クラビットの研究所 | クラミジアから守る抗生物質
クラミジアの研究所 TOP > アジー(ジスロマックジェネリック)の効果・副作用・購入方法

アジーはジスロマックのジェネリックで効果は同じです。通販の利用で格安で購入できるのでおすすめです。

アジーの通販・効果・副作用を紹介

アジーの効果・副作用・購入方法

アジーはジスロマックジェネリックとなりますので、成分、効果、副作用、服用方法は全てジスロマックと同様です。アジーはジスロマックの半額以下の価格で購入できるのでとてもおすすめです。アジーは病院では処方されないため、通販での購入のみとなります。ジスロマックと同様に性行為前に飲むことでクラミジア予防にもなりますので、アジーを常に持ち歩いているという人も多く存在します。ジスロマックの効果を格安でほしいと言う方はアジーをおすすめします。

アジーの通販

アジーの通販

クラミジアに感染した際に病院へ行くと処方される薬はクラビットやジスロマックが多いです。アジーが欲しいと思っていても絶対に処方される機会はありません。

理由としてはアジーはまだ日本国内では未承認の薬となっているため、病院で処方される事は絶対にないのです。それではどうやって入手すれば良いのか。

アジーを購入するには通販を利用しましょう。医薬品の通販と聞くと何か怖い印象をもっている方も少なくはないでしょう。

種類は違えどバイアグラを通販で購入し、偽物が届いたなんて事もニュースになっているので通販に対して悪い印象を持っている方もいるでしょう。

ですが、しっかりとした通販サイトを利用するだけで100%正規品のアジーを購入することができます。最初はどこの通販サイトを利用すれば良いのか分からないかもしれないのでおすすめの通販サイトを紹介します。

おすすめの通販サイト

アジーを購入するサイトというのは多くありますが、楽天やamazonといった大手通販サイトでは販売されていませんので購入することは不可能です。

購入するには個人輸入代行の通販サイトを利用しなければなりません。個人輸入代行の通販サイトというのも様々あり、有名なサイトでいうとお薬なびやオオサカ堂、ケンコーコム、ライフパートナーと多くあります。

中でも一番おすすめする通販サイトはお薬なびです。なぜお薬なびが一番なのかというとサポートが充実しているからです。電話での問い合わせ、注文が出来ることもあり何か不明点があればすぐに聞けます。

また100%正規品を謳っているので偽物が届く心配もありません。もちろんアジーも販売されており、その他多くのジェネリックも販売されているので自分に合った薬を見つけることも可能です。

お得なキャンペーンも頻繁に行っているので気になった方は1度目を通してみても良いかもしれません。

ジスロマックとアジーの値段比較

アジーはジスロマックのジェネリックとなるため、値段はかなり安く販売されています。ですが具体的にどのくらい安くなっているのでしょうか。

実際ジスロマックを病院などで処方となると診察、検査、薬代含めて3000円程度ではないでしょうか。ただ、これは保険が適用されたときの値段となりますので、保険適用外の自由診療となってしまうと20000円~30000円程度の値段になってしまうかと思います。

通販の場合は薬代のみとなるので1箱3錠入りで約3000円程度です。1錠単価で1000円程度ですね。ですが、アジーとなるともっと安くなります。

アジーは1箱6錠入りで2000円もいかないくらいです。1錠単価で約300円程度となります。ジスロマックとアジーで1/3程度も値段が変わってきます。

成分、効果、副作用、服用方法が全て同じでこれほど値段の差があるのならジスロマックを購入するよりもアジーの方が経済的にお得と言えますね。

アジーの効果

アジーの効果

アジーはジスロマックのジェネリックとなっていますので成分はアジスロマイシンが含まれており、効果、副作用、服用方法全てジスロマックと同じになっています。普段からジスロマックを愛用シている方ならアジーの服用に変えたほうが出費も抑える事が出来るのでとてもおすすめできます。

また、ほとんどの方がクラミジアとわかった段階で治療薬を使用すると思いますが、アジーの場合は性行為前に服用しておくことで事前にクラミジアを予防することが可能となっています。

