クラビットの研究所 | クラミジアから守る抗生物質
クラミジアの研究所 TOP > 尖圭コンジローマの男女別の症状

尖圭コンジローマは男女で症状が異なり、特徴としては感染部位にイボが発症します。放置すると最悪の場合、死に繋がります。

尖圭コンジローマの男女別の症状

尖圭コンジローマの男女別の症状

尖圭コンジローマとは性器や肛門周辺にイボが出来るといった症状です。男性と女性で症状の度合いなどが異なっていますが、どちらもアルダラクリームやベセルナクリームといった治療薬を使用することで簡単に治すことが可能です。現在では病院へ行かなくても通販で尖圭コンジローマの薬を購入することが出来るので、病院へ行くのが恥ずかしいという方や、面倒くさいという方は通販を利用することで一切手間なく、誰にもバレずに尖圭コンジローマを治すことが可能です。

アルダラクリームの通販はコチラ
ベセルナクリームの通販はコチラ

尖圭コンジローマとして一番特徴的な症状は感染部にイボが出来るといった症状です。クラミジア淋病といった数ある性病の中でもイボが出来るという症状はこの尖圭コンジローマの特徴とされています。これは男女ともに起こる症状とされており、性器にイボが出来ていたら尖圭コンジローマに感染したと思っていても良いでしょう。

ただし、尖圭コンジローマに感染して出来たイボは痛みを感じない事が多く、見えない部分であれば発見が遅れてしまう事があります。そこから大きくなったり、周辺にたくさん出来たりすることがあるので、発見が遅くなれば遅くなるほど治療にも時間がかかってしまいます。

また、男性にはない女性だけの症状というのもあります。それが下記のものになります。

オリモノが増える
色が濃くなる

上記の症状で尖圭コンジローマと感じるケースは少ないです。この2つの症状というのは尖圭コンジローマに感染してしまったから必ず出るものとは言い切れません。また、尖圭コンジローマの発症する部位によっては痒みや痛みを伴う場合もあります。

女性が尖圭コンジローマに感染したとして発症する部位としては以下のものになります。

小陰唇(しょういんしん)
大小陰唇(だいしょういんしん)
会陰(えいん)
膣前庭(ちつぜんてい)
肛門、または肛門周辺
尿道口(にょうどうこう)
子宮頸部(しきゅうけいぶ)

上記の部位が発症しやすいとされています。また、性器周辺から肛門まで全体的に発症してしまう可能性もありますので十分に注意しましょう。決してイボは1つだけというわけではなく、複数の箇所に出来たり、大きさも異なってきます。

尖圭コンジローマに感染してしまい出来たイボというのは先程も説明した通り、痛みを全く感じない事が多いです。それに加えて女性特有のオリモノが増えたり、色が濃くなるといった症状も感染したから絶対に発症するといったわけではありません。

そのため、一切違和感を覚えることなく、尖圭コンジローマを放置してしまうといった事が多発しています。女性の場合は性器の形状のせいで男性と比べて症状に一切気づかないという事が多いのです。そのまま放置していると尖圭コンジローマは当然悪化していきます。そして、イボが最大まで大きくなった時に違和感を覚えて気付くといったこともあります。

実際に尖圭コンジローマということで病院で行くのは圧倒的に男性が多いとされており、女性がほとんど来院しないのです。ここからみても女性が尖圭コンジローマに感染していても気付きにくいというのが簡単に分かります。

女性の場合は尖圭コンジローマを発症させてしまうことで子宮頸がんを発症するリスクというのがかなり高くなると言われています。尖圭コンジローマの原因とされている「ヒトパピローマウイルス」は種類が多く存在し、その中でも良性型、悪性型があります。良性型の場合は尖圭コンジローマを発症させ、悪性型の場合は子宮頸がんの原因ともされています。そのため、ヒトパピローマウイルスの種類が違うので尖圭コンジローマから子宮頸がんに繋がるというのはほとんどありません。

ですが、必ずならないというわけでもありません。かなり稀とされていますが、悪性型のヒトパピローマウイルスでも尖圭コンジローマを発症させてしまう事があります。悪性型で尖圭コンジローマを発症させた場合は子宮頸がんへ繋がるリスクというのは普通よりも大きくなります。

