クラビットの研究所 | クラミジアから守る抗生物質
クラミジアの研究所 TOP > クラミジアをすぐ治す薬クラビットの通販・効果・副作用・飲み方

クラビット(一般名:レボフロキサシン)のクラミジアへの効果、副作用、飲み方、ジェネリック、通販での購入を記載しています。

抗生物質のクラビット

抗生物質のクラビット

クラビットというのはクラミジアには対して最も効果的な薬です。クラミジアという事で病院へ行けば必ずと言っていいほど処方される薬です。今や10代後半の女性から急激に感染者が増えているクラミジア。自覚症状がなく、放置している方が大半です。クラミジアは放置していると重大な病気へ進行してしまうためかなり危険です。また、クラミジアは完治しなければ再発してしまう可能性があります。再発した際に、耐性菌が出来てしまうとクラビットの効果が効かなくなる場合があります。そうならぬようにしっかりと細菌を死滅させなければなりません。

クラビットのジェネリックならば1錠100円もしません。そのため、細菌を死滅させるための薬が足りなかった場合の事も予測して通販で購入する場合は予備として少し多めに購入しておくことをおすすめします。通販ならば誰にもバレない、時間も取られない、出費も薬代だけなのでおすすめです。また、通販では検査キットも購入することができるので検査から治療まで全て自宅で行うことが可能です。

※リンク先はクラビットジェネリックです。

クラビットの効果

クラビットの効果

先程も記述した通り、クラビットは性感染症のクラミジアにはとても効果的です。クラミジア以外に効果的な病気を挙げるとしたら、肺炎や胆管炎、また咽頭炎や扁桃炎等の喉の病気にもとても効果を発揮します。基本的には細菌に対して効果を発揮する薬で、ウィルス性のものには効果はありません。クラビットは細菌の増殖抑制には最も効果がある薬とも言われており、抗菌薬としては欠かせない薬となっています。

クラビットの主成分にはレボフロキサシンという成分が含まれています。これは錠剤の飲み薬としてよく処方されますが、現在では注射タイプなどの製造許可が下りるなど、信頼の高い成分として世間に認知されています。眼科などでも使用されており、感染系の治療の際は目薬として処方される事も多々あります。ものもらいの場合は必ずといっていいほどクラビットの目薬タイプが処方されていますので誰でも一度はお世話になったことがあるのではないでしょうか。

クラビットはニューキノロン系の薬と分類されており、数ある抗生物質の中でもかなり効果が強力な薬です。ニューキノロン系の薬の中では一番効果が強力なのではとも言われています。実際のクラビットの効果としては細菌のDNA合成を阻害し、細菌自体を死滅させる効果があります。ジスロマッククラリスロマイシンは細菌の増殖を止めるもとのでしたが、クラビットの場合は細菌自体を死滅させるほど強力な効果です。

クラミジアへの効果

クラビットは性感染症の中でも一番感染者が多いクラミジアの治療薬としてかなりの頻度で処方されます。クラミジアの原因であるクラミジア トラコマティスは、直径が0.3ミクロンで非常に小さな細菌になります。感染源は主に性行為などで直接接触する事で感染していき、感染すると性器や咽頭に症状が現れます。クラビットの添付文章によると、クラミジア トラコマティスが対応菌種であり、薬理作用としても抗菌作用がある事が記載されている事からクラビットはクラミジアに対して効果がある事が分かります。クラビットはクラミジアに感染した時に病院でも処方されるほど、効果がある薬になります。

性器のクラミジア感染症は抗菌薬(抗生物質や抗生剤)で治療します。抗菌薬による治癒率は、97%~98%と、とても高いので確実に治療ができます。クラミジアの原因である、「クラミジア トルコマティス」を雑菌する事で治療されています。クラビットを服用しても効果がないという話しもありますが、正しく服用すれば、クラビットの効果は十分に期待できます。

性病以外への効果

クラビットはクラミジアや淋病梅毒といった性感染症にはとても効果的ですが、性病以外の感染症へも効果的で良く処方されています。

・咽頭炎や扁桃炎などの喉の病気
・中耳炎や副鼻腔炎などの鼻、耳の病気
・歯周組織炎や歯冠周囲炎などの歯の病気
・胆嚢炎や胆管炎などの胆のうと言われる部分の病気
・感染性腸炎や腸チフスといった腸の病気

