状があらわれます。
肝機能障害 倦怠感、食欲低下、吐き気、常に眠い状態、呼吸困難、黄疸などといった症状があらわれます。
間質性肺炎 発熱、呼吸困難、息切れ、動悸などといった症状があらわれます。
間質性腎炎 発熱、吐き気、下痢、尿が濁る、関節の痛みなどといった症状があらわれます。
急性腎不全 下痢、吐き気、脱力感、むくみ、腹痛、関節の痛みなどといった症状があらわれます。
黄疸 吐き気、嘔吐、足浴不信、発熱、発疹、倦怠感、皮膚や白目が黄色くなるなどといった症状があらわれます。
溶血性貧血 発熱、貧血、皮膚や白目が黄色くなるといった症状があらわれます。
汎血球減少症 全身のだるさ、息切れ、めまい、頭痛、動悸、鼻血、歯茎の出血などの症状があらわれます。
低血糖 動悸、脱力感、冷や汗、急激な空腹感などといった症状があらわれます。
アキレス腱炎 腫れ、かゆみ、赤くなる、腱周辺の痛みなどといった症状があらわれます。
抑うつ 頭痛、倦怠感、腰痛、下痢、便秘、発汗、息苦しさ、肩こり、食欲不振などといった症状があらわれます。

重篤な副作用というのは上記で挙げる以外にも様々あります。また、報告されていない副作用を招いてしまう危険性もあります。クラビットを服用できない方や正しい服用方法を行わなかった方などは上記のような症状が出てしまう危険性がありますので、注意しましょう。

クラビットの飲み方

クラビットの飲み方

飲み方としましては、1日1回500mgを水、またはぬるま湯で服用するようにしましょう。この際、250mgの場合は2錠飲むようにしましょう。また、重度の症状だと思われる方の場合は、500mgより多めの700mgを1日1回、それを3日服用するようにしましょう。ちなみにクラミジアの服用日数は平均にして、約1週間程度と言われています。症状によっては紹介した容量や日数と変わってきてしまうのでかかりつけの医師にご相談の上、服用するようにしましょう。

現在の日本では多くの医師がクラビットを処方しています。その一方で、どんな場面でもクラビットを使用し続けて有効性が低くなるという事もあります。これはクラビットに限らない話になりますが、有効な抗菌薬を使えば使うだけ、効果はどんどん落ちていきます。そのため、使用する際には、クラビットが本当に必要な場面か考え、そして、容量用法を必ず守って服用するようにしましょう。

クラビットの禁忌・注意事項

クラビットの禁忌・注意事項

抗生物質の中でも効果がとても強力であるクラビットですが、重要な禁忌事項もありますので注意して服用しなければなりません。そのためクラビットは日本では医師の処方がなければ入手することが困難となっている薬です。通販でなら処方せんもいらず購入することは可能です。簡単に禁忌事項や注意事項を紹介していきますので頭に入れておくようにしましょう。

服用不可能とされている方

服用不可能とされている方

妊娠している可能性のある方妊婦小児などはクラビットは危険なため服用禁止とされています。クラビットの添付文書には原則そう書かれていますが、炭疽等の重篤な疾患に限っては、治療上の有益性を考慮すると判断された場合は使用しても構わないとされています。クラビットは効果がかなり強力な分副作用も強く出てしまう危険性があるためです。また、前歴にオフロキサシンに対するアレルギーがある方も服用不可能とされています。

慎重に服用しなければならない方

高度の腎機能障害の方
てんかんなど、けいれん性疾患、その前歴がある方
重い疾患(不整脈や虚血性心疾患等)をお持ちの方
キノロン系の抗菌薬に対するアレルギーの前歴がある方
重症筋無力症をお持ちの方
高齢者の方

上記に当てはまる方は服用する際はかかりつけの医師に相談の上、服用するようにしましょう。

併用に注意

併用に注意

クラビットを服用する際は必ず常用薬との併用が大丈夫か確認してから服用するようにしましょう。もし常用薬が併用禁忌薬だった場合は思わぬ副作用を招いてしまい、クラミジアの治療どころではなくなってしまう場合がありますので注意してください。