また、尖圭コンジローマを発症した30%~50%の方が同時にヒトパピローマウイルスに感染されていると報告があります。良性型なのか悪性型なのかは区別されていませんが、どちらにも感染してしまっている可能性も大いにあるのです。子宮頸がんというのは若い女性が発症してしまうととても進行が早く、最悪の場合は死に関わります。尖圭コンジローマの女性患者というのは20歳~24歳と若い世代が多いため、若い女性は特に注意しなければなりません。

そのため、尖圭コンジローマは早期発見早期治療がとても大切になってくるのです。病院が嫌、面倒、恥ずかしいという方であれば今では通販で尖圭コンジローマの治療薬を購入することが出来るので、利用してみましょう。

アルダラクリームの通販はコチラ
ベセルナクリームの通販はコチラ

男性が尖圭コンジローマに感染した場合の症状としては基本的に女性の場合とあまり変わりません。尖圭コンジローマの特徴的な症状の感染した部分にイボが出来るといった症状です。また、男性の場合は男性器の先端から肛門までの範囲でイボの症状が見られます。

男性が尖圭コンジローマに感染した場合に発症する部位としては以下のものになります。

亀頭の先端、周り、表面
尿道口(にょうどうこう)
玉袋、また裏側から肛門までの筋
肛門、または肛門周辺

男性の場合は上記の部位に尖圭コンジローマの症状が見られやすいとされています。ただし尖圭コンジローマの初期状態では亀頭周辺に発症することが多く見られます。先端の尖ったような硬いイボがあらわれ、症状が悪化するにつれてイボもどんどん大きくなり、最終的には男性器全体を覆ってしまうほどの大きさになる事もあります。

また、肛門内に出来る事もあり、そうなってしまうと視認することが出来ないため男性器に出来た場合と比べて発見がかなり遅れてしまう場合があります。肛門内にもし発症してしまった場合はイボが大きくなってから発見するといったケースがとても多いです。

男性が尖圭コンジローマに感染してしまった場合、女性に比べてとても気付きやすい特徴があります。女性の場合は性器の形状で視認することが難しいとされています。ですが、男性であればすぐに視認することができるので違和感を覚えたらすぐに治療をはじめましょう。

ただし、尖圭コンジローマだと思っていてもそうでは無い時があります。尖圭コンジローマと誤解しやすいのが「フォアダイス」と呼ばれる男性器の亀頭にできる小さなイボです。このフォアダイスというのは男性の65%に見られる生理現象とされており、一切害はありません。尖圭コンジローマとフォアダイスというのはとても似ている特徴があるため、注意しなければなりません。

尖圭コンジローマと判断できる点としたら
イボに茶色や黒、白、ピンクなど色が付いている
少しずつイボが大きくなったり、数が増えていく
男性器周辺ならどこでも出来る
の3つを注意して見るようにしましょう。

男性の場合でも尖圭コンジローマを長く放置しておくことで重篤な病気へ繋がってしまう危険性はありますので、十分に注意してください。

アルダラクリームの通販はコチラ
ベセルナクリームの通販はコチラ

尖圭コンジローマは放置すると薬が効かない

尖圭コンジローマというのは男女ともにイボが大きくなったり、数が増えていきます。気付いていても気付かなくても放置していることで重篤な病気へ繋がる恐れがあります。尖圭コンジローマを治療するためには塗り薬を用いるか、手術でイボを切除するかの2択になります。ですが、放置していることで塗り薬の治療というのは効かなくなってしまうのです。

そのため、尖圭コンジローマのイボが大きく成長した場合は手術での切除のみでしか治療することは不可能となります。尖圭コンジローマの女性の症状でも説明した通り、女性が放置してしまった場合は子宮頸がんになるリスクが高まります。子宮頸がんとなり最悪の場合は死に直結することもあります。

そのようなことにならないためにも尖圭コンジローマは早期発見早期治療が大切になってきます。女性の場合は男性と比べて気付きにくい特徴があります。そのため、少しでも違和感を覚えたらすぐに検査するようにしてください。塗り薬で治療出来るようであれば病院へ行かずとも通販で薬を購入できるので出費や手間をかけずに済みます。

