クラビットの研究所 | クラミジアから守る抗生物質
クラビットの研究所 TOP > アジー(ジスロマックジェネリック)の副作用

アジーはジスロマックのジェネリックで副作用、効果、服用方法全て同じです。安く購入できるのでおすすめです。

アジーの副作用

アジーとは

アジーはジスロマックのジェネリックです。ですので、同じ成分、効果、副作用、服用方法となっています。唯一の違いと言えば新薬に比べて格段に安いということです。安いからといって怪しい薬などではありません。世界各国で利用者がいるほど愛されていてしっかりとした実績のある薬です。

アジーの副作用としましては、胃痛や吐き気、下痢等の症状がみられますが、ほとんどは軽い症状で治まるので心配することはないでしょう。 もし、これらの症状が続くようならば医師への相談が必要です。 他に、めまい等の副作用が出てしまう事もあるので、服用してからの車の運転は控えるようにしましょう。ですが、基本的にアジーは副作用の少ない薬です。そのため、小児から老人まで幅広い年代の方が服用できるようになっています。

アジーの服用方法と効果

アジーの飲み方は症状によって変わってきてしまいますが、クラミジアの場合は3日で1.5gになるよう服用します。500mgを1日1回服用し、これを3日間続ければ良いだけです。1日1回というのは必ず守るようにしてください。2回飲んでしまうと効果は上がるどころか、副作用が強く出てしまう危険性があります。アジーは通常の薬に比べるとかなりの持続力があります。通常の薬の1週間~2週間分がアジーでは3日分の服用で済むのです。

アジーの服用方法と効果

大抵の方がクラミジアと分かった段階で治療薬を使用すると思いますが、アジーの場合は性行為の直前に服用することで性病を予防できます。なので、最近では性病に感染していない方でも性病予防のために所持しているという方が多くなっています。また、このアジーの特徴としてアレルギー症状を起こすことが少ないため、アレルギーをもっている方でも安心して使用する事ができます。

上記でも説明した様にアジーは新薬と全く同じ効果を持っています。そのため、クラミジアや淋病といった性病にはもちろん効果的です。性病以外なら肺炎や中耳炎、尿道炎や気管支炎などの感染症に対してとても有効です。ジスロマックの特徴でもあった幅広い年代の方が服用できるというのも引き継いでいます。小児でも飲みやすいようにシロップタイプもありますので錠剤が嫌という方でも安心です。効果は通常の薬に比べるとかなりの持続力があります。通常の薬の1週間~2週間分がアジーでは3日分の服用で済むのです。

アジーの購入方法

アジーの購入方法

病院でジスロマック、クラビットが処方される機会は多いですが、アジーは絶対に処方されることはありません。それは国内でまだ未承認なので処方することができないからなのです。そのため、購入方法としては通販で購入というたった1つに絞られます。通販は怖いという方も多くはないでしょう。ですが、今では一般的に利用されるほどなので安心かつ簡単に購入が可能です。

ジスロマックとアジーの値段比較

アジーはジスロマックよりも安いと記述しましたが、具体的にどれくらい安いのでしょうか。実際、ジスロマックを処方されるとなると、診察、検査、薬代全て含めて3000円程度ではないでしょうか。ただ、これは保険が適応された時の値段となるので、保険が適用されなければ2万~3万円程の値段になるかと思います。通販の場合は薬代のみとなるので3錠セットで約3000円程度です。ですが、アジーとなるともっと安く、6錠セットで2000円もいかないくらいの値段で購入できます。これくらいの値段ですと、6錠セットをもしものために2つ買っておくのも良いかもしれません。