クラビットの研究所 | クラミジアから守る抗生物質
クラビットの研究所 TOP > クラリスロマイシンの効果・副作用を徹底解説

クラリスロマイシンの効果、副作用について解説しています。通販なら安く、簡単に注文できるのでおすすめです。

クラリスロマイシンの効果・副作用

クラリスロマイシンの効果・副作用

クラリスロマイシンはジスロマックと同じマクロライド系の薬となりますので副作用は全く感じません。クラビットよりも効果は緩やかで安心して服用することができます。また、クラミジア以外にも中耳炎やインフルエンザ菌といった様々な感染症にも効果的です。通販でクラリスロマイシンを購入することで、クラミジアを誰にもバレる事なく治療することが可能です。比較的安く購入することが可能で、コストパフォーマンスに優れている薬です。

クラリスロマイシンの効果

クラリスロマイシンの効果

クラリスロマイシンは様々な感染症に効果的です。良く使用される病気でいうとクラミジア、淋病梅毒といった性病。それ以外にも皮膚感染症や中耳炎、呼吸器感染症、インフルエンザ菌といったものに対しても効果的です。クラミジアの治療にはとても効果を発揮し、2週間程度の服用で除菌率が約90%と報告があります。ただし、この治療中に飲酒をしてしまうと治癒率が一気に下がってしまうので注意しましょう。また、性行為をしてしまうと再感染する恐れがあります。

「クラミジアの治療薬」というとクラビットが病院で処方される確率が非常に高いです。ですが、クラビットは性病に効く薬の中でも比較的効力が高く、妊婦の方などは服用できないとされています。クラリスロマイシンはクラビットと比べると少し効力は抑えめとなっていますが、副作用もかなり少なく安心して服用することのできる薬です。ただ、妊娠中の方や授乳中の方が服用する場合は必ず医師への相談が必要となります。

細菌を死滅させるクラビットに対し、クラリスロマイシンは細菌の増殖を抑える働きとなります。そのため、副作用も少なく効果を発揮できるのです。

クラリスロマイシンというのは一般名で、商品名では「クラリス」や「クラリシッド」など言われています。中耳炎になった事がある方なら聞いたことあるのではないでしょうか。ちなみにクラリスロマイシンは小さな子どもでも処方されるほど安全な薬で、錠剤の他にもドライシロップなど存在します。

クラリスロマイシンはマクロライド系の薬に分類されています。マクロライド系というと有名なのはジスロマックです。ジスロマックも副作用が少なく、クラリスロマイシンと同じ細菌の増殖を抑える効果があります。

セフィム系やペニシリン系の薬が登場してからクラリスロマイシンはあまり使われなくなりました。ですが、セフィム系やペニシリン系の効かない細菌によってはこのクラリスロマイシンが使われることがあります。また、セフィム系の薬が使えないという方にも代替薬として使用されることがあります。

クラリスロマイシンは風邪に効く

クラリスロマイシンがクラミジア、淋病、梅毒といった性病の他にも様々な感染症に効果的というのは上記で説明しました。上記で説明した以外にも風邪を引いた時にクラリスロマイシンが解熱剤や咳止めの薬と共に処方される事があります。それはなぜなのか。

それは風邪を引いてしまったことで起こる二次感染などの恐れを防ぐためです。風邪の二次感染として細菌感染と合併してしまうというのが非常に多く見られます。ただの風邪なのに2日も3日も治らないという方もいるでしょう。そのような場合は二次感染を起こしてしまっている可能性が非常に高いです。気管支に細菌が感染してしまうと膿のような痰が出てしまったり、激しい咳を起こしてしまったりします。そのまま放置していると細菌による炎症が起こります。そうなると肺炎となってしまい、胸が痛くなったり高熱、また呼吸困難という症状が出てきます。このような二次感染を防ぐ、また治療するために風邪を引いてしまった場合でもクラリスロマイシンが処方されるのです。

クラリスロマイシンは感染症にはとても効果的です。ですが、実際に風邪に対しての効果というのはありません。クラリスロマイシンが風邪に効くという記事をネットで少し目にしますが、実際は効きません。風邪は80%~90%がウィルス性と言われています。そのため、クラリスロマイシン単体を服用することで風邪が治るという事はまずありません。細菌が原因で起こるマイコプラズマや溶連菌感染症、百日咳となると感染症に効果的な薬が必要となってくるため、クラリスロマイシンが用いられる事があります。

