クラビットの研究所 | クラミジアから守る抗生物質
クラミジアの研究所 TOP > ミノマイシンのクラミジアへの効果

ミノマイシンはクラミジアにはとても効果を発揮し、膀胱炎やニキビにも効果的です。他に副作用や飲み方を説明しています。

ミノマイシンとは

ミノマイシンとは

ミノマイシンとはミノサイクリン塩酸塩という成分を主成分として含んでいるクラミジアに効果的な薬です。テトラサイクリン系の抗生物質に分類され、アモキシシリンで有名なペニシリン系やセフィム系などの薬が効かない細菌にも効果的とされています。

ミノマイシンはクラミジアや淋病などの性病の他にもニキビ治療に対して使用されることがあります。幅広い治療に使用されるほど効果の強い薬とされているのです。

ミノマイシンは病院でも処方されることはありますが、通販で購入することも可能です。通販であればジェネリックも販売されているので、病院とくらべてかなり安く購入したり、誰にもバレずにクラミジアの治療を行えるメリットがあります。ミノマイシンが欲しいと思っている方は通販で購入してみても良いかもしれません。

※リンク先はミノマイシン・ジェネリックです。

ミノマイシンの効果

ミノマイシンは先程も説明した通り、クラミジアに対してとても効果的です。クラビットはニューキノロン系、ジスロマッククラリスロマイシンはマクロライド系の薬に分類されていますが、このミノマイシンはテトラサイクリン系の薬に分類されています。

ミノマイシンはミノサイクリン塩酸塩を主成分として含んでいる薬です。また、クラミジアや淋病といった性病以外にもニキビの治療のためによく用いられることがあります。それぞれ説明していきたいと思います。

ミノマイシンのクラミジアへの効果

ミノマイシンは服用することでクラミジアの原因であるクラミジア トラコマティスという細菌の増殖を阻害することでクラミジアを殺菌することができます。

人間の身体の中にはリボゾームと呼ばれる器官があります。これはどういうものなのかというとタンパク質を作る器官です。人間だけではなく生き物全てにあります。

また、細菌にもリボゾームという器官があり、細菌のリボゾームの働きを止めることが出来れば殺菌することができます。

ミノマイシンの成分として使用されているミノサイクリン塩酸塩はこの細菌のリボゾームのみを阻害し、細菌の細胞を破壊する効果があるのです。

そのため、ミノマイシンを服用してみ人間のリボゾームに影響が出ること無く、細菌のみを殺菌することが可能となっているのです。ミノマイシンは静菌といわれるタイプの薬です。これは細菌を直接殺すというわけではなく、増殖を抑える事によって、細菌が寿命により少なくなっていきます。

大体2週間程度ミノマイシンを服用することでクラミジアを完治させることが出来るのです。

ミノマイシンで膀胱炎を治療

膀胱炎というのは細菌が原因となっている感染症です。つまりは膀胱炎の原因となっている細菌を死滅させることができれば膀胱炎はすぐに治すことができます。

ミノマイシンは細菌に対してはとても効果的な薬となっています。ミノマイシンが膀胱炎の細菌に対する働きとしてはクラミジアに対しての効果と同じです。

膀胱炎の原因となっている細菌が増殖するために必要なタンパク質の合成をミノマイシンが阻害することで、細菌が殺菌されます。

細菌というのは本来送られる予定だった栄養を横取りして増殖していきます。横取りされる栄養というのはタンパク質の事です。ミノマイシンが体内に入ることによって細菌とタンパク質の合成を阻害してくれるため、細菌は増殖することが困難となり、寿命が来て殺菌されていくのです。