そのため細菌ではクラミジアに感染していない方でも予防のためにアジーを所持しているという方も多くなっています。

アジーはとても安全な薬とされており、アレルギー症状を起こすことがすk内ため、アレルギーを持っている方でも安心して服用することが可能となっています。

アジーはジスロマックと同じ成分を含んでいるため効果も全て同じです。そのためクラミジアはもちろん、淋病梅毒といった性感染症にはとても効果的と言えます。性感染症以外なら中耳炎や肺炎、尿道炎や気管支炎などの感染症に対しても効果的です。

アジーはジスロマックの特徴でもあった幅広い年代の方が服用できるというのも引き継いでいます。そのため小児でも飲みやすいようにシロップタイプが販売されていたりします。錠剤が嫌という方でも安心して服用出来るのはとても嬉しい点です。

ジスロマックは3日感服用するだけで効果が1週間~2週間続くと言われています。ジェネリックであるアジーももちろんその特徴は引き継いでいます。そのため飲み忘れが多い方でも3日間服用を続ければ効果は長く持続されます。

アジーは歯周病にも効果的

歯周病というのは誰もが1度は聞いたことあると思います。歯磨きが不十分だと歯垢などが十分に取れず、そのままの状態にしておくと虫歯や歯周病を引き起こしてしまいます。歯周病の細菌はかなり多く存在し、繁殖力も凄まじいと言われています。歯周病菌はかなり強い細菌で、歯磨きをちょっとしたくらいでは撲滅することは不可能とされています。そのため、進行してしまった時は抗生物質を使わなければならなくなってきます。アジーを使用することでその細菌もすぐに撲滅することができます。副作用もかなり少ないので歯周病で辛い思いをしている方は使用すると良いでしょう。

アジーの副作用

アジーの副作用

アジーは先程も記述した通りジスロマックのジェネリックとなりますので成分、効果、副作用、服用方法は全て新薬ジスロマックと同じです。

ジスロマックはマクロライド系の薬に分類されており、マクロライド系というのは副作用が少ないという事で有名です。そのためアジーも副作用はとても少ないと言えるでしょう。

ジスロマックよりも価格はかなり安く設定されていますが、安いからといって副作用も強く、多く発症してしまうなんてことはありませんので安心してください。

アジーの副作用として報告が多いものは
下痢
吐き気
胃痛

などの症状がみられます。

ほとんどは発症してしまったとしても軽い症状で治まるのでそこまで心配はいりません。もしも長い時間症状が続くようであれば、すぐにアジーの服用を中断し、医師へ相談するようにしましょう。

他にもめまい等の副作用が出てしまう可能性があります。そのためアジーを服用してから車の運転などは控えるようにしましょう。

基本的にアジーは副作用の少ない薬と認知されていますので小児から老人まで幅広い年代の方が服用できるようになっています。

だからといって必ず副作用が出ないなんてことはありません。個人差があり、体質によって副作用が出やすい方や出にくい方が存在します。

アジーの服用方法

アジーの飲み方としては症状によって異なってきます。クラミジアの場合は3日で1.5gになるように服用してください。1日1回1錠500mgを服用するようにすれば3日間で合計1.5gに達します。

上記の事だけを守ればアジーの効果は1週間も持続されますので飲み忘れはないようにしましょう。また、必ず1日1回1錠というのは守るようにしてください。

1日に2回、1回に2錠飲んだりしてしまうとアジーがどれだけ副作用の少ない薬といっても副作用が強く、多く出てしまったり、思わぬ副作用を招いてしまう危険性がありますので注意してください。

1日の分を飲み忘れてしまったという場合でも2日分を1回で済まそうとするのは控えましょう。これもまた思わぬ副作用を招いて大事になる危険性があります。

飲み忘れに気付いた時は1錠服用し、その日はそれ以上服用しないように気をつけてください。

アジーの飲み合わせ

アジーの飲み合わせ

アジーは副作用の少ない薬と説明してきましが、どんな薬でも併用して大丈夫というわけではありません。大丈夫な薬があれば、併用したことで重篤な副作用を招いてしまう危険性が高い薬もありますので、アジーを服用する際は必ず大丈夫かチェックするようにしましょう。

