クラビットの研究所 | クラミジアから守る抗生物質
クラミジアの研究所 TOP > ジスロマックの効果・副作用を徹底解説 > ジスロマックの副作用とは?副作用を出さないための飲み方

ジスロマックの副作用は下痢が一番多く報告があり、飲み方を間違えると恐ろしい副作用を招いてしまう危険性があります。

ジスロマックの副作用

ジスロマックの副作用

ジスロマックは副作用の少ない薬としてとても有名です。ですが、下記の症状が副作用として現れてしまう可能性があります。
下痢
腹痛
吐き気

ジスロマックの副作用としては主にこの3つの症状が報告されています。中でも最も多いのが下痢です。下痢はジスロマックを服用した際に現れることが多く、臨床実験の中でも一番多く報告されていた症状です。確率としては10%も満たないくらいで起きるものなのでそこまで心配はいりません。症状が現れてしまったとしても1日や2日経てば治まっています。また、下痢は抗生物質全般に見られる症状であって、ジスロマック特有の副作用というわけではありません。

ですが、ジスロマックの性質上、胃の消化液の分泌が促進されやすかったりするため、抗生物質の中でもジスロマックは下痢の症状を引き起こしやすいのも確かなのでジスロマックを服用する際は頭に入れておきましょう。

どうしても下痢が気になるという方の場合はジスロマックと胃薬や整腸剤を併用すると良いでしょう。こちらは併用禁忌薬というわけではないので、思わぬ副作用を招いたりする心配はありません。ですが、併用することでわずかにジスロマックの効果を減少させてしまう可能性がありますので、注意してください。

その他にも発疹、手足の震え、しびれ、熱が出るなどがあります。下痢といった症状に比べれば確率としてはほぼ出ないに近いですが、念のため注意はしておきましょう。もし副作用が起きて治まらないといった場合は必ず医師に相談するようにしましょう。

また、用法用量を守らない場合には大きな副作用を招いしてしまう危険性があります。
アナフィラキシーショック
肝炎、肝機能障害
急性腎不全
間質性肺炎
など様々です。自分でこのくらいだろうと勝手に服用してしまうとクラミジアが治らないどころか、上記で挙げた大きな病気へ繋がる危険性がありますので、用法用量は必ず守るようにしてくだささい。

現在常用薬があり、ジスロマックを服用しようと考えている方も要注意です。常用薬がジスロマックと併用禁忌薬だった場合にはこちらも大きな副作用を招いしてしまう危険性があります。ジスロマックは併用禁忌薬は少ない部類に属されていますが、まずはしっかり確認をとってから服用するようにしましょう。

※リンク先はジスロマックジェネリックのアジーです。

ジスロマックの副作用を出さない服用方法

感染症の種類によっても変わりますが、クラミジアであれば水で500mgを1日1回、3日間で合計1.5gになるように服用をします。食前か食後か服用するのはどちらでも問題はありません。ですが、空腹時の場合なら効果がよく効くと言われています。また、食前、食後どちらも前後2時間は空けて服用するようにしてください。この際にアルコールは必ず控えるようにしてください。副作用が大きく出てしまう危険性があります。

クラミジアを治療中に途中で薬の量を減らしたり、中断するといったことはないようにしましょう。クラミジアの最近を完全に死滅することができなく、ジスロマックに耐性がついてしまい薬の効果が一切効かなくなってしまう危険性があります。そのため、必ず用法用量はしっかり守って服用するようにしてください。

ジスロマックを服用時の注意点

用法用量を間違えていたり、独自の飲み方などをしているとかなり危険な副作用が表れてしまう危険性があります。代表的なものとしてショックやアナフィラキシー様症状という病気になってしまう危険性があります。どのようなものなのかというと、呼吸困難や動悸、めまい、体がだるい、冷や汗が止まらない、意識消失、蕁麻疹といった症状が強く出てしまいます。大人の場合は自分でも分かりやすいような症状が表れますが、小児の場合は自分がどんな状況なのか説明できなかったり、少しわかりにくいような症状が現れることもあります。

