クラビットの研究所 | クラミジアから守る抗生物質

クラミジア感染した際にはPCR法とHC法があります。精度が高く確実な検査結果を得ることが出来ます。

クラミジアの検査方法

クラミジアの検査方法 クラミジアを検査するには、まず感染しているかを判断する為にいくつかの方法で検査が行われます。
性病への感染を「恥ずかしい」「知られたくない」という方もいる事から病院で検査を行う以外にも自宅で検査する方法もあります。
共通して理解しておかなけらばいけないのは、感染する場所は性器以外にも咽頭(ノド)や肛門またはその周囲に感染する可能性もあるので、特に自宅で検査キットを用いる場合には注意が必要で、細菌が検出されれば感染していることになります。

【必ず抑えておきたいPoint】
仮に感染していた場合でも、細菌には潜伏期間があるので感染者とSEXした場合でも、すぐに検査をしても検出できないことがあります。
なので、潜伏期間が1~3週間とされているのでしばらくは日を置かなければなりません。

・性器への感染
尿道または膣の分泌液を検査

・ノドへの感染
ノドの粘膜を採取

・その他
血液採取で検査

病院での検査

・PCR法
簡単にいうと採取した分泌物や血液を温める冷やすを交互に繰り返すことで、DNAを増やすことで菌がいるかいないか確かめる方法になります。
基本的には尿検査と変わりませんが、女性は尿ではなく膣の分泌液から、ノドは粘膜の採取となります。
また尿は寝ている時に溜まった尿を検査するのが良いとされているので、起きて一番最初の尿での検査となります。

・HC法
PCR法との違いは、DNAを増やさないで細菌を検出する方法になります。
また、クラミジアが成立しているかを近い形で検出することができるので、最近ではこちらの方法に注目が集まっていて検査キットの郵送サービスを展開している会社などでも導入されてきています。
細菌を増やさないことで高い感度で検出することができ精度が高いとも言われています。
尿や分泌液の採取といった部分は同じになります。

自宅での検査

郵送する事で検査が行える方法になっています。
いくつか理由はありますが、この方法を利用する多くの方は病院に抵抗感があったり、病院に行く時間が無いなどの理由から利用する方が多い様です。
STDチェッカーというのが有名で、血液や尿などを自分で採取してそれをポストに投函する事で後日、検査結果が自宅で届くようになっています。
匿名で送ることもできるので人に知られたくない方などにもオススメで、クラミジアだけでなく他の様々な性病にも対応しています。