鎮痛剤

ここでいう鎮痛剤というのは市販薬の事です。有名な薬でいうとロキソニンやイブなどです。これらは解熱鎮痛作用がある成分が含まれており、アジーの薬効とかぶるような成分は基本的には使用されていません。

そのためアジーの副作用をロキソニンやイブで和らげるといった事も可能となっています。病院で処方される鎮痛薬とアジーを併用する場合は重篤な副作用を招く危険性もありますので、まずは医師にアジーを服用していることを伝えましょう。

整腸剤

アジーの副作用の中で一番報告が多いのは下痢です。アジー自体ともて効果が強力といえますので消化器の働きが活発になって下痢が起きてしまいます。

下痢を抑えるためにもビオフェルミンなどの整腸剤を使用することは特に問題ないとされています。ビオフェルミンなどを服用しても下痢が治まらないという場合は医師へ相談するようにしましょう。

風邪薬

アジーは抗生物質の含まれていない風邪薬なら併用しても問題はないとされています。ただし、これは市販の風邪薬に限ります。

基本的に抗生物質というのは病院で処方される以外にありません。市販の風邪薬ならば抗生物質は含まれていませんのでアジーによる副作用がきついというようであれば風邪薬を併用して和らげるのも大丈夫ということです。

1つ注意しなければならない点は病院で風邪薬を処方してもらう場合は必ずアジーを服用していると言うことを医師へ伝えてください。伝えずに病院で処方された薬とアジーを併用してしまうと効果が半減してしまったり、大きな副作用が発症してしまったりする危険性もありますので注意しましょう。

乳製品

アジーと牛乳などの乳製品を併用となると特に問題はありません。しかし、乳製品に含まれている脂肪分がアジーの効果を弱めてしまう可能性があります。せっかく1週間程度で治るものも2週間、3週間と長続きしてしまう可能性がありますので、アジーを服用期間中は出来るだけ乳製品を避けるようにしましょう。

他の抗生物質は禁止

クラミジアの治療として病院へ行くとクラビットとジスロマックを同時に処方される事があります。どちらもクラミジアに対してとても効果的ですが、いずれかの効果が作用している期間中にもう一方の薬を服用することは禁止されています。

アジーにも同じ事が言えます。アジーを服用期間中にクラビットやクラリスロマイシンといった薬を服用することで思わぬ副作用を招いてしまう危険性がありますので必ず併用はしないようにしてください。

シクロスポリン

シクロスポリンというのは肝臓や腎臓、肺、心臓などの移植手術後に用いられる免疫抑制剤です。ネフローゼ症候群やベーチェット病といった病気にも用いられます。

アジーとシクロスポリンを併用してしまうとシクロスポリンの効果をかなり高めてしまい、腎障害の副作用が発症するリスクを高めてしまう危険性がありますので、必ず併用しないようにしましょう。

ワーファリン(ワルファリン)

ワーファリン(ワルファリン)というのは心臓、脳の血管に障害を抱えている場合に用いられている薬です。血液の凝固を阻害する効果を持っており、基本的には抗生物質との併用は注意と言われています。

禁止ではないからといって併用するのも危険です。ワーファリンの効果を強くしてしまい、肝臓での代謝酵素の働きが止まってしまう危険性がありますので、併用はしないようにしましょう。併用する前に医師と相談するようにしてください。

制酸剤

制酸剤というのは胃酸を中和させる成分が含まれている胃腸薬の一種です。制酸剤とアジーを併用した場合はアジーの有効成分の吸収が阻害されることが分かっています。そのせいで血中濃度が低下し、効果半減に繋がってしまいます。

絶対に併用してはいけないというわけではないですが、アジーの最大限の効果を出すためにも制酸剤と併用する際はそれぞれの服用時間をずらすなど対処するようにしましょう。

ジゴキシン

ジゴキシンというのは心不全などの心臓の病気に対して主に用いられる事が多い薬です。心臓が弱っている方に対して、心臓の収縮力を高め脈を安定させる効果があります。

アジーと併用することでP糖タンパク質を介したジゴキシンの吸収が阻害されます。そのせいで中毒症状があらわれてしまう危険性がありますので必ず併用はしないようにしましょう。