少し挙げるだけでもこれほど幅広く使用されており、飲み薬での治療というのが難しかった難治性の感染症にもとても効果的です。感染する菌や経路はそれぞれ違いますが、全てクラビット1つで完治させることができます。先程ニューキノロン系の薬と記述しましたが、その中でも効果がもっとも強いと言われています。以前までタダビッドというニューキノロン系の薬が感染症に対してよく使用されていましたが、クラビットの登場により処方も移り、国内で一番使用されている感染症への薬の1つとなりました。

クラビットは膀胱炎に効果的

まず膀胱炎というのは大腸菌などの細菌が大腸や膣から侵入してしまい、尿道を通り膀胱に感染を起こしてしまう感染症です。膀胱炎となると排尿の回数が増え、1日に10回以上もトイレに行きたくなるほどです。排尿時や排尿後に尿が白く濁ってしまう、ひどい痛み、血尿が出たりという症状も起こります。

クラビットは細菌による感染症にとても効果的という話を上記でしました。そのため、膀胱炎という病気にクラビットはとても効果的で、膀胱炎という事で病院へ行くとクラビットを処方される確率も高いでしょう。膀胱炎はクラビットなら1週間もかからずに完治させることができます。また、最近は1回の服用だけで完治させるという事もあります。それほど膀胱炎にクラビットというのは効果的なのです。

平均は2日~5日程度の服用で完治することができますが、服用する方の体質や症状によっても変わってきますので注意が必要です。膀胱炎は完治したとしても繰り返し起こってしまう病気です。長い人は15年間繰り返し起こってしまっているという方もいます。それほど近い存在の病気なのです。膀胱炎にならぬようにするのに一番必要なものは生活習慣の改善です。ですが、生活習慣を改善できたからといって必ず膀胱炎にならないとは言い切れません。そんな中でもクラビットは膀胱炎を必ず完治させることが可能です。繰り返す膀胱炎に悩んでいる方はクラビットを常備することをおすすめします。

クラビットの副作用

クラビットの副作用

「クラビットの効果」で説明してきたようにクラビットはあらゆる感染症に効果的な薬として認知されていますが、薬なので少なからず副作用というのも存在しています。ですが、基本的には発症することが少ないと言われているのでそこまで心配する必要もありません。主に報告されている症状としては
不眠
めまい
下痢
吐き気
発疹

などです。

ですが、クラビットを服用した方が皆発症するというわけではありません。もちろん中には副作用が出やすい人、全く出ない人などが存在します。基本的に体質によって左右されます。副作用に限らず、薬の効果自体が効きやすかったり効きにくかったりもあります。また、クラビットを服用することで副作用が発症してしまう確率というのもかなり低いです。

平均0.1%~0.5%程度の頻度でしか現れないと言われているのでそこまで心配する必要はありません。現れたとしても少しの時間で治まるものばかりです。もし上記のような副作用があらわれ、少しの時間でも治まらないようであれば医師への相談が必要となってきます。

クラビットの重篤な副作用

クラビットには体質的に全く合わない、正しい飲み方をしていない、併用禁忌薬と併用してしまったとなると重篤な副作用を招いてしまう危険性がありますので注意しておきましょう。また、必ず自分は服用しても大丈夫か確認をとってからクラビットを服用するようにしてください。クラビットを服用したことで起きてしまう重篤な副作用を紹介します。

