クラビットの研究所 | クラミジアから守る抗生物質

性病の種類は様々あり、どれも放置していたら重篤な病気へ繋がります。それぞれの特徴を紹介しています。

性病の種類

クラミジア

性病の種類は色々あり、一番有名なクラミジア淋病梅毒など他にもたくさんの種類があります。日本国内で最も感染率が高いのがクラミジアとなっています。

クラミジアとは、従来まで治療にかなりの時間を要し、薬の服用もたくさんしなければならなかった患者さんに対する負担が大きい性病でした。感染力も非常に高く、たった1回の性行為でも感染してしまうほど感染力の強い病気です。そのため、性に関する知識の薄い若者に感染者が多いです。

特に女性に多く、問題にもなっているセックスの低年齢化や一定の人ではなく不特定の人と性行為を行ってしまう多様化が原因と考えられています。原因菌はトラコマティスと呼ばれる細菌であり、人間の目で確認することができないほど小さく、0.2~0.3ミクロンほどの大きさで、人の性器やノドに感染します。

粘液の接触により感染し、膣から分泌される液や男性の精液などで感染するので、セックスやオーラルセックスでの感染がほとんどです。また男女とも無自覚のことが多く、感染を予防することがとても難しい病気でもあります。感染経路は性行為がほとんどなので、風俗店で仕事をしている女性やそこに通う男性は特に感染率が高くなります。

予防には風俗店の利用を控えたり、セックスの時には必ずコンドームをつけ、特定の人以外とは性行為をすることを控えましょう。

症状は尿道に不快感や痛みまたはかゆみが出たり、おりものの増加や不正出血が挙げられます。自覚症状が出ないことも多いので、できる限り定期健診などを受けるようにしましょう。クラミジアの放置は男性不妊や不妊症の原因になることもあるので、きちんと治療を行っていきましょう。

クラミジア

性病と聞いて一番最初に思いつく病気がクラミジアかと思います。クラミジアは国内で一番多い性病とされており、最近は10代で感染が広がっている傾向が見られます。感染する可能性としては1回の性行為で約50%という高い確率です。2回すればほとんどの確率で感染してしまうという恐ろしい性病といえます。

加えて感染していても約80%の方が無自覚と言われているのでほとんどの方が感染していることに気づかず、放置してしまっている現状です。クラミジアは放置しているととても重篤な病気へ繋がる危険性があるので少しでも異変に気づいたら、すぐに検査をするようにしましょう。
クラミジアの症状については下記ページに記載しています。

淋病

淋病はクラミジアの次に多い性病です。クラミジアの症状ととても似ていて、淋病も感染していても気づかない事が多くなっています。淋菌という菌が原因で淋病に感染します。性行為でもオーラルセックスでも感染することが多いので注意しなければなりません。

感染率としてはクラミジアよりは少ないですが、約30%とされています。また、淋病に感染してしまうとクラミジアが同時に感染してしまっているという事が多くなっています。淋病もクラミジアと同じで放置していると重篤な病気へ繋がる危険性があり、女性の方の場合は不妊症と言われる病気へなる危険性がありますので、注意しましょう。
淋病については下記ページに記載しています。

梅毒

梅毒はずっと昔から存在している性病です。梅毒トレポネーマという菌が原因で感染してしまいます。感染経路としましては、性行為やオーラルセックス、または口周辺にケガをしてしまっている場合はキスをするだけでも感染してしまう可能性があります。コンドームを使用することで感染率というのは大幅に減少させることができますが、必ず防げるというわけではありませんので、注意してください。

ペニシリン系と言われる抗生物質が登場してからは、この梅毒は完治させることができるようになりましたが、まだまだ感染者が増加していってる一方です。性行為以外で感染するというケースは少ないですが、確率としては0%ではないので注意しましょう。また、梅毒感染者が妊娠をしてしまうと、お腹の中の赤ちゃんが先天性梅毒といった病気になる恐れがありますので、しっかりと検査を行い、治療するようにしましょう。
梅毒については下記ページに記載しています。

性病のコラム

性病のコラム

若者の性に対する考えは乱れているのでしょうか?これを中絶率からみると…

・10代…約60%
・20代の前半…約30%
・20代の後半…約12%

この数字だけを見るとSEXをしなければ妊娠はしないので、SEXを行う年齢が低下していると考えることも出来ますよね。ですが、一方で同じ10代でもSEXを汚らわしい行為と考える人もいて、若者の性に対しての考え方は二極化していると考えられています。二極化の問題は日本性教育協会による調査でも明らかになっているらしく、同じ年代の者同士の考え方がなぜ、まっ二つに分かれてしまうんでしょうか。

