クラビットの研究所 | クラミジアから守る抗生物質

レボフロックスはクラビットのジェネリックです。効果や副作用、飲み方、通販での購入方法を記載しています。

クラビットジェネリックのレボフロックス

レボフロックス

レボフロックスというのはシプラ社が開発したクラビットのジェネリック医薬品です。クラビットのジェネリックとなるため、主成分はレボフロキサシンを使用しており、効果、副作用、飲み方などは新薬であるクラビットと全て同じになっています。そのため、クラミジアにはもちろん、淋病や肺炎、膀胱炎など、クラビットが効果的な感染症はレボフロックスも効果的とされています。

レボフロックスは病院などでは購入することは不可能となっていますが、通販を利用することで購入できます。価格としてはクラビットよりもかなり安く購入できるため、人気の高い薬となっています。1錠単価で言えば1/10の値段で購入することが出来ます。クラビットの効果をより安く購入したいという方ならレボフロックスはとてもおすすめと言えます。

レボフロックスの効果

レボフロックスはクラビットのジェネリックです。主成分はレボフロキサシンを使用しているため、効果は全て新薬であるクラビットと同じです。クラミジアや淋病などの性病、肺炎、膀胱炎、咽頭炎、扁桃炎などの感染症にも効果を発揮してくれます。レボフロックスは服用することで細菌を死滅させる効果があります。

これはジスロマックやクラリスロマイシンなどのマクロライド系にはない効果です。マクロライド系の薬というのは一般的には細菌の増殖を抑えることで殺菌するといった効果です。レボフロックスはクラビットのジェネリックなのでニューキノロン系に分類されます。また、ニューキノロン系の中でもかなり効果の強力な部類になります。

クラミジアというのは抗菌薬と呼ばれる抗生物質や抗生剤を用いて治療されます。クラビットはもちろんのこと、ジェネリックであるレボフロックスもこの抗菌薬という部類に属します。この抗菌薬によるクラミジアの治癒率というのは驚異の97%~98%です。

ここからみるに、クラミジアはレボフロックスを用いて治療することでほぼ完治することが可能なのです。クラミジア程度ならば1週間程度の服用で完治させる事ができるのです。中には効かない、一切効果が実感できないという方もいます。

そのような方に多く見られるのは服用方法が間違っているという点です。例えば1日500mgを1錠服用しなければならないのに、効果がもっと欲しいからといって2錠も飲んでしまった。そうなると効果が得られるどころか副作用を大きく招いてしまう危険性もあるのです。

また、レボフロックスを正しい服用方法で服用しているのに効果がない、クラミジアが治らないという方もいます。そのような方のために「クラミジアが治らない原因」をまとめていますので確認してみてください。もしかしたらこの中に該当する項目があるかもしれません。その時の対処法も載せているので参考にしてみてください。

レボフロックスの副作用

レボフロックスというのはとても副作用が少なく、効果の高い薬です。これはクラビットと同じ事が言えます。だからといって服用した全ての方が副作用が出るわけではないとは限りません。もちろん体質によっては異なってきます。副作用が出にくい方もいれば出やすい方もいます。レボフロックスを服用する際は発症する可能性のある副作用を頭に入れてから服用するようにしましょう。

レボフロックスで報告されている副作用は
発疹
嘔吐
下痢
不眠
めまい

などです。上記の副作用が多く報告されています。レボフロックスはクラビットジェネリックとなるため、副作用もクラビットと同じという事がわかります。また、上記のような副作用があらわれたとしても軽い症状で治まるケースが多いです。そのため、そこまで心配する必要性もありません。もしも副作用が発症し、軽い症状で治まらないという状況になった場合は、すぐにレボフロックスの服用を中断し、医師へ相談するようにしましょう。

レボフロックスの重篤な副作用

レボフロックスの服用方法を間違えていたり、服用禁止の方が服用してしまうと重篤な副作用が発症してしまう恐れがあります。レボフロックスを服用の際はかならず副作用の事を頭に入れてから服用するようにしましょう。