ステロイド薬を併用薬としている方は注意してください。アキレス腱障害の副作用が出ると指摘があります。

マグネシウムやアルミニウムなどが含まれている胃腸薬とクラビットを併用してしまうと効果が落ちることがあるようです。効果を落とさないように服用してから2時間以上の間隔は少なくともあけるようにしましょう。

ロキソニン(一般名:ロキソプロフェン)など、陣痛剤との併用の場合ですと、けいれんを起こしやすくなるとも言われています。中でもてんかん等の持病を持っている方や高齢者の方が特に多いと言われています。

この様にクラビットは様々な感染症に効果的で期待できますが、服用不可能な方や注意しなければいけない方等が少なからず存在しています。もし自分が上記であげた中に当てはまるようでしたら、医師に相談の上、クラビットを服用するようにしましょう。

クラビットとロキソニンを併用

クラビットとロキソニンを併用してしまうと最悪の場合けいれんを起こしてしまう可能性があるというのは上記で記述しました。実際にクラビットの添付文書にも「フルルビプロフェン(ロキソニンの成分)と併用した場合けいれんを起こす恐れがある」と記載されています。ですが、クラビットとロキソニンの併用というのは禁止というわけではなく、あくまでも注意というものです。

クラビットとロキソニンを併用せず、クラビット単体で服用していたとしてもけいれんを起こしてしまう可能性というのはあります。確率的にはとても低く、クラビット自体副作用が起きる確率は0.1%~0.5%、その中でけいれんを起こしてしまう確率は0.01%未満というものです。さらにロキソニンを併用しても副作用が出る確率は変わらなかったと結果が出ています。そのためクラビットとロキソニンを併用したからといってけいれんが起きる確率がかなり上昇するというわけではないことが分かります。

上記で挙げているロキソニンというのは医師から処方された薬です。医師から処方されたロキソニンの場合はクラビットと併用することは可能ですが、市販のロキソニンやイブプロフェンと併用した場合は副作用がより強く出てしまう危険性もあります。そのためクラビットを服用期間中に自己判断で市販のロキソニンなどを使用するのは控えるようにしましょう。もし頭痛などが起こり、痛み止めを飲みたいという場合は医師に相談するようにしましょう。

クラビットを通販で購入

クラビットは通販で購入する場合、病院よりも多くのメリットが存在します。場所や時間が問われない、誰にもバレない、薬代だけとなるので無駄な出費がないという点です。通常、性病に感染しているかもと思う方は病院へ行くかもしれないですが、何らかの理由で足を運べないという方も多いでしょう。そんな方には通販でクラビットを購入するのをおすすめします。現在では通販というのも一般的になっており、多くの方が利用しているため安心です。通販ならば、病院で購入することのできないジェネリックも販売されていたりするので、もっと出費を抑えたいと言う方にはとてもおすすめできます。また、プライバシーの面もしっかりしているので、配達員にすら梱包の中身が知られる事はありません。

クラビットのジェネリック

クラビットのジェネリック

クラビットにはジェネリック医薬品という薬があります。どんな薬なのか説明すると成分、効果、副作用、服用方法など全てクラビットと一緒で値段がかなり安いという薬です。そのクラビットのジェネリックの中でも最も代表的なのがエルクインという薬です。ジェネリックなのでクラビットと同じレボフロキサシンが主成分として含まれており、効果、副作用、服用方法全て同じです。気になる値段というと、クラビットの約1/3程度の値段で購入することができます。病院では処方されず通販のみの販売となりますので、購入を考えている方は通販を利用するようにしましょう。

クラビットジェネリックの効果

作用副作用

エルクインはクラビットのジェネリックとなるため、効果はクラビットと全く同じです。レボフロキサシンを主成分として含んでいるのでありとあらゆる感染症に効果的です。特に性感染症にはとても効果的で、クラミジア、淋病、梅毒といった性病にはかなりの効果を発揮します。クラミジア以外にもインフルエンザ菌の予防だったり膀胱炎といった病気にとても効果を発揮してくれます。もちろん中耳炎や扁桃炎などといった感染症の病気にも効果的です。ですが、クラビットと同じとなるためウィルス性の病気には一切効果を発揮してくれません。