メシル酸ネルフィナビル

メシル酸ネルフィナビルはHIVに主に使用される薬です。メシル酸ネルフィナビルとアジーを併用してしまうとアジーの効果がさらに高くなってしまい、その分副作用も強くなってしまう危険性があります。

いくら副作用のすくないアジーでもリスクが高まれば重篤な副作用を招いてしまう危険性がありますので注意しましょう。

そもそもジェネリックとは

クラミジアではなくとも病院へ生き、処方せんをもらうと「ジェネリックでも良いですか?」と聞かれた経験がある方も多いかと思います。そもそもジェネリックとはどんなものなのでしょうか。

簡単に説明すると新薬と同じ成分を同じ用量で作られているものです。そのため効果や副作用は同一のものとなります。ここでいう新薬というのはジスロマックの事です。ジェネリックはアジーの事となります。

成分と用量、用法、効果は新薬と絶対に同じでないといけないと定められています。薬の形状や色、添加物などはそれぞれの会社で決めても大丈夫とされています。ですが薬の効き目が落ちたり、安全性が確かである範囲内のみ大丈夫とされています。

新薬には特許があり、特許を出願した日からの20年間はその会社の独占販売となります。この間は基本的にジェネリックは開発できません。この20年間で新薬の効果や安全性が確かと分かり、特許が切れたらはじめてジェネリックを他社が開発出来るのです。

ではなぜジェネリックが安いのでしょうか。それは新薬で「この成分は効果や安全性は確か」と分かっているため開発にそこまで時間がかからないからです。そのため開発費もそこまで高くならないので安価で販売することが可能となっているのです。

ジェネリックは成分、用量、用法、効果は全て新薬と同じと定められています。そのため安いから効果もあまりないと言うことは一切ありません。ここで言うのであればジスロマックで効果を実感できたのならば、アジーでも効果を実感することが出来ます。

ジェネリックの存在をあまり知らず、安いから効果がないと考えている方が多くいますが、実際はかなり安く同じ効果を得られる薬となっています。

アジーの口コミ

アジーの口コミ

報告されたアジーの口コミを紹介します。

アジーで安くクラミジアを完治

私は仕事も忙しく、休みも殆どない状況でした。そんな中で1人の女性と関係を持ってしまいその日からなんとクラミジアに感染してしまいました。

最初はなんだか違和感があるなと思っていても何も気には止めずにいたのですが、この違和感が何日も続いていたので何かがおかしいと思いネットで検索していました。

するとクラミジアの症状に自分の症状がぴったり合っていることがわかりました。病院へいった方が良いだろうなと思ってはいたのですが、仕事が忙しいのもあって時間を取れず放置していました。

症状はどんどん悪化し痛みが生じるようになりました。病院へ行きたかったのですが1日仕事を休まないと行けない状態だったのでどうにかして病院へ行かずにクラミジアを治す方法を探しました。

するとクラミジアの治療薬を通販で購入できると知り、すぐに買いました。その時に購入したのがアジーです。正直薬に関しては全くもって無知だったので安くて効果が強いと呼ばれるこの薬を購入しました。

1週間経たないくらいでアジーが届き、その日からすぐに飲み始めました。3日間飲むことで効果が1週間続くという事だったので、3日間飲み忘れる事もなくちゃんと飲みました。すると症状はどんどん和らいで1週間経った時には痛みや違和感は一切ありませんでした。

だからといって再発するのも嫌なので検査キットも購入しておいてクラミジアがちゃんと治ったのか検査してみました。

すると結果は陰性。クラミジアが完全に治っていたのです。たった3日感飲んだだけでこんなに効果を発揮してくれるなんて驚きです。

アジーを常備している

私は風俗店に勤めているので仕事柄性病とは近い関係にあります。そのためいつでもすぐに治せるようにアジーは常にストックしています。もちろんクラミジアの検査キットもです。

クラミジアや淋病に感染しているお客さんからもらってもアジーなら3日間の服用ですぐに治してくれるのでいつも助かっています。

何か異変を感じたら自宅でクラミジアの検査をして陽性だったらアジーで治療という流れですね。

私の場合は病院に行く面倒などを考えたら通販の方がメリットがたくさんあるので通販が合っていますね。