クラビットの研究所 | クラミジアから守る抗生物質

クラリスロマイシンはクラミジアや淋病、ニキビなど様々な症状に効果があります。風邪には効果があるのでしょうか。

クラリスロマイシンの効果

クラリスロマイシンの効果

クラリスロマイシンはマクロライド系に分類される抗生物質です。クラミジア淋病といった性病にはもちろん、その他の中耳炎や皮膚感染症など様々な感染症に効果的とされています。

ただし、抗生物質となるので細菌に対してはとても効果的ですがウイルス性の症状に対しては一切効果がありません。風邪などをクラリスロマイシンで治療しようと考える方がいますが、服用したところで一切効果はありませんので注意してください。

また、クラリスロマイシンは通販で購入することでとてもお得でメリットが多数あります。クラミジアの治療を誰にもバレたくないという方は通販でクラリスロマイシンを購入しましょう。クラミジアの検査キットも同時に購入しておくことで誰にもバレず、自宅にいながら1人で検査から治療まで全て行う事ができます。

クラリスロマイシンのクラミジアへの効果

クラリスロマイシンは様々な感染症に効果的というのは先程説明しました。

良く使用される病気でいうとクラミジア、淋病、梅毒といった性病。それ以外にも皮膚感染症や中耳炎、呼吸器感染症、インフルエンザ菌といったものに対しても効果的です。

中でもクラミジアの治療にはとても効果を発揮し、2週間程度の服用で除菌率が約90%と報告があります。ただし、この治療中に飲酒をしてしまうと治癒率が一気に下がってしまうので注意しましょう。また、性行為をしてしまうと再感染する恐れがあります。

「クラミジアの治療薬」というとクラビットが病院で処方される確率が非常に高いです。ですが、クラビットは性病に効く薬の中でも比較的効力が高く、妊婦の方などは服用できないとされています。

クラリスロマイシンはクラビットと比べると少し効力は抑えめとなっていますが、副作用もかなり少なく安心して服用することのできる薬です。ただ、妊娠中の方や授乳中の方が服用する場合は必ず医師への相談が必要となります。

クラリスロマイシンのクラミジアへの効果

クラビットは細菌を死滅させる効果があるのに対し、クラリスロマイシンは細菌の増殖を抑える働きとなります。細菌の増殖を抑えるため細菌が自然と消えていくのです。

直接細菌に対して攻撃するわけではないため、クラリスロマイシンは副作用も少なく効果を発揮できるのです。

クラリスロマイシンというのは一般名で、商品名では「クラリス」や「クラリシッド」など言われています。中耳炎になった事がある方なら聞いたことあるのではないでしょうか。ちなみにクラリスロマイシンは小さな子どもでも処方されるほど安全な薬で、錠剤の他にもドライシロップなど存在します。

クラリスロマイシンはマクロライド系の薬に分類されています。マクロライド系というと有名なのはジスロマックです。ジスロマックも副作用が少なく、クラリスロマイシンと同じ細菌の増殖を抑える効果があります。

セフィム系やペニシリン系の薬が登場してからクラリスロマイシンはあまり使われなくなりました。ですが、セフィム系やペニシリン系の効かない細菌によってはこのクラリスロマイシンが使われることがあります。また、セフィム系の薬が使えないという方にも代替薬として使用されることがあります。

クラリスロマイシンは風邪に効く

クラリスロマイシンがクラミジア、淋病、梅毒といった性病の他にも様々な感染症に効果的というのは上記で説明しました。上記で説明した以外にも風邪を引いた時にクラリスロマイシンが解熱剤や咳止めの薬と共に処方される事があります。それはなぜなのか。

それは風邪を引いてしまったことで起こる二次感染などの恐れを防ぐためです。風邪の二次感染として細菌感染と合併してしまうというのが非常に多く見られます。ただの風邪なのに2日も3日も治らないという方もいるでしょう。そのような場合は二次感染を起こしてしまっている可能性が非常に高いです。気管支に細菌が感染してしまうと膿のような痰が出てしまったり、激しい咳を起こしてしまったりします。そのまま放置していると細菌による炎症が起こります。そうなると肺炎となってしまい、胸が痛くなったり高熱、また呼吸困難という症状が出てきます。このような二次感染を防ぐ、また治療するために風邪を引いてしまった場合でもクラリスロマイシンが処方されるのです。

クラリスロマイシンは感染症にはとても効果的です。ですが、実際に風邪に対しての効果というのはありません。クラリスロマイシンが風邪に効くという記事をネットで少し目にしますが、実際は効きません。風邪は80%~90%がウイルス性と言われています。そのため、クラリスロマイシン単体を服用することで風邪が治るという事はまずありません。細菌が原因で起こるマイコプラズマや溶連菌感染症、百日咳となると感染症に効果的な薬が必要となってくるため、クラリスロマイシンが用いられる事があります。

クラリスロマイシンはニキビに効果あり

クラリスロマイシンはニキビの原因であるアクネ菌を死滅させる効果があります。白ニキビや黒ニキビといった軽度のニキビなら数日で効いてきます。赤ニキビといった炎症を起こしたニキビの場合は1週間。ニキビ跡は約1ヶ月程度で改善されます。背中やおでこといった場所でも2週間程度で効いてきます。またクラリスロマイシンはアクネ菌だけではなく黄色ブドウ球菌やマラセチア菌といった細菌にも効果的です。

黄色ブドウ球菌はニキビの化膿を悪化させてしまう原因です。マラセチア菌は背中のニキビやおでこのぶつぶつの原因となっています。

ニキビや吹き出物の原因であるアクネ菌という細菌は皮膚に常在しています。クラリスロマイシンはこのアクネ菌を死滅することは可能でニキビを出来なくさせることがあります。ですが、アクネ菌というのは常在菌と言われる細菌で、ニキビを作るだけの細菌ではありません。外からくる病原菌から皮膚を守る役目もあります。そのため、クラリスロマイシンでアクネ菌を死滅させてしまうと、ニキビはできなくなりますが、バリアの機能がなくなり、何らかの皮膚のトラブルを生む可能性が出てきます。また、クラリスロマイシンというのは長期間服用する薬ではありません。クラリスロマイシンを服用期間中はニキビが消えるかもしれないですが、服用を辞めた時に再びニキビが生まれてくる可能性がありますので注意が必要です。