クラビットの研究所 | クラミジアから守る抗生物質
クラビットの研究所 TOP > クラミジアの症状

クラミジアは自覚症状がなく、放置しては危険な病気です。一刻も早く症状を抑えるためにも治療薬を用いて治療しましょう。

クラミジアの男女別の症状

クラミジアの男女別の症状 だれにでも感染する可能性がある性感染症の中でも特に多いのがクラミジア症への感染です。
なんと国内に感染している方は100万人を超すとされていて、知名度・感染率はトップクラスの感染症になっています。
しかも、この原因となっているトラコマティス菌という細菌の感染力は非常に強いです。
1回のSEXで感染する可能性は約50%とされ、たった2回のSEXで感染する可能性があります。
また、非常に厄介な特徴をもっていて感染した事に気付けるのは少なく、

・女性…20%
・男性…50%

となり、男女に関係なく無自覚なまま症状を放置してしまい症状の悪化や感染を蔓延させてしまう原因になっています。
悪化すると激痛が走るとも言われているので、感染の可能性はだれにでもあるだけに発見を早める為に男女別に初期症状をまとめておきます。

女性が感染した場合の症状

80%は自覚できないので特に注意が必要です。

・黄色のオリモノが増える
・SEX後に軽い出血を起こす

分かりにくい症状ですよね。これは生理前にも似た様な症状を起こすので女性は男性に比べると特に自覚できないと言われています。
感染の初期は子宮頸管炎を起こした状態になりますが、子宮内膜へ移行し卵管や腹腔内(肝臓などの臓器)へと病巣が広がるので「子宮付属器炎」や「骨盤腹膜炎」などを起こ下腹部に激痛が走る事で感染が分かる事もあり、ひどい場合では救急車で搬送される女性もいます。

男性が感染した場合の症状

50%は自覚できないので女性に比べればと思いがちですが、悪化することで生涯で自分の遺伝子を残す事ができなくなる事もあります…。

・尿道に痒み
・痛み
・ペニスを圧迫することや尿の排泄時に白い色をした膿のような分泌物のが出る

菌が尿道に住み着いているので尿道炎を起こしますが、気付かずにいるとやがて精巣に病巣を広げてしまい精巣上体炎をおこし無精子症となるので、自分の精子で子供を望めない体になりことも最悪の場合では考えられます。
男女共通で言えるのは、他の性病を合併症としてかかる可能性が高まり、エイズに関しては感染率が5倍にも跳ね上がるのでクラミジアに感染していること自体が危険な状態でもあります。

簡単にできる性病対策

お互いが妊娠を希望しないSEXであれば必ずコンドームを付けることが大切です。感染を確実に防ぐ事はできませんが、かなり感染率を抑えられます。
また、自覚しにくいだけに定期的に検査を受けることがオススメです。
できる限り発見を早める事ができれば治療期間も短くなるので、少しの違和感でも検査することが良いです。

クラミジアが治らない原因

クラミジアが治らない原因 クラミジアはしっかり治療を行えば完治することのできる性病です。
クラビットジスロマックを服用しているのになかなか治らないという方は何かしら原因があると考えられます。

普通ならば抗生物質の効果に疑いの目を向けることと思いますが、それとはまた別の原因があることが多く、その原因を突き止め、理解することが先決です。

血液中にクラミジアが残っている

一度クラミジアに感染すると、血液中に抗体ができるため、検査をした時に陽性と出ることがあります。病院等で診察してもうら場合には過去に感染した時の状況などを聞かれることがありますので、メモ等を取り、記録しておいた方が良いでしょう。
クラビットやジスロマック等のどの抗生物質を使用したか、服用期間や感染期間等を聞かれると思います。
このような過去のクラミジア治療に関することを考慮すると、現在は感染していなくても、血液中に抗体が残っていると判断され、陽性と出てしまうケースがあります。

