クラビットの研究所 | クラミジアから守る抗生物質

クラミジアの症状は男女によって異なりますが、自覚症状がないことが共通であり放置しては危険な病気です。

クラミジアの男女別の症状

クラミジアの男女別の症状 だれにでも感染する可能性がある性感染症の中でも特に多いのがクラミジア症への感染です。
なんと国内に感染している方は100万人を超すとされていて、知名度・感染率はトップクラスの感染症になっています。
しかも、この原因となっているトラコマティス菌という細菌の感染力は非常に強いです。
1回のSEXで感染する可能性は約50%とされ、たった2回のSEXで感染する可能性があります。
また、非常に厄介な特徴をもっていて感染した事に気付けるのは少なく、

・女性…20%
・男性…50%

となり、男女に関係なく無自覚なまま症状を放置してしまい症状の悪化や感染を蔓延させてしまう原因になっています。
悪化すると激痛が走るとも言われているので、感染の可能性はだれにでもあるだけに発見を早める為に男女別に初期症状をまとめておきます。

女性が感染した場合の症状

80%は自覚できないので特に注意が必要です。

・黄色のオリモノが増える
・SEX後に軽い出血を起こす

分かりにくい症状ですよね。これは生理前にも似た様な症状を起こすので女性は男性に比べると特に自覚できないと言われています。
感染の初期は子宮頸管炎を起こした状態になりますが、子宮内膜へ移行し卵管や腹腔内(肝臓などの臓器)へと病巣が広がるので「子宮付属器炎」や「骨盤腹膜炎」などを起こ下腹部に激痛が走る事で感染が分かる事もあり、ひどい場合では救急車で搬送される女性もいます。

男性が感染した場合の症状

50%は自覚できないので女性に比べればと思いがちですが、悪化することで生涯で自分の遺伝子を残す事ができなくなる事もあります…。

・尿道に痒み
・痛み
・ペニスを圧迫することや尿の排泄時に白い色をした膿のような分泌物のが出る

菌が尿道に住み着いているので尿道炎を起こしますが、気付かずにいるとやがて精巣に病巣を広げてしまい精巣上体炎をおこし無精子症となるので、自分の精子で子供を望めない体になりことも最悪の場合では考えられます。
男女共通で言えるのは、他の性病を合併症としてかかる可能性が高まり、エイズに関しては感染率が5倍にも跳ね上がるのでクラミジアに感染していること自体が危険な状態でもあります。

簡単にできる性病対策

お互いが妊娠を希望しないSEXであれば必ずコンドームを付けることが大切です。感染を確実に防ぐ事はできませんが、かなり感染率を抑えられます。
また、自覚しにくいだけに定期的に検査を受けることがオススメです。
できる限り発見を早める事ができれば治療期間も短くなるので、少しの違和感でも検査することが良いです。