考えられるものの1つに、学校での性教育があります。中学生の時や高校生の時に学校で性についての授業ってありましたよね?「エイズの怖さ」や「性病について」、「妊娠したくない相手とのSEXは怖い」など、怖いことだけを伝えられて「じゃあどうやったら回避出来るの?」という疑問について解消されていない事が多いはずです。ここの時点で考え方が分かれてしまう事もあるらしいです。

「怖さが興味に変わってしまう」のか「SEXはいけない事」の2つに分かれてしまいます。きちんと性を理解しない上でSEXをしてしまうことで「できちゃった婚」や上にも書いた「中絶率がもっとも高い」状態となってしまいます。

またこれは性病からも知ることができ、代表的な症状にクラミジア症という細菌が性器の粘膜に付着してしまうことで炎症を起こす病気の感染率からも分かります。クラミジアは国内ではトップクラスの感染率を誇っていますが、感染率がもっとも多いのは10代~20代前半の女性と言われています。

これはSEXの低年齢化だけでなく、不特定の相手とSEXをする機会があることも問題とされ、「スマホ」や「SNS」が発展したことで誰とでもつながれる様になり、体のガードがゆるくなっていると指摘する専門家もいます。これはこれで決して良いとすることは出来ませんが、その一方で「SEXはいけない事」と思ってしまっている若者はどうなるんでしょうか?

「妊娠が怖い…」や「病気になるなら汚いこと」なんて思い込んでしまうと、それは20代になっても何かきっかけがなければその考え方は変わらないかも知れません。恋愛=SEXなんて考える様になってしまば、それもそれで良い事とは言えませんよね。性について乱れた考えを持ってしまう前に、正しい理解を付けてあげることが大人達の大切な役目かも知れませんね。

参考サイト:中絶率

みんなの性病体験談

はじめて性器に異変が起きた時のことを考えてみてください。「これは病気?」や「病院にいった方がいいの?」など色々な不安が頭の中に思い浮かび「どうしたらいいの?」なんて1人で悩んだ方もいますよね。もしこれから性病になった時でも焦らずに対応できる様に、みんなの性病の体験談を紹介するので悩みや不安を解消するヒントに使ってみて下さい。
病院に行く時間も何もないという方でもクラミジアの検査キットクラビットジスロマック通販で購入すれば自宅にいながらも治療することができます。

Aさん女性…病名:クラミジア症

クラミジア症

初体験は高校生の頃でした。高校を卒業と同時くらいに別れてしまい、その後に大学に進学して知り合った男性と付き合いはじめました。
当然、からだの関係もありましたがある日、黄色のオリモノがたくさんでる様になり、SEXすると軽く痛みを感じるようになりました。生理前かな?なんて思っていましたが、数週間経過したら彼が尿道がかゆくて痛みもあると言い出したので「まさか性病…」と思って2人で病院にいきました。

検査結果は2人ともクラミジアで、早期発見ということもあって処方された薬で治すことが出来ました。「コンドームをつけて下さいね」と医師に言われたので、ここではじめて避妊以外にもコンドームは役割があることを知りました。後日、彼の浮気も発覚したので巻き添いをくらった結果でした…。

早く病気に気付けば治療も早いのでおかしいと感じたらスグに病院へいくべきですね。あと、男を見る目も養わないといけませんね。

Bさん男性…病名:淋病

淋病

酔った勢いで仲間と風俗へ。今だからカミングアウトできますが、本番行為をしてしまいました。数週間は何事もなく嫁ともSEXをしていましたが、突然尿道に痛みを感じました、

おしっこしている時に立っていられない位の痛みだったので、思ったのはひたすら「ヤバい…」だけでした。パンツをみると膿もついてるし、頭の中は「風俗いったことは嫁にバレる」、「もしかしたら嫁にうつした…」でその日の仕事は何も手に付き来ませんでした。仲間に聞くと、僕だけに症状が起きているみたいで痛みにも耐えられないので病院にいきました。

医師の診断は「淋病」でした。その時、「終わった…」と思い事情と嫁とのSEXのことを話すと「奥さんも検査にきてもらってください。」と言われ、その夜に話をして何時間にも渡って説教されました。嫁も感染していた様で更に怒られ、一時は口も聞いてもらえなかったですが何とか関係を修復することも出来ましたがSEXは当分お預けの様です…。
まさか自分がなんて思っていましたが、いざなってみると自分は辛いし相手にも移してしまうし良いことは1つもないので急いで病院にいくのは勿論、風俗や浮気はいけない事と改めて感じさせられました。