治ったと思いこみ再検査していない

治ったと思いこみ再検査していない クラビットやジスロマックを服用して、症状がだいぶ治まってきたからもう治っただろうと思い、自己判断で治療を中断させてしまわないようにしてください。
再検査を怠ると体内にまだ菌が残っていた場合、再度感染が広がっていき治療が困難な状況になってしまう危険性があります。一度感染しても耐性がつくことはなく、何度でも感染してしまう可能性がありますので注意が必要です。

体内に菌が残っている状態でSEXした場合でも約半分の確立で感染させてしまいます。そのため、自己判断で治療の中断はせずに、しっかりと再検査は受ける事が大切です。

用法用量を守らず服用している

病院で診察してもらった場合、医師からの指示がありますので必ず守るようにしましょう。正しい服用方法を守らないと効果を得ることが難しくなってしまいます。先程も記述した通り、クラミジアはしっかり治療を行えば完治することのできる性病です。指示された用法用量を守って服用するようにしましょう。

他の性病にも感染している

他の性病にも感染している 治療をしているのに治らないと思っている方は他の性病にも感染してしまっているケースが大半です。同時に淋病にも感染してしまっていることが多く、淋病は症状も良く似ており、気付きにくいという特徴があるため、クラミジアの治療はできたが淋病の治療はしていないので、治っていないと勘違いしてしまうことが多くみられます。
今ではクラミジアと淋病、どちらも自宅で簡単に検査することが可能なので、念のためどちらも検査することをおすすめします。

クラミジアの治療薬

クラミジアの治療薬 クラビットとは、クラミジアに感染した際に使用される薬の代表格と言えます。
このクラビットにはシプラ社により開発されたクラビットのジェネリック薬品も存在し、安価でクラミジアに感染した際に対処することがより可能となりました。
クラビット、そしてクラビット・ジェネリック薬の有効成分は同じレボフロキサシンであり、成分量は主に、250mg、500mg、750mgの3種類に分けられます。

また、ジスロマックやジスロマックジェネリックのアジーはご存じでしょうか。
この薬は、とても即効性の高い薬として認知されており、このジスロマック、アジーもクラミジアを治す働きを持っています。
このジスロマックやアジーは、主成分はアジスロマイシンで、こちらもクラビットの有効成分と同じ、レボフロキサシンのように3種類の250mg、500mg、1000mgの3種類存在します。
こちらの方が1000mgと有効成分が多いことにより、利用者はジスロマックを利用する人もいます。
また、このジスロマックの人気の利用としては、錠剤タイプとシロップタイプの2種類あることから、利用者の飲みやすい方も選ぶことができるのでとても利便性も高いとのことで人気があります。

今、上記に記した2つの医薬品を紹介したが、そもそもクラミジアに関しての知識をはき違えている方は多くいます。

今でこそ、性病の一番の感染者数が多い病気となっているが、そもそもは眼の病気であったのが、人々が綺麗な水を使用することが出来る環境を整えたことで、眼の病気であったクラミジアの病原体となるトラコーマは消えていったのだが、男女の性器のみ残ったとのことなのです。
今や日本で一番の感染者を持つ性病なわけですが、特にこのクラミジアに関しては気づかれないことが多い為、とても厄介とされている。
男女共に自覚症状がないまま、性交を行うことで、どんどん爆発的に広がっていったのであろうと推測されているほどだからだ。
そのため、このクラミジアの感染者の大体の年齢は、10~20代となっている。さらに、若年層に流行るこのような病気の特徴としていえることは、若いからこそこういった感染症を甘く見ていたり、恥ずかしがったり、または金銭的な問題などでそのままにしてしまうことが多々あり、そういったことでさらに爆発的に感染者の数が伸びたのだとされています。
もしこの記事を読んだ若い方がいらっしゃったのであれば、しっかりと性病に対しての知識とともに、上記であげた薬を常時保有するなど、対処をしてもらいたい。