ショック ショックが発症することによってじんましんが出たり、顔が赤くなる、かゆみ、動悸、しびれ、息切れなどといった症状があらわれます。
アナフィラキシー様症状 かゆみ、くしゃみがでる、吐き気、嘔吐、呼吸困難、血圧低下、発熱などといった症状があらわれます。
けいれん 吐き気、めまい、ぼんやりする、よろめく、興奮状態になるなどといった症状があらわれます。
中毒性表皮壊死症 皮膚が焼けるような痛みに襲われる、皮膚が赤くなる、発熱、水ぶくれ、口内の荒れなどといった症状があらわれます。
肝機能障害 倦怠感、食欲低下、吐き気、常に眠い状態、呼吸困難、黄疸などといった症状があらわれます。
間質性肺炎 発熱、呼吸困難、息切れ、動悸などといった症状があらわれます。
間質性腎炎 発熱、吐き気、下痢、尿が濁る、関節の痛みなどといった症状があらわれます。
急性腎不全 下痢、吐き気、脱力感、むくみ、腹痛、関節の痛みなどといった症状があらわれます。
黄疸 吐き気、嘔吐、足浴不信、発熱、発疹、倦怠感、皮膚や白目が黄色くなるなどといった症状があらわれます。
溶血性貧血 発熱、貧血、皮膚や白目が黄色くなるといった症状があらわれます。
汎血球減少症 全身のだるさ、息切れ、めまい、頭痛、動悸、鼻血、歯茎の出血などの症状があらわれます。
低血糖 動悸、脱力感、冷や汗、急激な空腹感などといった症状があらわれます。
アキレス腱炎 腫れ、かゆみ、赤くなる、腱周辺の痛みなどといった症状があらわれます。
抑うつ 頭痛、倦怠感、腰痛、下痢、便秘、発汗、息苦しさ、肩こり、食欲不振などといった症状があらわれます。

重篤な副作用というのは上記で挙げる以外にも様々あります。また、報告されていない副作用を招いてしまう危険性もあります。クラビットを服用できない方や正しい服用方法を行わなかった方などは上記のような症状が出てしまう危険性がありますので、注意しましょう。

クラビットの飲み方

クラビットの飲み方

飲み方としましては、1日1回500mgを水、またはぬるま湯で服用するようにしましょう。この際、250mgの場合は2錠飲むようにしましょう。また、重度の症状だと思われる方の場合は、500mgより多めの750mgを1日1回、それを3日服用するようにしましょう。ちなみにクラミジアの服用日数は平均にして、約1週間程度と言われています。症状によっては紹介した容量や日数と変わってきてしまうのでかかりつけの医師にご相談の上、服用するようにしましょう。

現在の日本では多くの医師がクラビットを処方しています。その一方で、どんな場面でもクラビットを使用し続けて有効性が低くなるという事もあります。これはクラビットに限らない話になりますが、有効な抗菌薬を使えば使うだけ、効果はどんどん落ちていきます。そのため、使用する際には、クラビットが本当に必要な場面か考え、そして、容量用法を必ず守って服用するようにしましょう。

クラビットの禁忌・注意事項

クラビットの禁忌・注意事項

抗生物質の中でも効果がとても強力であるクラビットですが、重要な禁忌事項もありますので注意して服用しなければなりません。そのためクラビットは日本では医師の処方がなければ入手することが困難となっている薬です。通販でなら処方せんもいらず購入することは可能です。簡単に禁忌事項や注意事項を紹介していきますので頭に入れておくようにしましょう。

服用不可能とされている方

服用不可能とされている方

妊娠している可能性のある方妊婦小児などはクラビットは危険なため服用禁止とされています。クラビットの添付文書には原則そう書かれていますが、炭疽等の重篤な疾患に限っては、治療上の有益性を考慮すると判断された場合は使用しても構わないとされています。クラビットは効果がかなり強力な分副作用も強く出てしまう危険性があるためです。また、前歴にオフロキサシンに対するアレルギーがある方も服用不可能とされています。

慎重に服用しなければならない方

高度の腎機能障害の方
てんかんなど、けいれん性疾患、その前歴がある方
重い疾患(不整脈や虚血性心疾患等)をお持ちの方
キノロン系の抗菌薬に対するアレルギーの前歴がある方
重症筋無力症をお持ちの方
高齢者の方

上記に当てはまる方は服用する際はかかりつけの医師に相談の上、服用するようにしましょう。

併用に注意

併用に注意

クラビットを服用する際は必ず常用薬との併用が大丈夫か確認してから服用するようにしましょう。もし常用薬が併用禁忌薬だった場合は思わぬ副作用を招いてしまい、クラミジアの治療どころではなくなってしまう場合がありますので注意してください。

ステロイド薬を併用薬としている方は注意してください。アキレス腱障害の副作用が出ると指摘があります。

マグネシウムやアルミニウムなどが含まれている胃腸薬とクラビットを併用してしまうと効果が落ちることがあるようです。効果を落とさないように服用してから2時間以上の間隔は少なくともあけるようにしましょう。