ショック ショックが発症することによってじんましんが出たり、顔が赤くなる、かゆみ、動悸、しびれ、息切れなどといった症状があらわれます。
アナフィラキシー様症状 かゆみ、くしゃみがでる、吐き気、嘔吐、呼吸困難、血圧低下、発熱などといった症状があらわれます。
けいれん 吐き気、めまい、ぼんやりする、よろめく、興奮状態になるなどといった症状があらわれます。
中毒性表皮壊死症 皮膚が焼けるような痛みに襲われる、皮膚が赤くなる、発熱、水ぶくれ、口内の荒れなどといった症状があらわれます。
肝機能障害 倦怠感、食欲低下、吐き気、常に眠い状態、呼吸困難、黄疸などといった症状があらわれます。
間質性肺炎 発熱、呼吸困難、息切れ、動悸などといった症状があらわれます。
間質性腎炎 発熱、吐き気、下痢、尿が濁る、関節の痛みなどといった症状があらわれます。
急性腎不全 下痢、吐き気、脱力感、むくみ、腹痛、関節の痛みなどといった症状があらわれます。
黄疸 吐き気、嘔吐、足浴不信、発熱、発疹、倦怠感、皮膚や白目が黄色くなるなどといった症状があらわれます。
溶血性貧血 発熱、貧血、皮膚や白目が黄色くなるといった症状があらわれます。
汎血球減少症 全身のだるさ、息切れ、めまい、頭痛、動悸、鼻血、歯茎の出血などの症状があらわれます。
低血糖 動悸、脱力感、冷や汗、急激な空腹感などといった症状があらわれます。
アキレス腱炎 腫れ、かゆみ、赤くなる、腱周辺の痛みなどといった症状があらわれます。
抑うつ 頭痛、倦怠感、腰痛、下痢、便秘、発汗、息苦しさ、肩こり、食欲不振などといった症状があらわれます。

レボフロックスの飲み方

レボフロックスはクラビットのジェネリックとなっています。そのため、新薬であるクラビットと飲み方が変わるといったことはありません。1日に合計500mgを摂るようにしましょう。ですが、レボフロックスに500mgは販売されていません。250mgしかありませんので、250mgを1日1回2錠服用して合計500mgにするようにします。服用する際は水、またはぬるま湯と一緒に服用しましょう。

服用期間としましては新薬であるクラビットと同様の1週間程度です。1週間程度あればクラミジアは簡単に治すことが可能となっているのです。この1週間で必ず飲み忘れはないようにしてください。飲み忘れが発生してしまうと服用期間が長くなってしまう可能性があります。また、飲み忘れが発覚しても飲み忘れた分を追加で服用しないようにしてください。副作用がかなり強くあらわれてしまう危険性があります。この1週間というのは平均となっており、症状の度合いによってはもっと短かったり、長かったりします。

また、レボフロックスを1週間程度服用し、症状が治まったから治療を中断するといったことはないようにしてください。必ず服用期間を終えた後は検査をするようにしてください。検査を怠ってしまうと、実はまだ細菌が残っているのでクラミジアを再発させてしまう可能性もあります。再発してしまった時にはもうレボフロックスの耐性菌がついてしまっているため、他の薬を使用しなければならない事態に陥ります。

そのため、必ず服用期間を終えた後は検査をしましょう。病院へ行くのが面倒という方は通販でクラミジアの検査キットを購入するのが良いでしょう。クラミジアの検査キットを購入することで自宅にいながら一人で、誰にもバレる事無く検査ができます。レボフロックスを通販で購入する際に同時にクラミジアの検査キットも購入しておくことで検査から完治までスムーズに行えます。

レボフロックス服用時の注意点

レボフロックスは効果が強力で副作用も少ないですが、服用方法を間違えたり、服用禁止とされている方が服用してしまうとかなり強い副作用を発症させてしまう危険性があります。必ず服用方法を間違えないようにして下さい。

