クラビットの研究所 | クラミジアから守る抗生物質
クラミジアの研究所 TOP > 淋病の検査方法・症状・原因を解説

淋病の検査方法、症状、原因を紹介しています。通販を利用し検査キットを購入すれば誰にもバレずに検査から治療までできます。

淋病の検査方法

淋病とは

淋病の検査というのはクラミジアと同じで病院や保健所で検査してもらう以外に通販で淋病検査キットを購入して検査する方法もあります。実際に私も淋病ではないですが、クラミジアは検査キットを通販で購入し、検査しました。そっちのほうが病院や保健所に行く必要もなく、手間もかからないのでおすすめですね。

検査キットを購入する際は、同時に治療薬も買っておいたほうが良いです。理由としては検査して陽性だった場合、すぐに治療に入れるからです。淋病ではクラビットジスロマッククラリスロマイシンなどの治療薬が効果的とされているので、これらのうちどれかを検査キットと同時に購入しておきましょう。

淋病の検査キットというのは通販で購入でき、自宅にいながら淋病なのかどうか検査できるすぐれものです。検査機関に送付するといったこともせず、たった15分程度で陽性か陰性か分かるので時間も使われません。また、この検査キットは医療機関でも使用されているものなので正確さ、安全性といった面は信用できるでしょう。

淋病は基本的に治療することで再発する危険性はないとされています。ですが、これは完治できればの話です。クラミジアや淋病などの性病というのは基本的に細菌が原因とされているので、この細菌を完全に死滅させなければ再発する可能性というのは少なからず存在してしまう事になります。

私がクラミジアに感染してしまった際はこの事を事前に調べておいたので、気を抜くことなく完治までしっかり治療していましたが、意外と症状が治まったから治療を中断するといった方も多いと言われています。

症状が治まった=細菌が無くなったという考えはよくありません。まだ体内には小さくても淋病の原因となる細菌が残っている可能性が高いのです。そのため、淋病の症状が治まったらまずは治ったか検査を受けるようにしましょう。そうすることで陽性が出ればまだ治療しなければならない、陰性であれば治療完了と分かります。

また、淋病が再発してしまった場合は、クラミジアの再発と同じように耐性菌が作られ使用していた薬ではもう効かない場合があります。簡単に言えば淋病ということでクラビットを用いて治療していましたが、再発してしまった場合に耐性菌が作られクラビットではもう治せないということです。クラビットジェネリックのエルクインレボフロックスも同じく使えません。

このようになってしまうと使用できる薬というのはかなり制限されてしまいますね。再発を繰り返してしまわないようにも必ず完治まで気を抜かずに治療を行うようにしましょう。治療を終えた後に検査は絶対に受けるようにしてください。

淋病の症状

淋病の症状

淋病という性病はクラミジアについで日本で2番目に多い性病と言われています。一時期は減少していた淋病ですが、1990年以降増加していく一方となっています。アメリカのCDCという機関によると、年間で約35万人もの新規の淋病感染者が増えていると報告されています。ですが、これは感染した方自ら病院へ行った数となっているので、実際は倍の70万人程度の新規の淋病感染者が存在するとも言われています。

これほど淋病の感染者というのは増加していってるのです。また、淋病というのはクラミジアととても似ている症状となっています。男女でも症状というのは異なってきますが、どちらも自覚症状がほとんどないため、気付きにくいという特徴があります。

淋病というのは男女ともに性器への感染が非常に多く、性行為から感染してしまうのが主な感染経路となっています。淋病の男女別の症状というのを様々なサイトを参考にしてまとめてみましたので、目を通してみてください。

女性の症状

女性の場合はほとんど症状が出ないため気付く事が少ないです。淋病に感染した人の1割~2割り程度しか出ないので感染したことに気付かず、放置している方が大勢います。主に発症する症状としてはクラミジアと同じで
黄色や黄緑のオリモノが増える
性行為後に軽い出血を起こす
排尿時僅かに尿がしみる

などといったものです。子宮頸管炎を起こした状態に発症する症状で、淋病の初期段階とも言えるでしょう。

さらに酷くなると
黄色のオリモノがさらに濃くなり臭う
オリモノに血が混じっている
性器周辺のかゆみ
下腹部の痛み
などが出てきます。子宮内膜炎を起こした状態でこの症状はクラミジアとは違ってかなり強く出てしまいます。そのためここで淋病かもと気付く方も多いのではないでしょうか。