ミノマイシンはニキビによく効く

ニキビを治そうと病院へいくとミノマイシンを処方されることがあります。それほどミノマイシンはニキビへ効果的なのです。

ミノマイシンのニキビへの効果というのはクラミジアへの効果と同じような働きです。ニキビの原因であるアクネ菌にも同じように働きかけるため、ニキビも簡単に治るのです。

また、ミノマイシンには肌の免疫をサポートする働きもあるため、ニキビの炎症も抑えるにはとても効果的と言われています。

ミノマイシンの副作用

ミノマイシンの副作用は約14.6%の確率で起こると報告があります。

主な症状としては
下痢
腹痛
めまい
吐き気

などになっています。中でも多く報告のある副作用としましては下痢や腹痛です。これは抗生物質の代表的な副作用とも言われており、ジスロマックなどでも良く話題に挙がっています。

めまいや吐き気といった副作用はそれほどありません。確率としてはめまいが約2.85%、吐き気が約3.04%となっています。

これらはミノマイシンの服用量が多くなることで比例して起こりやすくなると言われています。そのため、服用量を少なくしたり、中断することによって症状が改善されることがあります。

その他にも歯の色素沈着、皮膚炎などが起こる可能性があります。といってもこれは上記の副作用に比べたら明確なデータはありませんが、頻繁に起こるような副作用ではありません。

歯の色素沈着というのは8歳未満の子供が服用した場合に起こってしまう可能性のある副作用とされています。そのため、子供へのミノマイシンの処方というのは原則で禁止されています。

皮膚炎が起こる確率としては約0.1%程度です。ですが、これも長期間の服用や服用量によってリスクが上がってきます。ミノマイシンを服用することで必ず同じ場所にシミが出来るというのもあるようです。

頻度はとても稀と言えますが、必ず起きないわけではない副作用なので、ミノマイシンを服用する際は頭に言えれおきましょう。もしもミノマイシンを服用することで何か異変を感じたらすぐに専門の医師に相談するようにしましょう。

また、飲み方を間違えていたりした場合にも副作用は起こりやすい状況となってしまいますので絶対に飲み方を間違えないようにしてください。

ミノマイシンの重篤な副作用

上記で挙げたような副作用と比べると発症する確率というのはかなり稀ですが、以下の重篤な副作用を発症させてしまう可能性が稀にあります。

ショック、アナフィラキシー
血液障害
急性腎不全
間質性腎炎
呼吸困難
間質性肺炎
けいれん
中毒性表皮壊死融解症
皮膚粘膜眼症候群

上記がミノマイシンを服用することによって発症する可能性のある重篤な副作用です。発症する確率はかなり稀だとしても、必ずないというわけではありません。

また、飲み方を間違えていたり、ミノマイシンが服用禁止の方などがミノマイシンを服用することで上記の重篤な副作用が発症してしまう可能性がありますので、ミノマイシンを服用する際は必ず自分が服用しても大丈夫なのか、飲む用量用法が間違っていないのかを確認していから服用するようにしましょう。

もしも上記のような副作用を発症させてしまった場合はすぐにミノマイシンの服用を中断し、医師へ相談するようにしてください。

ミノマイシンの飲み方

ミノマイシンは正しい飲み方を守ることで効果もしっかり得ることが可能です。逆に言えば正しい飲み方でないと効果も出なければ、副作用を強く出してしまう可能性があると言えるでしょう。

ミノマイシンの飲み方としましては症状の重さや体重、年齢によって量などが異なってきます。

一般的な飲み方としましては成人の方の場合は1日100mg~200mgを1回~2回の服用となっています。服用した12時間後、または24時間後にまた服用するようにしましょう。

ミノマイシンを服用する際は必ず多めの水で服用するようにしてください。多めの水でないと、ミノマイシンを服用し、食道に停留して崩壊してしまうと食道潰瘍を引き起こしてしまう可能性があります。また、就寝直前の服用には注意しましょう。

ミノマイシン服用期間中に飲み忘れが発覚した場合はすぐに1回分服用してください。ただし、通常の飲む時間が近かった場合は服用しないようにしましょう。2回分服用してしまうと副作用を発症させてしまうリスクがかなり高まってしまいますので注意してください。