尖圭コンジローマの治療

尖圭コンジローマに感染したらすぐにでも治療を始めなければなりません。尖圭コンジローマの治療法としては2つあります。それは治療薬である塗り薬を使用して治すか、手術でイボを切除するかです。出来れば塗り薬を使用して治るのが良いですが、尖圭コンジローマが悪化していると、手術で切除することでしか治らないようになってしまいます。

そうならないためにも尖圭コンジローマは早期発見早期治療が大切になってくるのです。尖圭コンジローマの2つの治療法を紹介します。

尖圭コンジローマの治療薬

尖圭コンジローマを治療するための薬としては基本的に塗り薬を使用します。尖圭コンジローマというのはHPVと呼ばれるヒトパピローマウイルスが原因によって発症してしまう性病です。

イボの症状が出ている部位に塗ることでHPVに対しての免疫力が高まります。そこでウイルスの増殖を阻止し、イボが消失していきます。主に尖圭コンジローマに使用されている塗り薬とはこちらになります。

ベセルナクリーム

ベセルナクリーム

ベセルナクリームとは尖圭コンジローマに対して有効的な成分であるイミキモドを5%配合した塗り薬です。日本では持田製薬から販売されており、国内では初めてとなる尖圭コンジローマに対して効果的な薬です。

ベセルナクリームは尖圭コンジローマに対してとても効果が高く、ベセルナクリームを使用して治療した場合、再発率もとても低い事が分かっています。また、2011年には日光角化症に対しても効果があると認められた薬です。

ベセルナクリームは60%以上という高い確率で尖圭コンジローマを治療することが可能です。尖圭コンジローマによって発症したイボに直接塗ることで徐々に小さくなり、やがて消失していきます。実際に臨床試験も行われており、尖圭コンジローマの患者を対象にベセルナクリームを塗布したところ、55人中33人がイボを完全に消失できた事が分かりました。

これほど高い効果を持っているベセルナクリームですが、即効性というのはありません。今すぐに尖圭コンジローマを治したいと思っていても症状によっては数週間、数ヶ月と日数が必要となってきますので、根気よく治療に励むようにしましょう。

また、ベセルナクリームは病院ではなくとも通販でも購入することが出来ます。尖圭コンジローマということで病院へ行くのが恥ずかしい、面倒くさいという方は通販を通してベセルナクリームを購入しましょう。

ベセルナクリームの通販はコチラ

アルダラクリーム

アルダラクリーム

アルダラクリームというのは先程紹介したベセルナクリームのジェネリックとなる薬です。ジェネリックとなるので、成分は同じイミキモドを5%配合しています。そのため効果や副作用、使用方法など全て同じです。

アルダラクリームを尖圭コンジローマで発症したイボに直接塗り込む事によって少しずつイボが小さくなっていき、やがては完全に消失します。また、アルダラクリームも数日で尖圭コンジローマを完治させるといったことは不可能となっています。

そのため、面倒くさいかもしれないですが数週間、数ヶ月と根気よく尖圭コンジローマの治療に励むようにしましょう。途中で中断してしまうと尖圭コンジローマはまた症状を悪化させてしまうので、必ず中断はしないようにしてください。

アルダラクリームは日本では未承認の薬となっているため、病院では処方させてもらえず、薬局やドラッグストアでも購入することが出来ません。それではどうすれば入手出来るのかというと通販です。

通販であればアルダラクリームは誰でも購入できます。ベセルナクリームの場合は1箱12袋からでしたが、アルダラクリームの場合は1箱3袋から注文することが出来ます。そのため、無駄にアルダラクリームを余らせることなく使用することが出来ます。

また、多く使うだろうなと思っているのであれば1回で多めに購入しておくと良いでしょう。そうすることで1袋分の単価が安くなるのでお得と言えます。

アルダラクリームの通販はコチラ

尖圭コンジローマの手術

尖圭コンジローマは放置して最終段階まで悪化することでベセルナクリームやアルダラクリームでは治らず、手術で切除しなければならない状態となります。また、その手術の中でも何種類かありますので、それぞれ説明していこうかと思います。