ロキソニン(一般名:ロキソプロフェン)など、陣痛剤との併用の場合ですと、けいれんを起こしやすくなるとも言われています。中でもてんかん等の持病を持っている方や高齢者の方が特に多いと言われています。

この様にクラビットは様々な感染症に効果的で期待できますが、服用不可能な方や注意しなければいけない方等が少なからず存在しています。もし自分が上記であげた中に当てはまるようでしたら、医師に相談の上、クラビットを服用するようにしましょう。

クラビットとロキソニンを併用

クラビットとロキソニンを併用してしまうと最悪の場合けいれんを起こしてしまう可能性があるというのは上記で記述しました。実際にクラビットの添付文書にも「フルルビプロフェン(ロキソニンの成分)と併用した場合けいれんを起こす恐れがある」と記載されています。ですが、クラビットとロキソニンの併用というのは禁止というわけではなく、あくまでも注意というものです。

クラビットとロキソニンを併用せず、クラビット単体で服用していたとしてもけいれんを起こしてしまう可能性というのはあります。確率的にはとても低く、クラビット自体副作用が起きる確率は0.1%~0.5%、その中でけいれんを起こしてしまう確率は0.01%未満というものです。さらにロキソニンを併用しても副作用が出る確率は変わらなかったと結果が出ています。そのためクラビットとロキソニンを併用したからといってけいれんが起きる確率がかなり上昇するというわけではないことが分かります。

上記で挙げているロキソニンというのは医師から処方された薬です。医師から処方されたロキソニンの場合はクラビットと併用することは可能ですが、市販のロキソニンやイブプロフェンと併用した場合は副作用がより強く出てしまう危険性もあります。そのためクラビットを服用期間中に自己判断で市販のロキソニンなどを使用するのは控えるようにしましょう。もし頭痛などが起こり、痛み止めを飲みたいという場合は医師に相談するようにしましょう。

クラビットを通販で購入

クラビットを通販で購入

クラビットは通販を利用して購入するのが一番おすすめです。通販のメリットとして
・時間が取られない
・場所を選ばない
・誰にもバレない
・薬代だけなので無駄な出費がない

といったように多くのメリットがあります。
病院の場合は専門の医師が診てくれるという点では大きいですが、出費や時間が取られるなど、通販と比べたら多くのデメリットがあります。 また、通販なら誰にもバレることはなく、移動時間内で注文することができるので大変便利で多くの方に利用されています。 おすすめの通販は「お薬なび」です。サポートも充実しており、100%正規品なので安心感が違います。電話での問い合わせもあるので何か不明点があったら気軽に連絡できるのも良いですね。配送番号で荷物の配送状況を知る事が出来るので安心です。クラビット以外にも色々な薬が販売されているので目を通してみても良いかと思います。

※リンク先はクラビットジェネリックです。

通販はお薬なびがおすすめ

お薬なびという通販サイトがあります。この通販サイトは個人輸入代行の通販サイトとなっており、クラビットも販売されています。何がおすすめなのか。それは100%正規品となっており、サポートも充実しているため信頼性も高いです。電話での問い合わせもありますので何か不明な点があっても電話すれば大丈夫という安心感があります。頻繁にお得なキャンペーンもやっているので気になった方は目を通してみても良いかと思います。

通販での購入方法

通販での購入方法としましては、大手の通販サイトと全く同じです。購入というボタンを押し、購入手続きに進むだけです。あとは銀行振込かクレジットカード決済かを選べばそこで終了です。1週間~2週間程度で自宅にクラビットが届きます。もし、クラミジアかどうか分からず、検査キットのみを買いたいという場合は一緒にクラビットも購入しておくことをおすすめします。検査キットを使用して陽性だった時、手元にクラビットがあればそのまま治療することが可能です。また、クラビットを購入する際はもしもの時を考えて少し多めに購入しておきましょう。

※リンク先はクラビットジェネリックです。

クラビットの通販のメリット

薬代だけなので無駄な出費がない

時間が取られない

通販の場合はパソコンやスマートフォンからすぐに注文することができます。購入するものがクラビットともう決まっているのならば5分もあれば簡単に注文が可能です。病院で処方を望む場合は診察から処方までかなりの時間拘束されてしまいます。社会人ともなると仕事の都合もあってか、中々まとまった時間が取れないから病院へ行けず、そのせいでクラミジアがどんどん進行していって重篤な病気へ繋がるなんてことも考えられます。そんな方には通販を強くおすすめします。職場のちょっとした休憩時間内でも注文することが可能なので、病院へ行く時間が取れないという方や面倒くさいという方は通販で購入しましょう。