上記で説明した飲み方は必ず守るようにしてください。大丈夫だろうと自分独自の飲み方をしてしまうと副作用が発症するリスクというのはかなり高まってしまいます。

※リンク先はミノマイシン・ジェネリックです。

ミノマイシンの注意点

ミノマイシンに限らず抗生物質というのは飲み合わせにとても注意しなければなりません。知らずに服用してしまうと副作用を発症させるリスクを高め、最悪の場合は重篤な副作用を発症させてしまう危険性があります。

ミノマイシンを服用する際は必ず注意点や飲み合わせを確認してから服用するようにしましょう。

長期間の服用は危険

ミノマイシンというのは基本的には長期間に渡って継続して服用する薬ではありません。クラミジアの場合は2週間程の服用というのが一般的となっています。

なぜミノマイシンを長期間服用してしまうと危険かというと、歯や肌への影響を及ぼしてしまうためです。どのような影響を及ぼしてしまうのか。それは色素沈着という症状です。

色素沈着というのはシミや黒ずみとが出来てしまいます。すぐに落ちるようであれば良いですが、最悪の場合はずっと残ってしまう事に繋がります。

また、ミノマイシンの服用を辞めたり、また再開したりということを繰り返していると体内に耐性菌が作られます。これはミノマイシンへの耐性がついてしまい、今後ミノマイシンを使用して治療を行おうとしても一切効果が効かないといったことになります。

そのため、ミノマイシンは必ず長期間の服用は避け、決められた量を飲みきるようにしてください。

小児

小児の中でも8歳以下の場合はミノマイシンを服用するのは危険です。歯の形成期に服用してしまった場合、エナメル質形成不全、歯の着色、一過性の骨発育不全を引き起こしてしまう危険性があります。

そのため、小児に対しては基本的にミノマイシンのみが効果があると判断される場合以外は使用されることがありません。

妊婦、妊娠している可能性のある方

妊婦、または妊娠している可能性がある方がミノマイシンを服用してしまうと服用した本人ではなく、胎児への影響が出ることが分かっています。

こちらも一過性の骨発育不全を及ぼしてしまう危険性があるため、必ず自己判断でミノマイシンを服用することはやめましょう。どうしてもミノマイシンを服用したいという方は医師と相談してから服用するようにしてください。

授乳中の方

授乳中の方の場合はミノマイシンを服用禁止というわけではないですが、なるべく避けた方が良いとされています。理由としては、ミノマイシンを服用することによって、母乳からミノマイシンの成分が移行することが分かっています。

そのため、その母乳を飲んだ小児に悪影響を及ぼしてしまう危険性があります。どうしてもミノマイシンを服用しなければならない状況の場合は、服用中の授乳は控えるようにしましょう。

高齢者の方

高齢者というのはミノマイシンを服用すると副作用を発症させてしまうリスクというのがとても高いことが分かっています。ビタミンKが不足する症状というのもあらわれやすいとされており、病院で処方する場合もかなり慎重に行われています。

もしも病院へ行きミノマイシンを処方された場合は、必ず医師からの指示を守り、服用するようにしてください。

ミノマイシンの飲み合わせ

ミノマイシンは下記と併用してしまうと効果が半減してしまったり、副作用が強く出てしまう事がありますので、必ずミノマイシン服用の際は注意するようにしてください。

乳製品

ミノマイシンと乳製品を併用してしまうと、ミノマイシンの吸収が低下してしまい、効果が弱まる可能性があります。これはジスロマックでも同じような事があります。また、カルシウムでも同じ事になる可能性があるので注意しましょう。

どうしても併用となる場合は、ミノマイシンとカルシウム、乳製品の間隔を2時間~4時間程度空けるようにしてください。

アルコール

ミノマイシンとアルコールというのは基本的に併用は禁止されています。併用することで効果が半減することもあれば副作用を強く出してしまう危険性もあります。

どうしても併用しなければならない場合はミノマイシンとアルコールの間隔を最低でも4時間以上空けるようにしてください。大丈夫だろうと併用してしまうと重篤な副作用を招いてしまう危険性がありますので注意しましょう。