冷凍凝固法

冷凍凝固法というのは尖圭コンジローマにかぎらず、イボの治療などにはよく使用されている手術の一種です。どのようなものか説明すると、イボや周辺も含めた腫瘍組織を-196℃の液体窒素で凍傷させて殺すといったものです。この冷凍凝固法はイボや周辺も含めてなので広い範囲に使用できます。また、終えた後も出血がほとんどないので繰り返し行えるという利点があります。

ただし、数日間痛みが残ってしまったり、症状の度合いや病院によっては治療効果が確実とは言えません。また、早期であれば非常に効果が高いとされていますが、中途半端だと逆にウイルスを撒き散らしてしまい、悪化させることとなりますので注意が必要な手術方法です。

レーザー・電気メス

レーザー・電気メスでの手術方法というのは炭酸ガスレーザー、高周波電流のメスでイボを焼灼する方法です。こちらは手術跡が残りにくく、手術後の痛みもそれほどひどくありません。痛みとしては手術に入る前にする麻酔の注射のみとなっているので、それほどひどいものではありません。

しかし、こちらの手術は腫瘍の表面だけ焼灼してしまうとすぐに再発してしまうため、深く広範囲にしなければなりません。また、レーザーの場合は尖圭コンジローマに直接照射してしまうとそこから周辺にウイルスが拡散してしまい、次はその周辺でイボが再発してしまう可能性があります。

通常はレーザーは主体ではなく、鉗子やメスによってイボ本体を取り除き、そこから周辺でウイルスが残っていそうな場合にレーザー照射を追加するような使われ方です。特に、尿道口や亀頭部などでは皮膚粘膜がとても薄く、出血しやす部位となっているので鉗子やメスでも上手く切除することが出来ません。そのような部位の場合にレーザーを慎重に照射していく事が多くなっています。

レーザーを使用した手術の場合は主に主体ではなく再発予防のためのものという使われ方になっています。

リング鉗子(かんし)で切除

リング鉗子という器具を使用して腫瘍を取り除いていきます。この時、局部麻酔を使用しますので痛みはほとんどありません。また、イボを取り除いた後に周囲を電気メスによって焼灼することで尖圭コンジローマの再発率を減少させることができます。

リング鉗子で切除する場合は傷跡がほとんど残らず、腫瘍が少ない状態であれば1週間~2週間で回復します。一番手軽で効果的な方法と言えるのではないでしょうか。

尖圭コンジローマは自然治癒する?

尖圭コンジローマというのは放置しておくことで恐ろしいほど大きくなり重篤な病気へ繋がる恐れのある性病です。ですが、尖圭コンジローマが発症したとしても初期状態であれば放置していることで勝手に治ることもあるのです。といってもこれは皆が皆治るわけではありません。身体の免疫力が高ければ自然治癒して治る事もあるとされています。

これは本当に初期状態の小さなイボだけとなっているので、悪化してイボがハッキリと分かる状態では自然治癒は難しいとされています。また、尖圭コンジローマが自然治癒するというのは全体の20%~30%程です。そのためほとんどの方が放置することで悪化すると思っていて良いでしょう。

尖圭コンジローマは自然治癒する可能性があるというのは事実です。ですが、「自然治癒するから放置しても平気」と考えるのは絶対に辞めましょう。ほとんどの方がまず放置することで悪化します。そのため、発見したらすぐに治療に入るようにしましょう。もし病院へ行くのが面倒くさい、恥ずかしいと感じるのであれば現在は通販でベセルナクリームとアルダラクリームといった治療薬を購入することが出来るので通販を利用するのも良いかもしれません。

尖圭コンジローマの原因

尖圭コンジローマの原因

尖圭コンジローマの原因というのはHPVと呼ばれるヒトパピローマウイルスです。ヒトパピローマウイルスに感染してしまうことで性器や肛門の周りに先がとがっているようなイボが出来てしまいます。

感染する原因としては基本的に性行為です。皮膚や粘膜にある傷からヒトパピローマウイルスが侵入して感染してしまいます。この時の傷というのは性行為によって性器が擦れ合う際に出来てしまうものです。目に見えないほどの傷でもヒトパピローマウイルスは侵入してしまうのです。また、皮膚炎などが外陰部にあると通常の方よりも感染しやすい傾向にあるため注意が必要となってきます。