それでも放置していると重大な病気へと繋がってきます。不妊症、流産や早産といった事になりかねませんので少しでも違和感を感じたならすぐに検査をすることをおすすめします。また、不妊症で悩んでいる方が治療を受けるといった際に、そこではじめて淋病に感染していると知る女性も少なくないようです。最悪の事態を防ぐためにも検査をし、早期発見早期治療をこころがけましょう。

男性の症状

男性の淋病の症状というのはクラミジアと違ってハッキリ症状が出るケースが多いです。約9割の男性が明確な症状が発症します。主に発症するのは
尿道のかゆみ
排尿時の痛み
黄色い膿が出る
亀頭が赤く腫れる
勃起時の痛み
トイレが近くなる

といったものです。中でも黄色い膿が出るというのが淋病の大きな特徴です。クラミジアの場合は透明で少量なため、気付きにくいですが、淋病の場合はすぐに分かる程なので多くの方がここで異変に気付き病院へ行き淋病と診断されます。この膿というのはかなり量が多いため30分異常トイレに行かなければ自然と尿道の先から出てくる事もあります。

男性が放置し続けた場合は淋菌が次第に広がり続け体内の生殖器に炎症を起こし、無精子症になってしまう危険性がありますので注意しましょう。少しでも症状に心当たりがある場合はすぐに検査が必要です。

淋病の治療

淋病の治療

淋病を治療するとなると原因となっている細菌を死滅させなければなりません。その効果として一番強力な薬というのはクラビットとなってます。実際に私も使用したことがあり、病院んでも処方される機会がとても多い薬となっています。

淋病に対してクラビットを使用するとなると約1週間程度あれば症状を収めることが出来るのです。ただし、クラビットというのは効果が強力な分、副作用のリスクというのも他の薬と比べると少々高いと言われています。私が使用した際はそれほど副作用といったものは出ませんでした。これは服用する方の体質にもよるらしく、副作用が出にくい方や出やすい方が存在するようです。

クラビットの副作用が気になるという方はジスロマックやクラリスロマイシンがおすすめと言えます。これらの薬はマクロライド系に分類されており、副作用が少ない薬としてとても有名なのです。特にジスロマックはとても効果が高く副作用が少ない薬として有名です。ジスロマックは3日間服用するだけで効果が1週間も持続するという優れた薬なのです。

上記以外にもアモキシシリンという薬があります。この薬は主に梅毒に対して効果的とされています。アモキシシリンはペニシリン系に分類されており、クラビットやジスロマック、クラリスロマイシンという薬が登場してからは使用される機会が減りましたが、効果は高い薬として未だに認知されています。ただし、上記3つの薬と比べると淋病に対しての効果は小さいとされているので、注意してください。

これらの薬は全て通販で購入することが出来るのです。私もクラミジア治療の際はクラビットを通販で購入しました。通販であれば病院とは違い、誰にもバレないというメリットがあったり、手間や時間をかけずに買う事が出来るのでとてもおすすめです。また、もしも通販で購入する際は淋病の検査キットも同時に買っておくと治療にスムーズに入れるのでとてもおすすめと言えます。

妊娠中の淋病治療

妊娠中に淋病の疑いがあるとお腹にいる赤ちゃんへ影響が及んでしまいます。淋病にかかったまま出産してしまうと約1/3の確率で産道感染すると言われています。産道感染というのは妊婦の方がもっていた病原菌が出産時に産道の粘膜や血液を通り赤ちゃんに感染してしまうことです。淋病に感染してしまった赤ちゃんは結膜炎や鼻炎、尿道炎、関節炎、敗血症、骨膜炎などを引き起こしてしまいます。

中でも最も発症リスクが高いのは淋菌性結膜炎というものです。赤ちゃんの目から膿が出たり、結膜の充血、まぶたの腫れなどといった症状が発症します。この症状が進行し続けると最悪の場合、失明に至ることもあります。

そのような自体を回避するためにもしっかりと治療をしなければなりません。ですが、淋病というのは一般的な妊婦健診では検査項目に含まれていない事がほとんどです。そのため、自分で少しでも違和感を覚えたらすぐに検査、治療を行わなければなりません。