場所を選ばない

通販は時間が全く取られないので場所も関係ありません。どんな時にどんな場所にいても簡単に注文することができます。スマートフォン1つあればどこでも購入することが可能となっているので大変便利です。注文が終えたら、あとは自宅に届くまでただ待つだけです。このようにちょっとした時間や場所を選ばない事からクラビットを通販で購入するというのは今では多くの方が利用しています。

通販なら誰にもバレない

クラビットを通販で購入する際のメリットとしては上記でも挙げた4つが一番の利点かと思います。特にクラミジアに感染してしまっているという状況で誰にもバレずに治療をしたいという方は多いと思います。実際にクラミジアに感染しましたと人に言うのは恥ずかしくて言えないと思います。病院で診てもらうとなった場合はもしかしたら知り合いにばったり会ってしまう可能性だってあります。ですが、通販を利用すればクラミジアを治療するためにクラビットを購入したと分かるのは自分だけです。配達員ですら箱に商品名が記載されていませんので何が入っているのかわかりません。そのため、通販でクラビットを購入して完治させてしまえば誰にもクラミジアに感染していたなんて知られることはありません。

薬代だけなので無駄な出費がない

通販は純粋に薬代だけとなりますので病院と比べるとかなり出費を抑える事ができます。また、ジェネリックともなると、新薬よりもっと安く設定されているため、もっと出費を少なくすることができます。病院の場合は薬代に加えて診察代も加わってきますので、継続的に通院するとなるとかなり痛い出費となります。クラビットは250mgで1錠約230円~250円程度です。病院の場合はこれに加えて診察代がかかります。クラビットのジェネリックの場合は半分以下の1錠約90円~100円程度となっています。

クラビットのジェネリックを病院で処方してもらいたいという方も多くいると思います。ですが、現状まだ日本では未承認とされているため、病院で処方される機会というのはありません。通販を利用しなければ購入することはできません。できるだけお金をかけたくないという方もクラビットのジェネリックなら効果は同様なので、クラミジアを格安で治療することができます。

ジェネリックが購入できる

クラビットのジェネリック医薬品というのは日本では未承認のため、処方される機会がありません。そのため、購入するには通販を利用しなければ購入は不可能です。ジェネリックの強みとしての一番は価格が圧倒的に安いという部分です。新薬のクラビットと比べると、1/3程度の値段で購入することができます。安いからと言って効果が半減したりという事はありません。同じ成分を使用しているため、効果、服用方法、副作用まで、全て新薬クラビットと同じになっています。また、ジスロマックのジェネリックであるアジーも購入することができ、これも新薬ジスロマックと比べるとかなり安く設定されています。

処方箋を必要としない

クラビットは基本的に処方箋薬です。処方箋薬というのは病院へ行き、医者から処方箋を出してもらわなければ受け取る事のできない薬です。そのため、クラビットをコンビニやドラッグストアで購入するといったことはできず、通常は病院へ行き、処方箋を出してもらわなければなりません。ですが、通販なら処方箋は必要とされず、簡単に誰でも購入することができます。そのため、自分で必要な薬を必要な分だけ購入することが可能です。

通販のデメリット

通販で購入する際のデメリットとしては到着までに時間がかかる事です。基本的に注文してから1週間程度を目安で見ておけばいいですが、商品の在庫や土日祝日、税関の混雑状況によっては2週間程度待つこととなります。通販を利用する際のデメリットとしてはこの点のみです。2週間くらいならそこまで苦痛じゃないという方の場合は通販は向いています。

通販と病院との比較

通販と病院との比較

クラビットを通販で購入するのと病院で処方してもらうのではどちらが良いのでしょうか。通販の大きなメリットとして時間が取られない、場所を選ばない、無駄な出費がない、誰にもバレない、ジェネリックが購入できる、処方箋を必要としないと多々挙げました。

病院の場合は専門の医師が診察してくれるため、服用方法、薬自体の安全性が保たれています。ですが、出費もかさんでしまったり医師によっては梅毒なのにクラミジアと誤診してしまう方もいます。また、保険サインが不可欠なものとなりますので、クラミジアと家族にバレてしまう可能性もあります。