クラリスロマイシンはニキビに効果あり

クラリスロマイシンはニキビの原因であるアクネ菌を死滅させる効果があります。白ニキビや黒ニキビといった軽度のニキビなら数日で効いてきます。赤ニキビといった炎症を起こしたニキビの場合は1週間。ニキビ跡は約1ヶ月程度で改善されます。背中やおでこといった場所でも2週間程度で効いてきます。またクラリスロマイシンはアクネ菌だけではなく黄色ブドウ球菌やマラセチア菌といった細菌にも効果的です。

黄色ブドウ球菌はニキビの化膿を悪化させてしまう原因です。マラセチア菌は背中のニキビやおでこのぶつぶつの原因となっています。

ニキビや吹き出物の原因であるアクネ菌という細菌は皮膚に常在しています。クラリスロマイシンはこのアクネ菌を死滅することは可能でニキビを出来なくさせることがあります。ですが、アクネ菌というのは常在菌と言われる細菌で、ニキビを作るだけの細菌ではありません。外からくる病原菌から皮膚を守る役目もあります。そのため、クラリスロマイシンでアクネ菌を死滅させてしまうと、ニキビはできなくなりますが、バリアの機能がなくなり、何らかの皮膚のトラブルを生む可能性が出てきます。また、クラリスロマイシンというのは長期間服用する薬ではありません。クラリスロマイシンを服用期間中はニキビが消えるかもしれないですが、服用を辞めた時に再びニキビが生まれてくる可能性がありますので注意が必要です。

クラリスロマイシンの副作用

クラリスロマイシンが分類されているマクロライド系の薬というのは副作用が少ない事で有名です。そのため、さほど心配する必要もありません。まれに報告されている症状として吐き気や下痢、食欲不振、発疹などがあります。それ以外にもめまいや動悸、頭痛、倦怠感などが出てくる事があるそうです。どれも基本的には軽い症状で治まりますが、治まらなかった場合は医師へ相談するようにしましょう。

クラリスロマイシンは基本的には副作用は出ませんので安心して服用が可能な薬です。ですが、服用する方の体質やコンディションで少し副作用が出てしまう事もあります。また、間違った飲み方を行っていたり、長期間服用し続ける事によって肝機能障害を起こしてしまう危険性がありますので注意しましょう。また、ショック、アナフィラキシー様症状、けいれん、難聴などの症状もかなりまれにですが、現れる可能性がありますので注意が必要です。

クラリスロマイシンの副作用

それ以外にも常用している薬がクラリスロマイシンとの併用禁忌薬だった場合にのみ重篤な副作用を起こしてしまう危険性がありますので現在常用している薬がある方の場合は必ずクラリスロマイシンと併用禁忌薬ではないかチェックしてください。

妊婦の方が服用していると胎児が心血管系異常や発育遅延などといった胎児毒性の可能性が出てしまいます。また、授乳中でも服用していると母乳に移行すると言われているので妊婦の方、授乳中の方はクラリスロマイシンの服用は控えるようにしましょう。

クラリスロマイシンの通販

クラリスロマイシンは病院で処方もされますが、通販で購入したほうが都合が良くお得です。通販といっても楽天やamazonといった大手通販サイトでは販売されていません。個人輸入代行サービスを行っている通販サイトでないとクラリスロマイシンは購入不可能となっています。都合が良くお得なのか。それは誰にもバレることなく購入、治療ができ、薬代だけなので出費を抑えられるからです。

病気にかかったから病院へ行くというのは一般的な考えです。ですが、性病となると話は別です。病院で診察してもらうのが恥ずかしい、時間がないという方も多いと思います。隠れて病院に行ったとしても医療費通知で家族にもバレてしまいます。バレるのが嫌だといって保険証を提示しなかった場合はかなりの高額となります。

通販なら全て心配ありません。時間を取る必要もなく、場所も何も選びません。さすがに配達員にバレるのでは?と思うかもしれないですが、梱包の際に何の商品なのか記載していないので配達員にもバレる事はありません。知っているのは自分だけです。また、検査キットも販売されているのでクラミジアの検査から治療まで一気にすることができるのです。クラミジアというのは早期発見で迅速に治療が必要となってきます。検査してから薬を注文するのではなく、一緒に購入しておいた方が完治は早められます。

