クラビットの研究所 | クラミジアから守る抗生物質

クラミジアを気づかぬまま放置しておくと様々な病気の発症の原因にも繋がります。

クラミジアの二次被害

クラミジアの二次被害 クラミジアは性感染症の1つとなり、その中でも国内感染率はNo.1で誰の身近にもある感染症です。
この病気のもっとも怖いところは身近に感染しやすいこともそうですが、本当に怖いのは自覚症状が出にくいという事です。
女性では8割、男性では5割の方が気付かぬままで放置している状態が続いていると言われ、そのままSEXを行ってしまうことで感染を拡大させてしまいます。
国内トップクラスの感染率があるだけにこの病気を罹患している方は100万人にものぼると言われ、症状を自覚できない事が多くの人を苦しめる結果になっています。
また、感染している本人は感染を拡大させるだけでなく二次被害も引き起こされるので、場合によってはただの性病として片付けられない状態にまで悪化してしまうこともあります。
女性と男性は体の作りが違うので男女に分けて、その初期症状と二次被害について紹介していきます。

【女性】

・オリモノが増える
・SEXした後に軽い出血

となり、生理前などにも同じ様なことが起こることから女性は男性よりも症状を自覚出来ないと言われています。
最初は子宮頸管に住み着くことで子宮頸管炎を起こしますが、放置することで子宮内膜→卵管→臓器まで病巣を広げることがあり、堪え難い痛みを伴うことがあります。
進行することで、子宮付属器炎や骨盤腹膜炎といった体の様々なところで炎症を起こします。
状況が更に悪化すると子宮外妊娠をしたり不妊症、「絨毛膜羊膜炎」を起こすことで流産や早産を起こすようにもなってしまいます。
妊娠していて産道に感染がみられた場合には母子感染することもあり、生まれた子供が肺炎をおこしたり結膜炎を起こしてしまうこともあります。

【男性】

・痛み
・かゆみ
・透明な膿

などが尿道にみられます。
悪化すれば、尿道を経由して前立腺や精巣に病巣が広がるので、前立腺炎や副睾丸炎、場合によっては肝炎や腎炎など臓器に炎症をおこしてしまう事になります。
また、副睾丸炎ですが精巣に炎症をおこすので場合によっては精巣の機能を失わせてしまい男性不妊の原因となる事も有ります。
クラミジアは悪化することで新しい命にも影響を与えるので、悪化させない為に早期発見・早期治療を心掛け、初期の段階で治療が行えるようにしましょう。