その他にも病院の場合は必要な分しか処方してくれませんので、もしもの時に備えて貰うことは不可能です。クラミジアの治療中にクラビットが足りなくなった場合ももう一度病院へ足を運ばなければなりません。

そう考えると通販の場合は自己責任となりますが、病院で処方してもらう場合の面倒くささは全てありません。郵便局留めもできるので実家の方でも家族にはバレずに商品を手に取る事が可能です。

悪徳通販サイトに注意

悪徳通販サイトに注意

クラビットを含めたクラミジアの治療薬というのは日本のどこを探してもドラッグストアや薬局では購入できません。そのため病院での処方、もしくは個人輸入代行サイトを利用して購入するしかありません。そこで出てくるのがクラビットの偽物を掴まされる可能性があるということです。バイアグラやダイエット薬などはよくニュースにもなるくらい偽物が出回っています。このような現状をみてみると、クラミジア治療薬の抗生物質も絶対に偽物はないとは言い切れません。個人輸入代行サイト自体は違法ではありませんが、明らかに怪しいと分かるサイトでの購入は控えるようにしましょう。危ないサイトの例を出すならば、日本語が不自由なサイト、電話やメールでの問い合わせる方法がないサイト、クレジットカード払いができないサイト等が危険性の高いサイトです。ちなみに他のサイトと比べて欲しい商品の値段が安すぎるというのも注意が必要です。

それではどんなサイトなら安心して買える?という疑問が湧いてくると思います。悪徳サイトの場合、今では口コミなどで広がり、何年も持たずにすぐサイトが閉鎖してしまいます。そのため、信用性の高いサイトというのは何年も経っています。そのようなサイトは先ほど記述した例とは逆で、日本語を対応しており、電話やメールでの問い合わせも対応しています。かなり安いとは言えないかもしれないですが、比較的安価で新薬やジェネリックを購入することができます。もちろんクレジットカード払いにも対応しています。購入する際にはしっかり信用のあるサイトから購入するようにしましょう。

クラビットのジェネリック

クラビットにはジェネリック医薬品という薬があります。どんな薬なのか説明すると成分には同じレボフロキサシンが含まれており、効果、副作用、服用方法など全てクラビットと同じになっている薬です。何が違うのかというと値段です。クラビットよりもかなり安く購入することができ、同じ成分、効果なので今ではとても人気な薬と言えます。

エルクイン

エルクイン

クラビットのジェネリックとして一番代表的な薬はエルクインという薬です。エルクインはクラビット同じレボフロキサシンという成分を主成分として含んでいるため、効果、副作用、服用方法などは全てクラビットと同じです。

クラミジアにとても効果を発揮し、淋病や梅毒、性病以外なら咽頭炎や扁桃炎など様々な感染症に効果的です。クラビットと全く同じ成分、効果ですが、唯一違う点は値段です。

エルクインはクラビットの約1/3程度の値段で購入することが出来ます。これほど安いエルクインですが、病院やクリニックといった場所では処方されることは一切ありません。

日本国内の病院やクリニックで処方される事がなければ薬局やドラッグストアといった場所にはもちろん置いてありません。どのようにして購入するかというと通販の利用です。

エルクインは通販を利用しなければ購入することは不可能となっている薬なのです。クラビットと比べるとエルクインはかなり安いので通販を利用してみる価値もあります。

エルクインはクラビット同様で250mg、500mg、750mgの3種類があるので自分に合った用量を選んで服用するようにしましょう。

レボフロックス

レボフロックス

レボフロックスはエルクイン同様でクラビットのジェネリック医薬品となっています。そのためレボフロキサシンという成分が含まれており、固化、副作用、服用方法は全てクラビットと同じです。

クラビットを以前に服用したことのある方なら何も問題なく服用できるかと思います。また、このレボフロックスは250mgのものしかありません。ですが値段はエルクインよりもかなり安くなっています。

エルクイン250mgを1錠単価にすると安くて85円からです。ですが、レボフロックスを1錠単価にすると31円からとなっています。

クラミジア治療となると250mgの場合は1日2錠となっています。そのためエルクインは1日190円の出費ということです。ですがレボフロックスの場合は1日62円の出費です。3倍以上も値段の差が出てきます。クラビットの効果を出来るだけ安くして得たいという方はレボフロックスがおすすめです。