クラビットジェネリックの副作用

エルクインの主な副作用としては
発疹
嘔吐
下痢
不眠
めまい

などです。これもクラビットと全く同じです。そのため副作用が発症してしまう確率というのも非常に低く、あらわれたとしても軽い症状で治まるのでそこまで心配する必要はありません。ですが体質的に合わない方や正しい服用方法を行わなかったという場合は強い副作用が出てしまう危険性もあります。もしエルクインを服用した時に副作用があらわれ、症状が治まらないとなった場合は必ず医師へ相談するようにしましょう。

クラビットジェネリックの服用方法

服用方法

症状によって少し異なってきてしまいますが、クラミジアの場合は合計500mgを1日1回取るようにしましょう。服用するものが250mgだった場合は1日2錠服用し、合計500mgになるようにしてください。水、もしくはぬるま湯で服用してください。服用日数はクラビットと同じで1週間程度です。飲み忘れのないよう注意しましょう。

クラビットジェネリックを服用できない方

クラビットジェネリックのエルクインは副作用が少ないといっても以下の方は服用しないようにしましょう。

・妊娠中の方
・小さな子供
・心臓に重い疾患を抱えている方
・60歳以上の方

上記の方がもし服用してしまった場合は思わぬ副作用を招いてしまう危険性がありますので注意してください。ただし、重篤な疾患に限ってはクラビットが治療上の有益性を考慮すると判断された場合にみ使用は許可されています。といっても自分で大丈夫と判断できるものではありません。必ず医師の指示を仰いでから服用するようにしましょう。

クラビット以外の抗生物質

クラビットとジスロマックの比較

クラミジアに効果的な抗生物質というのはクラビット以外にも様々あります。どの薬が一番いいかというのはその方の体質などにもよって変わってきてしまいますが、クラビットが一番クラミジアに対しての効果が大きいと報告が多く挙げられています。ですが、クラビットよりも副作用が少ない薬などもありますので、紹介していきたいと思います。

ジスロマック

ジスロマック

ジスロマックはクラビットと同じくらい有名な性病へ効果的な薬です。マクロライド系の薬とされており、副作用はかなり少ないので安心して服用することができます。クラビットとの違いは少々あり、クラビットは1日2錠(500mgなら1錠)を約1週間、ジスロマックは1日1錠、これを3日間(合計1500mgになるように)服用することで効果が1~2週間も持続します。そのため、薬が苦手な方や、飲み忘れてしまう方などには人気とされています。

また、クラビットは抗生物質の中でも抗菌作用が強力なため、小児や妊婦の方は危険とされ使用できません。ジスロマックは比較的副作用が少なく、安全性もしっかり保障されているため小児から大人まで幅広い層が服用できます。

値段を比較してみると、クラビットは1錠あたり約400~500円
ジスロマックは1錠あたり約600~800円とされ、クラビットの方が1錠あたり約200~300円ほど安く設定されています。

そのため比較的安価なクラビットの処方を望む方はまだまだいます。

クラリスロマイシン

クラリスロマイシン

クラリスロマイシンはジスロマックと同じマクロライド系の薬となります。そのため、副作用も少なく、小児から妊婦の方まで服用することが可能となっています。クラビットと比べると効果が小さいという声も少なくはないですが、副作用がほとんどないことからクラリスロマイシンの処方を望む方が多くいます。クラビットの副作用が気になる方などはクラリスロマイシンの服用をおすすめします。

アモキシシリン

アモキシシリン

アモキシシリンはペニシリン系の薬となります。クラミジアへの効果というのはクラビットやジスロマック、クラリスロマイシンと比べるといまいちと言われていますが、淋病や梅毒といった性病に対してはどの薬よりも効果が期待できるのではないかと言われている薬です。安全性も高く評価されており、小児に対しても処方されることがあります。淋病や梅毒という方はこのアモキシシリンで治療するのが良いでしょう。