ミノマイシンの併用禁忌薬

下記の薬がミノマイシンと併用禁忌薬と添付文書にて記載されています。常用薬がないかしっかり確認しておきましょう。

カルシウム
マグネシウム
アルミニウム
ランタン、または鉄剤
ジゴキシン
メトトレキサート
ポルフィマーナトリウム
抗凝血剤
ビタミンA剤(外用剤を除く)
レチノイド製剤
スルホニル尿素系血糖降下剤
黄体、卵胞ホルモン配合剤
経口避妊薬

上記の薬とミノマイシンを併用してしまうと重篤な副作用を招いてしまう危険性がありますので、必ず避けるようにしてください。どうしてもミノマイシンを服用したいという場合は専門の医師に相談するようにしましょう。

ミノマイシンの通販

ミノマイシンは病院でも処方されることはありますが、クラミジア治療となると通販で購入したほうがとてもお得で便利と言えるでしょう。

その理由として一番は誰にもバレずに購入することが出来るという点です。クラミジア治療となると誰にもバレたくないと思うでしょう。

通販でミノマイシンを購入することで、知人や家族、配達員ですら知られることはありません。

また、通販ではミノマイシンのジェネリックも販売されているのでかなりお得に購入することが出来るのです。

ジェネリックというのは新薬と同じ成分、効果、副作用、服用方法となっており、新薬と比べてかなり安く購入できるといった薬です。

薬を通販で購入するのは怖いと感じる方も多いかもしれません。ですが、現在ではこのような通販もとても一般的となっており、多くの利用者が存在します。また、通販にある薬というのはどれも正規品とされていて偽物が届くといったことはありません。

※リンク先はミノマイシン・ジェネリックです。

ミノマイシンの病院処方と通販の比較

ミノマイシンは通販で購入する場合は病院処方とくらべて多くのメリットがあります。先程も説明した通り、誰にもバレないというのが1点。また、時間や場所を気にせず注文もすることが出来るのです。

病院に1人で行けばバレることはないのでは?と思う方もいるかもしれません。ですが、病院でクラミジアを診察し、ミノマイシンを処方してもらうと後日、医療通知によって家族にバレてしまうことがあります。

そのため、病院に1人で行ったとしてもバレる可能性というのは大いにあるのです。

また、病院に行くとなるとその病院の開いている時間や場所を調べ、自分で時間を作らなければなりません。社会人ともなると平日しか病院がやってない場合は休みをとって足を運ばなければならない事もあります。

ですが、通販であればどこにいてもどんな時間でもすぐに購入することが可能です。出勤中の電車の中でも、休憩時間、帰宅中などちょっとした時間の中ですぐに注文が出来るのです。

注文が終われば後は商品が届くのを待つだけなのでわざわざ時間を作る必要性もありません。それに加えて通販ではクラミジアの検査キットも販売されており、ミノマイシンと一緒に購入することで検査から治療まで全て1人で自宅に居ながら行えるのです。

このように病院と比べると通販は多くのメリットが存在します。病院へ行くのが恥ずかしい、面倒と思ってクラミジアを放置している方は、これを機に通販でミノマイシンを購入して治療を始めることをおすすめします。

ミノマイシンのジェネリック

ミノマイシンにはジェネリック医薬品という薬が存在します。どのようなものなのかと言うと、新薬であるミノマイシンと同じ成分であるミノサイクリン塩酸塩を含んだ薬です。

そのため、効果、副作用、服用方法などは全て同じとなっています。もちろんクラミジアにはとても効果的とされており、膀胱炎やニキビに対しても満足のいく効果を発揮してくれます。

それでは何が違うのかというと価格です。ジェネリックというのは新薬よりも開発期間が短いので費用も安く済むので、このような安さで提供出来るのです。

ミノマイシンのジェネリックで安い薬であれば1錠単価で100円もしないものもあります。1錠あたり42円で済むものもあるのでかなりお得と言えるでしょう。

ミノマイシンの購入を考えている方はジェネリックを購入してみるのも良いかもしれません。効果などは全て同じなのでただただ費用が節約出来るという良い点しかありません。

※リンク先はミノマイシン・ジェネリックです。