クラビットの研究所 | クラミジアから守る抗生物質

エルクインはクラビットのジェネリックです。効果や副作用、飲み方、通販での購入方法などを記載しています。

クラビットジェネリックのエルクイン

エルクイン

エルクインというのはクラビットジェネリックとなっており、成分はクラビットと同じレボフロキサシンを使用しています。クラビットジェネリックとなるため効果、副作用、服用方法といった全てがクラビットと同じになっています。クラビットは病院で処方される事がありましたが、エルクインの場合は病院では処方されません。病院でも不可能という事は薬局やドラッグストアなどでは購入することは絶対に不可能です。購入するには通販を利用しなければならないのです。

通販を利用することでエルクインは購入でき、クラビットと同じ効果を何倍も安く購入することが出来るので、クラビットでクラミジアを治したいという方はエルクインを購入したほうが経済的にお得と言えるでしょう。

エルクインの効果

先程エルクインはクラビットジェネリックとなるため、レボフロキサシンという成分を主成分として使用しており効果、副作用、服用方法は全てクラビットと同じと説明しました。そのため、エルクインはクラミジアにはもちろん淋病など他の性病や、肺炎、尿道炎、膀胱炎などの性病以外の感染症にも効果的となっています。中でも一番効果的といえるのはクラミジアです。

クラビットはクラミジアの治療ということで病院へ行くと必ずと言っていいほど処方される程の効果の高い薬です。エルクインも変わらず効果の高い薬となっているので、1週間程度服用を続ける事でクラミジアを簡単に完治させることが可能となっているのです。

クラミジアというのはクラミジア トラコマティスという細菌が原因で引き起こされる性感染症です。このクラミジア トラコマティスは直接の粘膜の接触により感染がはじまります。つまりは性行為です。性行為の他にもオーラルセックスやディープキスなどでも感染してしまうケースがあります。

エルクインに含まれているレボフロキサシンはこの細菌を死滅させる効果があります。ジスロマッククラリスロマイシンの場合は細菌の増殖を抑えることで殺菌させるものですが、エルクインの場合は完全に死滅させます。それほど効果の高い薬なのです。

エルクインはクラビットのジェネリックとなっておりますので、クラミジアを治すための期間というのはクラビットと同じと言えます。また、クラビットを含めた抗菌薬によるクラミジアの治癒率は97%~98%とされています。これはエルクインにも該当されます。

これほどクラミジアに対してクラビットが効果的というのはとても有名ですが、クラビットのジェネリックであるエルクインを知らないという方も多いです。エルクインはクラビットよりもかなり安くクラビットと同じ効果を得られる薬となっていますので、クラビットを使用するのであればエルクインを使ったほうが何倍も経済的にお得と言えるでしょう。

エルクインの副作用

エルクインは効果も高く副作用も少ない薬です。ですが、服用した全ての方が副作用は絶対に出ないというわけではありません。どんな薬でも効果の効きやすい方、効きにくい方がいるように、副作用が出やすい方、出にくい方というのが存在します。

エルクインで報告されていう副作用としては
発疹
嘔吐
下痢
不眠
めまい

などです。エルクインはクラビットジェネリックとなっているので副作用も全てクラビットと同じ事が分かります。そのため副作用が発症してしまう確率というのも非常に低く、あらわれたとしても軽い症状で治まるのでそこまで心配する必要はありません。

ですが、先程も説明した通り、体質的に合わない方の場合は副作用が出やすい傾向にありますので注意しましょう。また、正しい服用方法を守らなかった場合は上記で挙げた以外の副作用が出てしまう危険性もありますので必ず服用方法は守るようにしてください。

もしエルクインを服用した時に副作用があらわれ、症状が治まらないという状況になった場合は、すぐにエルクインの服用を辞め、必ず医師へ相談するようにしましょう。

エルクインの重篤な副作用

エルクインは先程も説明した通り、服用方法を守らなければ重篤な副作用を招いてしまう危険性があります。そのため、必ず服用方法は守るようにしてください。エルクインで引き起こる可能性のある重篤な副作用をリストアップしましたので頭の中に入れておきましょう。