レボフロックスを服用できない方

レボフロックスを服用出来ない方は
妊婦
妊娠している可能性がある
小児

に該当する方です。

上記に該当する方はレボフロックスを服用したことで思わぬ副作用を招いてしまう危険性があるため、必ず服用はしないようにしてください。ただし、上記の方でも服用出来る時があります。それは「治療上の有益性を考慮する」と判断された場合のみです。この場合のみ服用が許されます。逆に言えばこの場合以外は絶対に服用はしてはいけないということです。

上記に該当する方でレボフロックスの服用を考えている方は必ず医師と相談の上、服用するようにしてください。

レボフロックス服用に注意しなければならない方

レボフロックスの服用には注意しなければならない方は
高齢者
高度の腎機能障害
てんかん、その前歴がある
けいれん性疾患、その前歴がある
キノロン系に対し、アレルギー前歴がある
重症筋無力症を患っている
重い疾患を患っている

上記に該当する方はレボフロックスの服用は必ず注意しなければなりません。また、上記に該当する方は自己判断でレボフロックスを服用することは絶対にしてはいけません。必ず服用しても大丈夫か医師に相談してから服用するようにしましょう。

レボフロックスの通販

クラビットはクラミジア治療と言うことで病院へ行けば簡単に処方してもらえましたが、クラビットのジェネリックであるレボフロックスは病院へ行っても処方してもらうことは不可能です。それではどこで購入すれば良いのか。それは通販です。

レボフロックスは病院にないということは、当然ですが薬局やドラッグストアには置いていません。日本国内では通販を利用しなければ購入することは不可能となっているのです。

通販で購入するならクラビットの何倍も安く購入することが出来るのでとてもおすすめと言えます。また、通販での購入というのは病院処方と比べると多くのメリットがあります。

一番は誰にもバレないという事です。病院処方の場合は医療通知によって親族にバレてしまいます。ですが、通販の場合は知っているのは自分だけです。恋人や友達、配達員ですら中身を知ることはありません。

浮気をしてしまってクラミジアになった。という方は多くいるでしょう。そのような方は通販でレボフロックスとクラミジアの検査キットを購入すれば、検査から治療まで全て1人で行うことが可能なのです。

また、通販はネットから注文するものなので、どんな場所でもどんな時間でもレボフロックスを購入することができます。病院の場合は自分で時間を取って足を運ばなければなりません。通販にはその必要性が一切ないのです。出勤中の電車の中や、休憩時間、寝る前など、ちょっとした時間があればすぐに注文することができます。

これだけを見ると通販はとてもメリットだらけですが、もちろんデメリットもあります。それは商品到着に少し時間がかかってしまうということです。商品を注文してから届くまで大体1週間程度かかります。混雑具合によっては2週間程度かかってしまうこともあるそうです。ですが、デメリットとしてはこの点のみです。この点だけ耐えられる、気にしないというのであればとても通販は向いていると言えるでしょう。

レボフロックスを購入できる通販

レボフロックスは通販でしか購入できないと説明しましたが、amazonなどの大手通販サイトでは販売はされていません。レボフロックスを購入できる通販というのは個人輸入代行の通販サイトです。なんだか難しそうと感じますが、実際は大手通販サイトとなんら変わりません。

注文の仕方も商品をカートに入れ、決済方法を選んで終了です。あとは商品が届くのをじっと待つだけとなります。薬を通販で買うのは抵抗があるという方も多いでしょう。ですが、今ではこのような通販サイトもとても一般的となっており、多くの利用者が存在します。

おすすめできる通販サイトとしましては「お薬なび」です。お薬なびは置いてある商品が全て正規品となっており、サポートも充実しています。通常の個人輸入代行の通販サイトにはないような電話での問い合わせや注文もすることが出来ますので、はじめて利用する方でも安心してレボフロックスを購入することができます。