性行為で感染するといってもオーラルセックスでもその類似行為となり感染してしまいます。性器以外にも喉に感染することがあり、これが悪性だった場合は口腔がんを引き起こしてしまう可能性があるので注意しなければなりません。

尖圭コンジローマは年々感染者が増えており、2009年には3190人とされていましたが、2014年には5687人と多くなっています。他の性病と比べると感染者の減少率がとても少ない性病とされているのです。また、尖圭コンジローマの感染者というのは男性よりも女性の方が年齢層が若くなっています。

男性の場合は25歳~29歳、女性の場合は20歳~24歳と、男性よりも女性の方が若い年齢で感染している傾向があります。女性の場合は尖圭コンジローマに感染しても気付く事が少なく、最悪の場合死に繋がる事になりますので注意が必要となってきます。

アルダラクリームの通販はコチラ
ベセルナクリームの通販はコチラ

感染は性行為だけではない

尖圭コンジローマは基本的に性行為で感染してしまうと説明しましたが、実は性行為以外でも感染してしまう危険性があるのです。感染率でみたら圧倒的に性行為の方が上ですが、銭湯やサウナといった場所でもごくまれに感染してしまう恐れがあるのです。

尖圭コンジローマというのは直接の粘膜が接触することにより感染してしまうものとされているので、空気感染することはありません。ですが、感染部分が触れたものに粘膜を触れてしまうと間接的に感染してしまう事があります。

例えば、感染者がタオルを感染部分に当てるとします。そこでヒトパピローマウイルスがタオルに付着します。そのタオルに非感染者の粘膜を当てることでヒトパピローマウイルスが侵入し、性行為をしていないのにも関わらず尖圭コンジローマに感染してしまう危険性があるのです。

基本的にこのようなケースはごくまれなものとなっていますが、可能性としては0ではありません。粘膜に傷が入っていたり、免疫力が弱くなっている状態ですと尖圭コンジローマの感染率というのは通常の方よりも格段に上がってしまいますので注意しましょう。

また、妊娠中の方が尖圭コンジローマに感染してしまうことで母子感染で赤ちゃんへも感染させてしまう危険性があります。赤ちゃんが感染してしまうと喉にイボが現れ、再発性呼吸器乳頭腫症という症状を引き起こしてしまいます。呼吸困難となってしまい最悪の場合は死に繋がる危険性がありますので、妊娠中の方の場合、分娩までになるべく早く尖圭コンジローマを完治させる必要があります。

尖圭コンジローマの検査

尖圭コンジローマというのは特別な検査方法というのはありません。尖圭コンジローマの症状というのは他の性病とは違い、とても特徴的で、一般的なイボとは違うトサカのようなイボであったりするため、1目見てすぐに判断出来る出来るのです。通常、性病の検査となるとウイルス検査をしてからどのような病気なのかを判断しますが、尖圭コンジローマは他にはない症状となっているので、ウイルス検査をしなくとも感染部分を見ただけで判断出来ます。

尖圭コンジローマの症状さえ知っていればすぐに判別できます。そのため、尖圭コンジローマの薬を通販で購入しておけばすぐに治療に入る事ができるのです。

病院の場合は1目見て尖圭コンジローマと判断できたからといってそれだけで終わることはありません。病院であればしっかりとウイルスを確認するために検査はすることもあります。ですがすぐに結果が分かることもなく、1週間以上はかかってしまうのです。尖圭コンジローマの主な検査方法としては組織検査、遺伝子検査の2つがあります。それぞれ説明していきます。

組織検査

組織検査というのは尖圭コンジローマで出来たイボがまだ小さい状態に行われることの多い検査方法です。フォアダイス、扁平コンジローマなど、尖圭コンジローマとよく似た症状があるので、確実にまだ尖圭コンジローマだと判別できない時にそのイボを一部切り取り、ウイルスに感染しているか検査するというものです。切り取るといってもその部分に麻酔を打つので、痛みはまずありません。その場で結果が分かる検査方法ではなく、7日~10日程度で結果が現れるものになります。基本的に尖圭コンジローマというのは視診とこの組織検査で判別出来るものとなっています。

