クラビットの研究所 | クラミジアから守る抗生物質
クラビットの研究所 TOP > みんなの性病体験談

性病に感染してしまった方の体験談です。このような事態を避けるため早急な治療をするようにしましょう

みんなの性病体験談

はじめて性器に異変が起きた時のことを考えてみてください。
「これは病気?」や「病院にいった方がいいの?」など色々な不安が頭の中に思い浮かび「どうしたらいいの?」なんて1人で悩んだ方もいますよね。
もしこれから性病になった時でも焦らずに対応できる様に、みんなの性病の体験談を紹介するので悩みや不安を解消するヒントに使ってみて下さい。 病院に行く時間も何もないという方でもクラミジアの検査キットクラビットジスロマックを通販で購入すれば自宅にいながらも治療することができます。

Aさん女性…病名:クラミジア症

クラミジア症 初体験は高校生の頃でした。
高校を卒業と同時くらいに別れてしまい、その後に大学に進学して知り合った男性と付き合いはじめました。
当然、からだの関係もありましたがある日、黄色のオリモノがたくさんでる様になり、SEXすると軽く痛みを感じるようになりました。
生理前かな?なんて思っていましたが、数週間経過したら彼が尿道がかゆくて痛みもあると言い出したので「まさか性病…」と思って2人で病院にいきました。
検査結果は2人ともクラミジアで、早期発見ということもあって処方された薬で治すことが出来ました。
「コンドームをつけて下さいね」と医師に言われたので、ここではじめて避妊以外にもコンドームは役割があることを知りました。
後日、彼の浮気も発覚したので巻き添いをくらった結果でした…。
早く病気に気付けば治療も早いのでおかしいと感じたらスグに病院へいくべきですね。
あと、男を見る目も養わないといけませんね。

Bさん男性…病名:淋病

淋病 酔った勢いで仲間と風俗へ。
今だからカミングアウトできますが、本番行為をしてしまいました。
数週間は何事もなく嫁ともSEXをしていましたが、突然尿道に痛みを感じました、
おしっこしている時に立っていられない位の痛みだったので、思ったのはひたすら「ヤバい…」だけでした。
パンツをみると膿もついてるし、頭の中は「風俗いったことは嫁にバレる」、「もしかしたら嫁にうつした…」でその日の仕事は何も手に付き来ませんでした。
仲間に聞くと、僕だけに症状が起きているみたいで痛みにも耐えられないので病院にいきました。
医師の診断は「淋病」でした。
その時、「終わった…」と思い事情と嫁とのSEXのことを話すと「奥さんも検査にきてもらってください。」と言われ、その夜に話をして何時間にも渡って説教されました。
嫁も感染していた様で更に怒られ、一時は口も聞いてもらえなかったですが何とか関係を修復することも出来ましたがSEXは当分お預けの様です…。
まさか自分がなんて思っていましたが、いざなってみると自分は辛いし相手にも移してしまうし良いことは1つもないので急いで病院にいくのは勿論、風俗や浮気はいけない事と改めて感じさせられました。