ショック ショックが発症することによってじんましんが出たり、顔が赤くなる、かゆみ、動悸、しびれ、息切れなどといった症状があらわれます。
アナフィラキシー様症状 かゆみ、くしゃみがでる、吐き気、嘔吐、呼吸困難、血圧低下、発熱などといった症状があらわれます。
けいれん 吐き気、めまい、ぼんやりする、よろめく、興奮状態になるなどといった症状があらわれます。
中毒性表皮壊死症 皮膚が焼けるような痛みに襲われる、皮膚が赤くなる、発熱、水ぶくれ、口内の荒れなどといった症状があらわれます。
肝機能障害 倦怠感、食欲低下、吐き気、常に眠い状態、呼吸困難、黄疸などといった症状があらわれます。
間質性肺炎 発熱、呼吸困難、息切れ、動悸などといった症状があらわれます。
間質性腎炎 発熱、吐き気、下痢、尿が濁る、関節の痛みなどといった症状があらわれます。
急性腎不全 下痢、吐き気、脱力感、むくみ、腹痛、関節の痛みなどといった症状があらわれます。
黄疸 吐き気、嘔吐、足浴不信、発熱、発疹、倦怠感、皮膚や白目が黄色くなるなどといった症状があらわれます。
溶血性貧血 発熱、貧血、皮膚や白目が黄色くなるといった症状があらわれます。
汎血球減少症 全身のだるさ、息切れ、めまい、頭痛、動悸、鼻血、歯茎の出血などの症状があらわれます。
低血糖 動悸、脱力感、冷や汗、急激な空腹感などといった症状があらわれます。
アキレス腱炎 腫れ、かゆみ、赤くなる、腱周辺の痛みなどといった症状があらわれます。
抑うつ 頭痛、倦怠感、腰痛、下痢、便秘、発汗、息苦しさ、肩こり、食欲不振などといった症状があらわれます。

以上が重篤な副作用となります。リストアップした副作用以外にも様々あり、服用方法を守らなかったり、服用禁止の方が服用してしまった場合には、それ以外にも報告されていない副作用を招いてしまう危険性もあります。エルクインを服用する際は必ず副作用や服用方法を確認してからにしましょう。

エルクインの飲み方

服用方法

エルクインとクラビットで飲み方が変わるなんて事はありません。クラミジアの場合は1日合計500mgを取るようにします。エルクイン500mgであれば1日1回1錠の服用。エルクイン250mgの場合は1日1回2錠の服用となります。ただし、重度の症状と思われる場合は500mgよりも上の750mgを1日1回服用、それを3日間服用するようにしましょう。

服用する際は水、もしくはぬるま湯で服用するようにしましょう。服用期間としてはクラビットと同じで1週間程度となっています。短いようで長いので必ず飲み忘れはないようにしましょう。これは平均となっており、症状によっては用量や日数が変わってきますので、かかりつけの医師にご相談の上、服用するようにしましょう。

エルクインが服用時の注意点

エルクインは効果も高く副作用も少ないとされている薬ですが、服用できない方や服用を注意しなければならない方がいます。エルクインはクラビットジェネリックとなりますので、これはクラビットと同じになっています。

エルクインを服用できないという方は妊婦、または妊娠している可能性のある方、小児などはエルクインを服用した際に思わぬ副作用が出てしまう危険性があるため服用禁止とされています。ただし、治療上の有益性を考慮すると判断された場合は使用しても構わないとされています。これは自己判断で決められるものではないので、服用禁止に該当する方でエルクインの服用を考えている方は必ず医師へご相談の上、服用するようにしましょう。

また、服用禁止以外にも慎重に服用しなければならない方もいます。
高齢者
重症筋無力症を持っている
キノロン系の薬に対してアレルギー前歴がある
てんかん、けいれん性疾患、その前歴がある
高度の腎機能障害の方
重い疾患を持っている

上記の方が慎重に服用しなければならない方です。上記に該当する方でエルクインの服用を考えている方は必ず医師にご相談の上、服用するよにしましょう。

エルクインの併用禁忌薬

エルクインにはクラビットと同じく併用禁忌薬というものが存在します。そのため、もしもエルクインと常用薬が併用禁忌となった場合は思わぬ副作用を招いてしまう危険性がありますので必ずエルクインを服用する前にチェックしておきましょう。以下がエルクインと併用禁忌薬となります。

ステロイド薬
マグネシウムやアルミニウムが含まれる胃腸薬
ロキソニン

ステロイド薬とエルクインを服用してしまうとアキレス腱障害という副作用が出ると指摘があります。常用薬としてステロイド薬を使用している方は多いかと思いますので、必ずチェックするようにしましょう。

