クラビットの研究所 | クラミジアから守る抗生物質

クラビット(一般名:レボフロキサシン)は、性病クラミジアの治療に効果的な抗生物質です。

無自覚な性感染症

クラミジア 性感染症の種類は色々あり、毛ジラミ、カンジタ、ヘルペス、淋病、コンジローマなど他にもたくさんの種類があります。

日本国内で最も感染率が高いのがクラミジアとなっています。

クラミジアとは、従来まで治療にかなりの時間を要し、薬の服用もたくさんしなければならなかった患者さんに対する負担が大きい性感染症でした。
感染力も非常に高く、たった1回の性行為でも感染してしまうほど感染力の強い病気です。
そのため、性に関する知識の薄い若者に感染者が多いです。
特に女性に多く、問題にもなっているセックスの低年齢化や一定の人ではなく不特定の人と性行為を行ってしまう多様化が原因と考えられています。
原因菌はトラコマティスと呼ばれる細菌であり、人間の目で確認することができないほど小さく、0.2~0.3ミクロンほどの大きさで、人の性器やノドに感染します。
粘液の接触により感染し、膣から分泌される液や男性の精液などで感染するので、セックスやオーラルセックスでの感染がほとんどです。
また男女とも無自覚のことが多く、感染を予防することがとても難しい病気でもあります。
感染経路は性行為がほとんどなので、風俗店で仕事をしている女性やそこに通う男性は特に感染率が高くなります。
予防には風俗店の利用を控えたり、セックスの時には必ずコンドームをつけ、特定の人以外とは性行為をすることを控えましょう。

症状は尿道に不快感や痛みまたはかゆみが出たり、おりものの増加や不正出血が挙げられます。
自覚症状が出ないことも多いので、できる限り定期健診などを受けるようにしましょう。
クラミジアの放置は男性不妊や不妊症の原因になることもあるので、きちんと治療を行っていきましょう。

抗生物質のクラビット

クラビット クラビットとは、感染症などに効果的な抗生物質です。
日本の第一三共株式会社が製薬、販売しております。
ニューキノロン系の合成抗菌剤で、感染症の治療に幅広く使用されております。
有効成分はレボフロキサシン水和物で、細菌が増えるために必要なタンパク質の核となる核酸を生成させるのを防いで、細菌を死滅させます。
眼科などでも、感染系の治療の際、目薬として処方しており、誰でも一度はお世話になったことがあると思われます。
特に、性感染症のクラミジアには効果的で必ずと言っていいほど処方されます。

この性感染症ですが、日本で一番多い性感染症だという事をご存知でしょうか?
特に若い世代に多く、10代後半から急激に感染者が増えています。
その原因としてあげられるのが、症状が出にくいという事です。
特に女性は全くと言っていいほど、症状がでないことが多いです。
出たとしても、おりものの量が多少増えた程度で、ほとんどの方が気付きません。
気付かないのでそのまま放置し、そしてまた違うパートナーに感染させてしまうという事です。
クラミジアに感染してしまった場合、病院へ行くのが恥ずかしいという方も中にはいらっしゃいます。
そのような事言ってる場合ではないのですが、その方にとっては重要な事なのです。
病院へ行けない方は、自分で検査ができる簡易の検査キットがあります。
検査して、クラミジアだった場合、クラビットを服用するのがベストな方法だと思われます。
ただ、ドラッグストアなどには販売してません。
病院で処方してもらう他に、インターネットなどで海外からジェネリック薬品を購入するなどの方法があります。
海外から購入する際、代行サイトなどを使用するとスムーズに購入できます。
もちろんクラビットのジェネリック薬品もあります。
同じ有効成分レボフロキサシン水和物が含まれていますので、効能も同じく期待できます。
そして、値段も安く購入できますので、手軽に手に入ります。
インターネットで購入する際ですが、決められた量しか購入できません。
処方箋薬は一ヵ月分と決められています。
大量に飲めばよく効くわけでは無く、逆に体に負担をかけ、副作用なども生じてきますので、必ず決められた方法で服用して下さい。

クラビットの効果・副作用

クラビットの効果

クラビットの効果 先程も記述した通り、クラビットは性感染症のクラミジアに特に効果的です。クラミジア以外に効果的なものを上げるのであれば、肺炎や胆管炎、また咽頭炎や扁桃炎等の喉の症状にも効果的です。細菌の増殖抑制には最も効果がある薬と言われており、抗菌薬としては欠かせない薬となっております。クラビットはレボフロキサシンという成分が含まれており、飲み薬としてよく処方されていますが、現在では注射タイプの製造許可が下りるなど、信頼のある成分として、認知されています。

クラビットの副作用

クラビットの副作用 この様にあらやる感染症に有効な薬として認知されているクラビットですが、少なからず副作用というのも存在してしまいます。ですが、基本的には少ないと言われているのであまり心配するほどではないでしょう。
症状としては、下痢、吐き気、または発疹などが現れてしまう事があります。これらの症状が少しの時間で治まるのであれば心配はいりませんが、もし、長く続いてしまう場合は医師への相談が必要になってしまいます。

クラビットの飲み方

クラビットの飲み方 飲み方としましては、1日1回500mgを水、またはぬるま湯で服用するようにしましょう。この際、250mgの場合は2錠飲むようにしましょう。
また、重度の症状だと思われる方の場合は、500mgより多めの700mgを1日1回、それを3日服用するようにしましょう。
ちなみにクラミジアの服用日数は平均にして、約1週間程度と言われています。症状によっては紹介した容量や日数と変わってきてしまうのでかかりつけの医師にご相談の上、服用するようにしましょう。

現在の日本では多くの医師がクラビットを処方しています。その一方で、どんな場面でもクラビットを使用し続けて有効性が低くなるという事もあります。これはクラビットに限らない話になりますが、有効な抗菌薬を使えば使うだけ、効果はどんどん落ちていきます。そのため、使用する際には、クラビットが本当に必要な場面か考え、そして、容量用法を必ず守って服用するようにしましょう。