クラビットの研究所 | クラミジアから守る抗生物質

クラリスロマイシンはクラミジア等の感染症に有効で、副作用も少ない安全な薬です。

クラリスロマイシンの詳細

クラリスロマイシン クラリスロマイシンとはマクロライド系という抗生物質のタイプに分類され、クラリスロマイシンを有効成分としている抗生物質がクラリシッドという薬です。
マクロライド系の薬として最も代表的なものはクラリスロマイシンを有効成分としているクラリシッド、アジスロマイシン水和物を有効成分としているジスロマックです。
このクラリスロマイシンとアジスロマイシンは感染症という病気に対してほとんどの確立で処方されていますので信頼も高いです。

クラリスロマイシンの作用

作用副作用 クラリスロマイシンは様々な細菌に対して有効的です。中でも国内で一番多い性病と言われている代表的なクラミジア、その他にも淋病、梅毒に有効的です。性病以外では皮膚感染症や、中耳炎、呼吸器感染症、インフルエンザ菌になどといったものに対しても有効的と言われています。

クラミジアの治療薬というとクラビットも病院で処方される確率が高いです。クラビットは抗生物質の中でも比較的効力が強いため、妊婦の方や、小さな子供等、服用できない方がいます。それに比べ、クラリスロマイシンは効力は少し抑えめになってしまいますが、副作用もかなり少なく安全な薬と言われています。そのため、大人にも子供にも安心して服用することができます。
ですが、妊娠中や授乳中の方は服用の際は必ずに医師への相談が必要になります

【副作用】
クラリスロマイシンは他のマクロライド系の抗生物質同様に、副作用は少ないと言われています。ですが、吐き気や下痢などを起こすことがありますので軽い症状で治まらない場合は医師への相談が必要です。そのほかにめまいや動悸、頭痛や倦怠感なども出てくる可能性があるので注意が必要です。

クラリスロマイシンの服用方法

服用方法 年齢や症状によって少々飲み方が変わってきてしまいます。一般的には250mgを1回1錠、1日2回服用し、合計500mgになるようにしましょう。飲み忘れた場合に2回分の量を1回で服用しないようにしましょう。

クラリスロマイシンの通販はこちら