マグネシウムやアルミニウムが含まれている胃腸薬とエルクインを併用するとエルクインのクラミジアに対する効果が落ちてしまう可能性があります。胃腸薬の場合は併用禁忌というわけではないですが、効果がおちるため、思っていた以上にクラミジアの完治まで日数がかかったりしてしまいます。効果を落とさないようにするには2時間以上の間隔は空けてから服用するようにしましょう。

エルクインとロキソニン

エルクインとロキソニンを併用した時、最悪の場合はけいれんを起こしてしまう可能性があります。エルクインの新薬でもあるクラビットの添付文書にも「ロキソニンの成分であるフルルビプロフェンと併用した場合、けいれんを起こす恐れがある」と記載されています。ですが、ロキソニンは併用禁忌薬というわけではなく、あくまでも併用に注意しなければならない薬というものです。

クラビットの場合は単体でもけいれんを起こしてしまう可能性があると報告があります。ですが、確率的にはとても低く、クラビット自体、副作用が起きる確率は0.1%~0.5%です。その中でもけいれんを起こしてしまう確率は0.01%未満といったものです。また、ロキソニンを併用しても副作用の発症する確率は変わらなかったと結果が出ています。

これはクラビットとして報告されているもので、エルクインでは一切報告されていません。ですが、エルクインはクラビットジェネリックとなるため、エルクインもこの結果に含まれると言えるでしょう。

また、ここで挙げているロキソニンというのは医師から処方された時の薬です。市販のロキソニンの場合は副作用が強く出てしまう危険性がありますので併用は控えるようにしましょう。もし、エルクインを服用していて頭痛などの副作用があらわれた場合医師へ相談するようにしましょう。

エルクインの通販

エルクインを購入したいと考えている方は通販を利用するようにしましょう。通販の場合は時間や場所も問われず購入することが出来ます。また、クラビットよりもかなり安く販売されているので経済的にもとてもお得といえます。

通販で購入する利点と言ったら一番は誰にも知られずに購入することが出来るという点です。病院で治療となると医療通知によって家族にバレたり、病院で知り合いにたまたま会ってバレる恐れがあります。

通販の場合は知っているのは自分だけです。配達員ですら中身が何なのかは分かりません。また、クラミジアの検査キットも同時に購入しておくことで、自宅にいながら一人で検査から治療まで全て行う事ができるのです。

エルクインは病院で処方されない

エルクインはクラビットジェネリックです。クラビットならクラミジアという事で病院へ行けば処方されますが、エルクインの場合は病院処方してもらう事は不可能です。病院でも無理なので薬局やドラッグストアなどにはもちろん販売されていません。購入するには通販を利用しなければならないのです。通販は不安と思う方もいるかもしれないですが、現在ではエルクインのような薬を通販で購入するといったことはとても一般的になっているのです。

クラミジアに効く薬というのはエルクインだけではなく多くの薬が存在します。もちろんエルクイン以外のクラビットジェネリックもあります。通販なら費用もかなり浮くことになるのでこれを機に通販での購入をはじめてみても良いかと思います。

エルクインはamazonでは購入できない

エルクインは通販のみの販売と説明しましたが、amazonなどの一般的な通販サイトでは販売されていません。もちろん楽天も同様です。購入するには個人輸入代行の通販サイトでなければならないのです。個人輸入代行の通販サイトと聞いて一見難しそうに感じますが、中有門方法としてはamazonや楽天といった大手通販サイトと一切変わりません。

欲しい商品をカートに入れて決済するだけで注文が完了します。実家暮らしなので自宅に商品を届けさせたくないという場合は郵便局留めも出来るので、自宅から近い郵便局に指定しておけば家族にもバレることはありません。

エルクインが購入できる通販

エルクインを販売している個人輸入代行の通販サイトというのは多くあります。その中でも一番オススメできる通販サイトはお薬なびです。お薬なびがなぜオススメなのかというとサポートが充実しており、取り揃えている商品が全て正規品となっているからです。

サポートが充実しているというのは薬を取り扱う通販サイトの中では最も重要な点と言えるでしょう。基本はメールだけの問い合わせとなるのですが、お薬なびの場合は電話での問い合わせも可能です。

メールだけだと連絡を取るのに日数が必要となってきますが、電話で問い合わせが出来るので不明な点があればすぐに解決することができます。また、問い合わせ以外にも電話で注文することもできるので注文方法が分からないという方でも簡単に商品を購入することが出来ます。

個人輸入代行の通販サイトでここまでサポートの面がしっかりしている通販サイトは中々見つかりません。もちろんお薬なびにあるエルクインは100%正規品となっていますので安心して購入することができます。