妊娠中の治療というのはクラビットは使用できません。効果がかなり強力な分、妊娠中の方の使用は禁止されているのです。一番推奨されているのはジスロマックです。安全性の高いジスロマックなら妊娠中の方でも安心して服用できます。ですが、必ず病院へ行き、医師に相談の元で使用してください。自己判断で使用してしまうと赤ちゃんへ影響が及んでしまうかもしれません。

定期検査で早期治療

淋病はクラミジアと同様で早期発見早期治療が大切になってきます。そのため早期発見をするには定期的に淋病に感染していないか検査をするようにしましょう。頻繁に病院に行かなくとも今では通販で淋病の検査キットが安価で販売されています。新たなパートナーと性行為後は必ずチェックするようにしましょう。そうすれば淋病を早期発見出来るので症状も軽い時に治療を即座に行えます。

淋病の原因

淋病の原因

淋病はペニス、膣、肛門、口の接触によって広がっていきます。必ずしも射精という行為で広がるわけではありません。粘膜の直接の接触が原因で淋菌が侵入し、そこから体内に広がっていきます。タオル等のものから感染するということはまずありません。ですが100%ないとは言い切れないので注意しましょう。基本的には性行為によって感染します。また、オーラルセックスによって感染することもありますので風俗店に良く行かれるという方は注意しましょう。

淋病感染者と性行為をして感染する確率というのは30%~50%程度とされています。また、これは男女で感染する確率もかわってきて、男性から女性に感染する確率は約50%~60%。女性から男性へ感染する確率は約35%とされています。見て分かる通り、男性から女性へ淋菌を移してしまう確率が高い事が分かります。

また、淋病感染者は女性よりも男性の方が多い傾向にあります。全体で見た時、男性が約80%、女性が約20%です。これは男性が風俗店などを利用し不特定多数の女性と性交渉を行っているためです。女性の場合は自覚症状がないため、自分が感染源とは気付かずに移しているケースが多いのでしょう。

淋病の予防

淋病は1回の性行為でも感染率が非常に高いです。そのため、誰でもすぐに感染してしまう危険性があります。ではどうすれば予防出来るのでしょうか。

コンドームの着用

クラミジアと同じでコンドームを着用することで淋病に感染する確率というのは非常に低くすることができます。ですが100%予防出来るというわけではありません。また、口から口への淋病感染というのは防ぎようがありません。

パートナーを限定する

淋病がなぜ多くの方に広がってしまっているのか。それは不特定多数の方と性行為を行っているからです。1人が10人へ移し、10人が100人へと移しどんどん広がっています。淋病の感染はパートナーを限定するだけで簡単に予防できます。パートナーが感染していなければまず感染することはありませんので不特定多数の方と性行為はせず、限定したパートナーのみと付き合うようにしましょう。

淋病とクラミジアの違い

淋病とクラミジアというのはとても症状が似ているという特徴をもっています。私はクラミジアに感染したこともあり、まったく自覚症状がなく進行していました。淋病も同じく自覚症状がなく気付きにくいという特徴があります。特に女性の方であれば男性の方よりも気付くことは少ないとされています。

また、症状に気付いたとしてもクラミジアととても似ているため、淋病なのかクラミジアなのかわかりにくいということもあるでしょう。そのような時のためにも検査キットを通販で購入する際は淋病用とクラミジア用、どちらも1つずつ購入しておくと良いでしょう。

私の場合は当時クラミジアという病気しか知らず、クラミジアの検査キットを購入して陽性が出たのですぐにクラミジアと分かりましたが、この時に陰性が出てしまっていたら性病ではないという判断になっていたことでしょう。

そのため、淋病とクラミジア、どちらも知っておくことが大切ですね。実際に淋病とクラミジアの違いとしましてはほとんどなく、男性の方が少し症状に気付きやすいという点があります。男性の場合は約9割に明確な症状が発症されるため、女性よりも断然気付きやすいとされています。

女性の場合は淋病、クラミジアどちらも気付きにくい特徴があるため、検査してみないとなんとも言えないという部分があります。ですが、淋病とクラミジア、どちらも使用される治療薬というのは同じです。クラビットやジスロマック、クラリスロマイシンなどです。

中でもクラビットとジスロマックが病院でも処方される機会が多いのでオススメといえます。どれも通販で購入できる薬となっているので、病院に行くのが面倒であったり、誰にもバレたくないという方であれば通販を利用して購入するようにしましょう。

ちなみに私がクラミジアを治療した時はクラビットを通販で購入して治療しました。