クラビットの研究所 | クラミジアから守る抗生物質

レボフロキサシンやアジスロマイシンは細菌を滅菌する効果のある成分です。

クラミジアの治療薬

クラミジアの治療薬 クラビットとは、クラミジアに感染した際に使用される薬の代表格と言えます。
このクラビットにはシプラ社により開発されたクラビットのジェネリック薬品も存在し、安価でクラミジアに感染した際に対処することがより可能となりました。
クラビット、そしてクラビット・ジェネリック薬の有効成分は同じレボフロキサシンであり、成分量は主に、250mg、500mg、750mgの3種類に分けられます。

また、ジスロマックやアジーはご存じでしょうか。
この薬は、とても即効性の高い薬として認知されており、このジスロマック、アジーもクラミジアを治す働きを持っています。
このジスロマックやアジーは、主成分はアジスロマイシンで、こちらもクラビットの有効成分と同じ、レボフロキサシンのように3種類の250mg、500mg、1000mgの3種類存在します。
こちらの方が1000mgと有効成分が多いことにより、利用者はジスロマックを利用する人もいます。
また、このジスロマックの人気の利用としては、錠剤タイプとシロップタイプの2種類あることから、利用者の飲みやすい方も選ぶことができるのでとても利便性も高いとのことで人気があります。

今、上記に記した2つの医薬品を紹介したが、そもそもクラミジアに関しての知識をはき違えている方は多くいます。

今でこそ、性病の一番の感染者数が多い病気となっているが、そもそもは眼の病気であったのが、人々が綺麗な水を使用することが出来る環境を整えたことで、眼の病気であったクラミジアの病原体となるトラコーマは消えていったのだが、男女の性器のみ残ったとのことなのです。
今や日本で一番の感染者を持つ性病なわけですが、特にこのクラミジアに関しては気づかれないことが多い為、とても厄介とされている。
男女共に自覚症状がないまま、性交を行うことで、どんどん爆発的に広がっていったのであろうと推測されているほどだからだ。
そのため、このクラミジアの感染者の大体の年齢は、10~20代となっている。さらに、若年層に流行るこのような病気の特徴としていえることは、若いからこそこういった感染症を甘く見ていたり、恥ずかしがったり、または金銭的な問題などでそのままにしてしまうことが多々あり、そういったことでさらに爆発的に感染者の数が伸びたのだとされています。
もしこの記事を読んだ若い方がいらっしゃったのであれば、しっかりと性病に対しての知識とともに、上記であげた薬を常時保有するなど、対処をしてもらいたい。