1つ難点があるとすれば商品が届くまでに時間がかかってしまう事です。具体的にどのくらいなのかというと、1週間程度です。海外発送となるので仕方がないですが、そんなに待てないという方も少なくはないでしょう。そのため、検査キットと薬は一緒に購入しておいた方がいいのです。

クラリスロマイシンの併用禁忌薬

クラリスロマイシンの併用禁忌薬

クラリスロマイシンは副作用の少ない薬として有名ですが、以下の薬と併用してしまうと重篤な副作用を招いてしまう危険性がありますので必ず服用する前に目を通しておいてください。1つ1つ説明していきます。

・オーラップ
・クリアミン、シヒデルゴット
・アドルシカ
・スンベプラ
・バニヘップ
・ベルソムラ

オーラップという薬は主に統合失調症などに使われている薬です。このオーラップには「ピモジド」という成分が含まれており、併用してしまうと、QT延長といった症状や心室性不整脈といった心血管系の副作用が多く報告されています。もともとの副作用に心室頻拍といった症状があるため、血中濃度が上昇し、このような副作用が高確率で起こると言われています。

クリアミン、シヒデルゴットといった薬は主に偏頭痛に用いられる薬です。こちらは「エルゴタミン」という成分が含まれており、クラリスロマイシンと併用することで血管攣縮といった重大な副作用が発症してしまう危険性ががあります。こちらもオーラップに含まれている成分の「ピモジド」と一緒で血中濃度が上昇したため高確率で起きてしまうと言われています。どちらも常に服用しているという薬ではなく、その時その時に服用する薬なので、うっかり併用してしまうといった事のないよう注意しなければなりません。

アドルシカという薬は肺動脈性肺高血圧症治療薬として主に使われている薬です。こちらは主成分に「タダラフィル」という成分が含まれており、作用が想像以上に強く出過ぎてしまう恐れがあります。作用が大きくなれば比例して副作用も大きくなってしまうので注意が必要です。「タダラフィル」というと有名なのはED治療薬の「シアリス」です。「シアリス」にもこの「タダラフィル」が使用されているので注意しましょう。

スンペブラという薬は主にC型肺炎に用いられている薬です。こちらは「アスナプレビル」という成分が含まれており、併用することにより血中濃度が上昇し、肝臓に関連した副作用が強く出てしまう危険性があります。

バニヘップという薬もC型肺炎に用いられている薬です。こちらは「バニプレビル」という成分が含まれており、スンベプラの併用と同じように血中濃度が上昇してしまい、嘔吐や下痢、悪心といった症状が強く出てしまう恐れがあると言われているので注意しなければなりません。

ベルソムラという薬は新型の睡眠薬として登場した薬です。こちらは「スボレキサント」という成分が含まれており、併用することで血中濃度が上昇され、疲労、入眠時麻痺、夢遊症、睡眠時随伴症といった副作用が強く出てしまう危険性があります。睡眠薬を常に服用し、クラリスロマイシンを服用しようと考えている方は注意しなければなりません。

クラリスロマイシンを服用するという方は上記であげた薬を常用していないかしっかり確認してから慎重に服用するようにしましょう。

クラリスロマイシンの服用方法

服用方法

年齢や症状によって少々飲み方が変わってきてしまいます。一般的には250mgを1回1錠、1日2回服用し、合計500mgになるようにしましょう。飲み忘れた場合に2回分の量を1回で服用しないようにしましょう。

飲み忘れが多かったり、途中で治ったと勘違いして治療を中断してしまうとクラリスロマイシンに対しての耐性菌が体内で作られる危険性があります。この耐性菌ができてしまうとクラリスロマイシンではもうどうやっても治らず、別の治療薬を使用しなければならなくなります。そのため、もしもの事を考えて通販でクラリスロマイシンを購入する際は、自分が購入しようと思っている量よりも少し多めに購入しておくことを推奨します。そうすることで服用し続けたけど足りなかったから耐性菌ができてしまったという事を防ぐ事ができます。