クラビットの研究所 | クラミジアから守る抗生物質
クラミジアの研究所 TOP > 1週間でクラミジアを完治!クラビットは最も効果の高い薬

クラビットはクラミジアに対して最も効果の高い薬です。性病以外にも膀胱炎や肺炎など様々な感染症に効果を発揮します。

クラビットの効果

クラビットの効果

クラビットは性病の中でも国内で最も感染者が多いクラミジアに対してとても効果を発揮してくれる薬です。病院でクラミジアを治療するとなった場合、処方されるのはこのクラビットかジスロマックの2択となるでしょう。

クラビットの特徴としてはとても効果が強力な事です。クラビットはニューキノロン系の抗生物質に分類されており、このニューキノロン系の抗生物質の中でもかなり効果が強力な部類に入ります。そのため、小児や妊婦の方の場合は服用が禁じられる場合がありますので注意しなければなりません。

クラビットにはレボフロキサシンという成分が含まれていおり、このレボフロキサシンは細菌を死滅してくれる働きがある成分です。性病のクラミジア、淋病などにはもちろん効果的ですが、性病以外にも膀胱炎や扁桃炎、咽頭炎、肺炎、胆管炎など様々な医療の現場で使用されています。

また、クラビットは点眼薬としても良く処方されており、ものもらいなどでは必ずといっていいほどクラビットの点眼タイプが処方されています。

クラビットのクラミジアなどの性病への効果、性病以外への効果などを説明していこうと思います。

クラビットのクラミジアへの効果

クラビットは性病の中でも一番感染者が多いクラミジアの治療薬としてかなりの頻度で処方されます。クラミジアの原因であるクラミジア トラコマティスは、直径が0.3ミクロンと非常に小さな細菌となっています。クラミジアに感染してしまう原因としては直接の粘膜の接触で感染してしまいます。

どういうことかというと、主に性行為やオーラルセックスで感染します。また、ディープキスでも簡単に感染してしまう恐れがあるのです。クラビットの添付文書によると、クラミジア トラコマティスが対応菌種であり、薬理作用としても抗菌作用があることが記載されていることからクラミジアに対してとても効果があることが分かります。

クラビットにはレボフロキサシンという成分が主成分として含まれており、この成分がクラミジアの原因であるクラミジア トラコマティスを死滅してくれる作用があるのです。ジスロマックやクラリスロマイシンといった同じくクラミジアの薬というのは細菌の増殖を止めることでクラミジアを治す薬とされていました。

ですが、クラビットは増殖を止めるどころか完全に死滅してくれます。効果もかなり強力です。クラビットは分類されているニューキノロン系の中でも効果がかなり強力な薬です。そのため、クラビットはクラミジアということで病院に行けば処方されるほど効果の高さ、信頼性に長けているのです。

性器のクラミジアとなると基本的には抗菌薬と呼ばれる抗生物質や抗生剤で治療することになります。クラビットももちろん抗菌薬に含まれているので、様々な医療の現場で良く使用されています。クラビットを含めた抗菌薬によるクラミジアの治癒率というのは97%~98%とされており、とても高い事が分かります。

クラビットでクラミジアを治療するとなると約1週間程度飲み続ける事で完治させられることが分かっています。クラビットを服用しても一部では一切効果がないという噂もありますが、病院で処方されるほどの信頼性と効果の高さです。

正しい服用をすることで必ず完治させられる事ができます。効果がない、副作用が強いという意見もありますが、このような方は正しい服用をしていな方が多く見受けられます。もちろん、体質的に効果が効きやすい方や効きにくい方、副作用が出やすい方や出にくい方が存在しますので、全員が全員服用を間違えているというわけではありません。

また、正しい服用をしているのにクラミジアが治らないという方の場合は他に何かしらの原因があることでしょう。クラミジアの治療をしているのに一切治らないという記事もまとめているの見てみると良いでしょう。

クラビットの性病以外への効果

主に効く感染症としては
・咽頭炎や扁桃炎などの喉の病気
・中耳炎や副鼻腔炎などの鼻、耳の病気
・歯周組織炎や歯冠周囲炎などの歯の病気
・胆嚢炎や胆管炎などの胆のうと言われる部分の病気
・感染性腸炎や腸チフスといった腸の病気
となります。

少し挙げるだけでもこれほど幅広く使用されており、飲み薬での治療というのが難しかった難治性の感染症にもとても効果的です。感染する菌や経路はそれぞれ違いますが、全てクラビット1つで完治させることができます。ですが、服用方法などはその症状によって変わってきますので、必ず確認をとってから服用するようにしましょう。

先程ニューキノロン系の薬と記述しましたが、その中でもクラビットは効果がもっとも強いと言われています。以前までタダビッドというニューキノロン系の薬が感染症に対してよく使用されていましたが、クラビットの登場により処方も移り、国内で一番使用されている感染症への薬の1つとなりました。

クラビットの膀胱炎への効果

まず膀胱炎というのは大腸菌などの細菌が大腸や膣から侵入してしまい、尿道を通り膀胱に感染を起こしてしまう感染症です。膀胱炎となると排尿の回数が増え、1日に10回以上もトイレに行きたくなるほどです。排尿時や排尿後に尿が白く濁ってしまう、ひどい痛み、血尿が出たりという症状も起こります。

クラビットは細菌による感染症にとても効果的という話を上記でしました。そのため、膀胱炎という病気にクラビットはとても効果的で、膀胱炎という事で病院へ行くとクラビットを処方される確率も高いでしょう。膀胱炎はクラビットなら1週間もかからずに完治させることができます。また、最近は1回の服用だけで完治させるという事もあります。それほど膀胱炎にクラビットというのは効果的なのです。

平均は2日~5日程度の服用で完治することができますが、服用する方の体質や症状によっても変わってきますので注意が必要です。膀胱炎は完治したとしても繰り返し起こってしまう病気です。長い人は15年間繰り返し起こってしまっているという方もいます。それほど近い存在の病気なのです。膀胱炎にならぬようにするのに一番必要なものは生活習慣の改善です。ですが、生活習慣を改善できたからといって必ず膀胱炎にならないとは言い切れません。そんな中でもクラビットは膀胱炎を必ず完治させることが可能です。繰り返す膀胱炎に悩んでいる方はクラビットを常備することをおすすめします。

クラビットの風邪への効果

クラビットにはレボフロキサシンという成分が主成分として含まれています。このレボフロキサシンという成分は細菌を死滅してくれる作用があります。細菌に対してはとても効果を発揮してくれますが、ウィルス性の病気に対しては一切効果がないといっても良いでしょう。

ウィルス性というと代表的なのは風邪です。風邪は90%以上がウィルス性と言われており、クラビットを含めた抗生物質はみな風邪に効果はありません。ジスロマックやクラリスロマイシンといった薬も同様の事が言えます。

ですが、風邪で病院へ行くと風邪薬の他にクラビットやジスロマック、クラリスロマイシンといった抗生物質も同時に処方されることがあります。

この理由としては風邪から引き起こしてしまう二次感染を予防するためです。風邪を引いてしまうと細菌感染も引き起こしてしまうといった事は非常に多くみられます。

そのような事態にならないように風邪に対してでもクラビットは処方されます。クラビット単体で風邪が治るといったわけではありませんが、二次感染を防ぐためにもクラビットは風邪の患者に対して処方されるのです。