その他にも肺炎、間質性肺炎、好酸球性肺炎、中毒性表皮壊死融解症、皮膚粘膜眼症候群、黄疸、肝不全、急性腎不全、偽膜性大腸炎、出血性大腸炎なども報告されています。これらの重大な副作用が出る可能性というのはかなり少ないです。元々不整脈を患っていたり、肺機能や肝臓の障害、心疾患などを患っていた経験がある方が起こる可能性がある症状とされています。これらの治療のために使用していた薬がジスロマックとの併用禁忌薬の成分と一致していた場合があるの注意しなければなりません。

参考サイト:アナフィラキシー

ジスロマックの飲み合わせ

ジスロマックの併用禁忌薬

マクロライド系の中でもジスロマックは基本的に併用禁忌薬というものが少ない部類に属します。抗生物質の含まれていない薬であれば併用可能と言われており、服用期間中に風邪が発症してしまったり、発熱や咳、頭痛などといった症状を和らげるためにも風邪薬を併用することも可能です。抗生物質は医師のみが処方できるものとなっているため、ドラッグストアや薬局等にある薬なら大丈夫です。また、イブやロキソニンといった鎮痛剤も併用可能ですので安心です。

併用厳禁とまではいきませんが、注意しなければいけないものもあります。それは牛乳などの乳製品との飲み合わせです。危険性があったりという問題ではないですが、乳製品には脂肪分が含まれており、その脂肪分がジスロマックの効果を減少させてしまう可能性があります。そのため、効果を一番に発揮させたいというのであれば、服用期間中は乳製品の摂取は控えるようにするのが良いでしょう。

基本的に抗生剤とは併用厳禁とされています。クラビットやシクロスポリン、ワーファリン、制酸薬等は併用してしまうと効果を減少させるだけではなく、それぞれの副作用を招いてしまう危険性があります。クラビットに関しては病院の医師によってジスロマックと一緒に処方されるという事もあります。ですが、それはローテーションで2つの抗生剤を使い治療するという用法なので、このような場合は医師によって用量用法が変わってきてしまいますので必ず専門の医師の指示に従うようにしましょう。

※リンク先はジスロマックジェネリックのアジーです。

ジスロマックと飲酒

ジスロマックを服用しながらアルコールを摂取すると、有効成分の濃度が低くなってしまいます。効果を十分に発揮させるためには有効成分の血中濃度を高める必要があるため、アルコールを摂取した状態ですと、菌への攻撃が弱まり、ジスロマックに対して菌が耐性を持つという事になってしまいます。対策としましては、やはり時間をずらすのが一番です。可能であれば服用期間中は飲酒を控えた方がいいですが、どうしても無理な場合はお酒を飲むと分かっている2時間程度前にジスロマックを服用するようにするようにしましょう。

ジスロマックの副作用についての口コミ・体験談

43歳 男性

先日クラミジアに感染してしまったため、ジスロマックを使ってクラミジア治療をはじめました。ですが、服用してからは下痢が酷く、調べてみたらジスロマックの副作用の中でも一番多いと知りました。下痢が起こらない方もいるようですが、私の場合は気にならない程度では済まなかったので整腸剤と併用していました。

ジスロマックと整腸剤を併用してからは以前まで酷かった下痢もかなり治まり、無事にクラミジアを完治させることができました。下痢が気になるという方は整腸剤と併用すると良いかもしれません。

32歳 女性

クラミジアを治療するためにはじめてジスロマックという薬を手にしました。効果や飲み方、副作用もしっかり調べてから服用し始めたのですが、書かれているような副作用は一切出ませんでした。特に問題もなくクラミジアを完治できたので良かったです。もしかしたら私の体質的に副作用が出にくいという事なのかもしれないです。

21歳 男性

ジスロマックの副作用ということで調べていると下痢が一番多いことが分かります。ですが、下痢くらいだったらなんとかなるだろうと思って服用しはじめました。私の場合は腹痛と下痢が発症しましたが、そこまでではなく、気にならない程度だったので良かったです。