クラビットの種類

クラビットの種類

クラビットというのは3種類程度あり、それぞれ成分の内容量が異なってきます。

クラビット500mg

一般的なクラビットとなると500mgが多いかと思います。クラミジア治療の場合、クラビット500mgならば1日に服用するのは1回で済ませられることから飲み忘れる事も少ないと言えるでしょう。

日本人の場合はクラビット500mgで十分な効果を得られると言われています。そのため下手に用量を多くしたりしないようにしましょう。クラビット500mgで副作用が強く出てしまったり、体質的に合わないと思った場合はその半分の250mgもありますので、そちらにした方が良いでしょう。

クラビット500mgでも効果が全然実感出来ないという方の場合は750mgがありますので、そちらにすると効果を実感出来るかと思います。ですが、1つ注意点としては、750mgにすると効果が強くなるのは当然ですが、その分副作用が発症するというリスクも高くなってしまいますので注意してください。

クラビット250mg

クラビット250mgは主成分であるレボフロキサシンがクラビット500mgの半分しか含まれていませんので、クラビットをはじめて服用する方、クラビット500mgを服用した時に副作用が強く出てしまったり、体質的に合わないという方はクラビット250mgを服用しましょう。

クラビット250mgの場合は1日2錠飲まなければなりませんので、飲み忘れる事のないように注意してください。ただし、症状によっては1日1錠で大丈夫とされることもありますので、医師に相談するようにしましょう。

クラビット750mg

クラビット750mgというのは一般的なクラビット500mgを服用した時に効果をあまり実感できないという方や、重度の症状だった場合などに用いられています。主成分の量が多くなっていますので、効果も強くればその分副作用のリスクも大きくなります。

基本的に日本人でクラビット750mgを服用するというのはあまりありません。クラミジアなら250mg~500mgで十分なのでクラミジアを直したいという方の場合は250mgか500mgを購入するようにしましょう。

クラビットの口コミ

クラビットでクラミジアを実際に治した方の口コミを紹介します。通販の場合は病院よりも便利なのでリピーターも多く存在します。

誰にもバレず完治できた

私はクラミジアを持っていたのですが、既婚者だったので病院へ行けば妻にバレてしまいます。バレてしまったら最悪の場合離婚となってしまうのも怖かったので通販でクラビットを購入しました。銀行振込にして郵便局留めにしたので妻には一切バレずに購入できました。

ただ服用しているだけで治るので特別な事はいらずに安心ですね。私の場合は3日程度したら症状も治まったのですが、完治はしていないだろうなと思って1週間程飲み続けました。服用をはじめて1週間して検査キットで試してみたのですが結果は陰性。完全に治りましたね。

焦って病院へ行かずに良かったです。通販なら妻にもバレずに検査から治療まで終えられたのでもし次があったらまた使わせてもらいます。

時間がなかったので通販を利用

クラミジアとなれば病院へ行けばすぐに済む話ですが、私の場合は仕事が忙しく、時間もなかったので病院にはいけませんでした。そのせいで症状はどんどん悪くなっていきます。さすがにヤバイかなと思って解決方法を探していたところ、通販で購入できるというのを知ってすぐにクラビットを購入しました。

確実に救われました。通販で購入出来ることをもっと早く知りたかったです。実際に効果はバッチリで結果を言えば1週間程度でクラミジアはなくなりました。クラミジアを完治させた時にも検査は怠ってはいけないということだったので、しっかり検査しました。検査キットを使用して陰性が出たのでこれで完治したんだなと思って安心です。

常にクラビットは常備

風俗店に勤務しています。そのため仕事柄クラミジアを貰いやすかったりするのでクラビットは常に常備しています。基本的にはお客さんから貰ってしまうため治ったかと思えばまたすぐにクラミジアを貰ってしまうこともあります。クラミジアになってしまうたびに病院へ行くとなると時間もお金も無駄になってしまうのでいつも通販を利用して購入しています。

届くのが遅いといってもクラビットが無くなりそうな時に注文していれば手元は無くならずに済むので便利です。時間を無駄にしたくなかったり通院する面倒を考えると病院よりも通販がいいですね。