遺伝子検査

遺伝子検査は先程説明した組織検査でもまだ尖圭コンジローマだと判断することが難しかった場合に行われる事がある検査方法です。視診と組織検査で尖圭コンジローマだと判断される事が多いため、遺伝子検査はほとんど行われる事がありません。

では遺伝子検査が行われるのはどのような状態なのでしょうか。遺伝子検査は組織検査で陽性反応は出なかったが疑わしいイボがある場合に行われます。つまり、尖圭コンジローマかどうか組織検査をしても判断ができない場合に行われるものとなります。

遺伝子検査がどのようなものなのかというと、切り取ったイボの中にウイルスの遺伝子がないか確認する検査方法となります。組織検査はウイルスを確認するだけでしたが、遺伝子検査の場合はそれよりも小さい遺伝子がないか確認する検査です。

アルダラクリームの通販はコチラ
ベセルナクリームの通販はコチラ

尖圭コンジローマの予防

尖圭コンジローマの予防

尖圭コンジローマというのは性行為によって引き起こされる性病です。症状も特徴的となっており、すぐに判別出来るものとなっていますが、可能であれば感染したくはないものですよね。それでは尖圭コンジローマの効果的な予防法というのはあるのでしょうか。

コンドームの使用

コンドームというのは様々な性病を防ぐためにも効果的な道具と言えます。もちろん尖圭コンジローマもそれに該当しており、コンドームをつけることで尖圭コンジローマの感染を防ぐ事が可能となっているのです。ですが、100%感染を防ぐ事は不可能です。

尖圭コンジローマというのは性器のみの感染ではありません。コンドームで覆っている部分に尖圭コンジローマが発症しているのであれば、効果的とされていますが、それ以外の部分で発症しているのであれば、コンドームの効果というのはさほど期待できないものとなるでしょう。

また、尖圭コンジローマというのは性器のみに出来る性病ではありません。肛門、喉など、コンドームではカバーできない部分でも発症してしまうものです。そのため、そのような部分に発症してしまっている場合は完治するまでは性行為を控えると良いでしょう。

不特定多数の相手と性行為を行わない

尖圭コンジローマにかぎらず、全ての性病に当てはまる事ですが、感染者が急増している原因としては不特定多数の相手と性行為を行っている事が原因です。1人の感染者が2人を感染させ、その感染者がまた感染させてどんどん増えていくのです。そのため、特定の相手だけに決めることで尖圭コンジローマに感染することがなくなります。ただし、その方が感染者だった場合は感染してしまう可能性がありますので注意してください。

性行為を控える

性行為を控えるというのは究極な選択かと思います。尖圭コンジローマの原因としては主に直接の粘膜の接触となっているため、性行為をしなければまず感染することはありません。とはいっても100%感染しないというわけではないですが、リスクとしてはかなり減ることでしょう。

また、自分が尖圭コンジローマを感染している場合は出来るだけ性行為を控えるようにしてください。尖圭コンジローマはコンドームだけでは確実に感染を防ぐ事が出来ない性病となっていますので、相手に感染させないためにも完治するまでは性行為を控えるようにしましょう。

皮膚を清潔に保つ

尖圭コンジローマというのは主に性行為が原因で感染してしまう性病となっています。ですが、ごくまれに銭湯やサウナ、他にもプールなどで感染してしまったという方が見受けられます。これは空気感染ではなく感染部位に触れたものを触れてしまったため感染してしまうのです。

このようなケースはあまりないですが、身体の免疫力が落ちていたり、皮膚に傷がついていて清潔に保たれていない状態だったりすると通常の方よりも感染しやすい言えます。そのため、そのような場所で尖圭コンジローマの感染を防ぐにはまず清潔に保っていなければなりません。目に見えないような傷からでもヒトパピローマウイルスというのは侵入してきます。

皮膚を清潔に保つ事でヒトパピローマウイルスの侵入を防いで尖圭コンジローマに感染しないようにしましょう。

アルダラクリームの通販はコチラ
ベセルナクリームの通販はコチラ