クラビットの研究所 | クラミジアから守る抗生物質

クラビットはクラミジア感染だけでなくあらゆる細菌に対して有効な抗生物質です。

クラビットとクラミジア

クラビットとクラミジア クラビットとは、あらゆる細菌に効果のある薬であり、ニューキノロン系と呼ばれる抗菌薬となっています。

クラミジアの原因菌であるトラコマティスやマイコプラズマ、レジオネラ、グラム陽性菌や陰性菌などの細菌にも有効とされています。
クラミジアの感染率は非常に高く、性病の中でも一番多い感染者がおり、この薬が処方される機会は多いです。
10~20代の若者に多くの感染者がおり、これはセックスの低年齢化や特定の相手以外の人とセックスをしてしまう多様化などが原因と考えられています。
男性の場合、感染すると尿道に痛みや痒みがでたり、排尿時に尿と一緒に膿のような白い分泌物が尿と一緒に排泄されることがあります。
女性の場合は、おりものが増えたり、不正出血、セックスの時に軽い痛みを感じることがあります。
男女ともに自覚症状に気付きにくく、特に女性の80パーセントは感染したことに気付かず、放置してしまうケースが多いと言われています。
無自覚のまま放置してしまうと卵管炎や子宮外妊娠、不妊症の原因にもなります。
男性は無精子症などの男性不妊の原因になってしまうことがあります。

また感染している状態ではHIV(エイズ)の感染率が非常に高くなるので注意が必要です。
感染の発見を早めて早期治療を行ったり、感染しないように対策するには、コンドームの使用または特定の相手以外とはセックスをしない、定期的に性病検査を行うなどしなければなりません。
またパートナーの1人が感染してしまった場合には一緒に検査を受け治療を受けた方がいいです。
クラビットのジェネリック薬品もあり、病院の処方でなくても海外から安く購入することもできます。
ジェネリックは新薬と同一の効果や副作用のため安全に使用することができます。
安価なので、再発の予防などに常備しておくのもお勧めです。
感染してしまった場合には、きちんと薬を使って治療し、感染を拡大させないようにしましょう。